« 第4回エコ甲中国大会(その10) | トップページ | 第4回エコ甲関西大会(その2) »

2010年2月 9日 (火)

第4回エコ甲関西大会(その1)

 「シルシルミシル」のAD堀くんの本が店頭に並んでいました。

 読むと、「水曜どうでしょう」を見てこの業界に入ろうと思って上京したそうです。水曜どうでしょうは大阪では思い出したようにしか放送していなかったけどこの影響力(しかも、水曜どうでしょうに何の説明もついていないことから、みんなこの番組を知っているという前提)。というか、キー局は情けないぞ。しかしこの人の人気で、北海道テレビでは「水曜どうでしょうClassic」をシルシルミシルの前に放送していたのが順番が入れ替わるという皮肉。

 それではエコノミクス甲子園です。12月19日は2カ所で予選があります。秋田大会に来てくれというコメントがついていましたが、りそなが主催する大会で何をやるか見ておくために、関西大会に行きました。会場は「カンブリア宮殿」で見たばかりのりそな銀行大阪本店の地下です。13時30分の開場と同時に着いて、あっさり地下まで入れます。見学者用の名札が、コピーの裏紙を使っています。

 14時過ぎにスタートです。エントリーしたのは20チームですが、4チームの欠席が確定しています。来ているのはまだ13チームです。女性の司会は、第1回以来、りそながかかわる予選と全国大会の司会をすべてやっている例の人です。初めてメガネをかけています。男性の方は近畿大阪銀行の社員です。昨年も来ていたというアフロのチームを立たせます。関東に来ていたすごいヒゲのチームといい、いろいろいますね。なんであれで学校に通い続けられるんだ。そのアフロに、金融知力とは何かと聞きます。洛南は「灘高校さんぐらいなら知ってる」。
 近畿大阪銀行の社長が開会宣言します。「奈良は東大寺学園が決勝に進んでいるそうです」。この後、当ブログをなめるなよ。

|

« 第4回エコ甲中国大会(その10) | トップページ | 第4回エコ甲関西大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/47521528

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回エコ甲関西大会(その1):

« 第4回エコ甲中国大会(その10) | トップページ | 第4回エコ甲関西大会(その2) »