« 第4回エコ甲富山大会(その2) | トップページ | 第4回エコ甲富山大会(その3) »

2010年2月18日 (木)

クイズで勉強

 エコ甲に3年生は出てましたよ。大学なり企業の試験が必ずエコ甲の後にあるわけでもないし、あっても出ている人はいました。高校生クイズよりは、やっていることが勉強に近いですし。

 このサイトで下のような書き込みが話題になっているようです。このサイトの位置づけがよくわからないのですが、おそらく自主的に運営していて、大マスコミが隠しているニュースの裏側を暴くみたいな立場でしょう。

----(ここから)----

24. 2010年2月16日 01:57:44
最近テレビのニュースはほとんど見ない、お笑いはあまり好きではないのでクイズ番組をたまに見る。
昨晩のテレビ朝日でQさまというクイズ番組を見ていたのだが思わずぶっ飛んでしまった。
通常なら漢字の読みや人名や地理や歴史のことなどを答える問題ばかりなのだが、空いた所に2,4,6のいずれかの数字を当てはめるという問題の中にいきなり、「陸山会の虚偽記載の金額は□億円」で答えは4、続いて「鳩山政権の1月の支持率は□2%」で答えは4などという問題が挟み込まれていたのだ。
その前の問題は「関が原の戦いは1□00年」で答えは6などのごく普通のクイズ問題だったので異様さがよけいに際立っていたし、鳩山政権の支持率の問題ではご丁寧にフリップが用意してあり朝日新聞調べの支持率の推移をグラフにしたものを見せて11月、12月、1月と支持率が急降下していることを印象付けるようなことまでしていたのだ。このようなクイズ問題は過去に経験がない。
テレビのニュース報道やテレビタックルなどの政治バラエティが偏向していることはわかっていたが、クイズ番組にまで魔の手が伸びているとは考えもしていなかった。おちおちクイズ番組も見ていられない状況である。
本当に怖い世の中になってきたなという思いである。
検察もそうであるがマスゴミやその裏で色々画策する電通などの巨大企業を今何とかしなければ日本の未来は暗いものになりそうだ。突破口はないものだろうか。

----(ここまで)----

 私はこんなことで大マスコミが与党をつぶすわけがないと思いますが、確かに陸山会は驚きました。こんなものも出題できるまでクイズ番組の幅は広がったか。昔のクイズ本を読むと、クイズ番組には絶対に明るい話題しか出題されないと書いてあります。1995年の高校生クイズで、阪神大震災に関係ある問題は「重力加速度の単位・ガル」、オウム事件を想起させる問題は「達磨大師のホーリーネーム」しかありません。それが今、時代が変わって、プレッシャーSTUDYでは犯罪とか自殺とか倒産の問題が出まくっています。これは日本のクイズ番組が、ゲーム展開を楽しむものではなく、問題を見て自分も勉強するためのものに変わったからでしょう。先週末の池上彰の番組も非常に視聴率が高かったようですし、日本人って勉強好きなんですね。私は、制作費のなくなったテレビ番組はどんどん真面目になっていって、テレビ草創期のように戻るのではないかと思っています。

|

« 第4回エコ甲富山大会(その2) | トップページ | 第4回エコ甲富山大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/47599457

この記事へのトラックバック一覧です: クイズで勉強:

« 第4回エコ甲富山大会(その2) | トップページ | 第4回エコ甲富山大会(その3) »