« 第4回エコ甲関西大会(その5) | トップページ | 第4回エコ甲関西大会(その7) »

2010年2月14日 (日)

第4回エコ甲関西大会(その6)

 ヤフーオークションで、クイズ関係のある物に15000円で入札しました。ところが急に私の入札が取り消されて、最高価格が3000円くらいに戻っています。確かに私は入札を取り消されるような前科があることは、当ブログをずっと読んでいるとわかるはずですが、今回はどうやら、プレミアム会員以外は4999円までしか入札できないという昔からあったルールが突然適用されたようです。この前、Xビデオステーションを5万円だか6万円だかで取引してるのに。しかし今さらプレミアム会員に登録したところで、一度取り消された入札には入札できません。

 それではエコノミクス甲子園です。関西大会の敗者復活第2ラウンドは5チームから2チームが通過です。1問目、同志社が正解。2問目は「新しい会員を次々と組織に加入させながら商品を」で同志社が押します。これで決定か。「ネズミ講」と答えて不正解。埼玉、関東とやってきて、このクイズで初めて失格するチームが出ました。3問目は灘が正解。4問目、「頭を冷やして考え直す」で清風がクーリングオフを正解。5問目を連取して勝ち抜けます。
 6問目「欧州中銀は何の番人」で星光が押して「ECB」と言います。2チーム目の失格。7問目の正解は「スポンサー」。かなり簡単な問題なのに、2チーム失格しているのでボタンを押しません。そして8問目を灘が正解して勝ち抜けです。
 ここで恒例のスタッフ紹介です。エコノミクス甲子園と高校生クイズで優勝した人について司会者が「彼を知ってる人」と言うと、清風が「名前は知らないけどクイズ得意な人」。ちなみにミクシィにはこの人のコミュニティがありますが、現在の活動は知らないようですね。

 決勝は灘が2チーム残りました。司会者が「決勝ラウンド何やりたい」と言うと「ペーパー」という声が上がります。実際は何をやるかわかって言っていますね。洛南が「去年は東大寺さんにボロボロに負けた思い出があって、1年間ここまで頑張ってきました」。
 決勝のルールをおさらいすると、筆記クイズで正解2ポイント、不正解マイナス1ポイント、パスすれば0ポイントです。敗者復活以外の4チームには1ポイントのアドバンテージがあります。1問目、洛南だけがパスで他は正解です。2問目、洛南と灘の1チームが正解。灘のもう1チームと西宮は同じ答えで不正解です。3問目、西宮のみパスで他は正解です。この時点でトップの灘はすでに7ポイント。
 この後、制限時間が突然長くなります。

|

« 第4回エコ甲関西大会(その5) | トップページ | 第4回エコ甲関西大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/47563642

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回エコ甲関西大会(その6):

« 第4回エコ甲関西大会(その5) | トップページ | 第4回エコ甲関西大会(その7) »