« NHK3題 | トップページ | たまったネタ放出 »

2010年1月 5日 (火)

29回北海道大会(その8)

 当ブログでNHKの新春TV放談に関する検索が多いと思って、自分でGoogleで「新春TV放談2010」を検索したら、昨日の段階で、公式サイトに次いで当ブログが2位になるではないか。この番組について書いている人は星の数ほどいると思うし、私よりもっと充実したデータを載せているブログも発見したのですが、それより上。確認のため、先ほど改めて検索したら、なんと公式ページも抜いて1位になっていました。ちなみに昨年の番組については 3日のNHK(前編) 3日のNHK(後編)

 それでは、そういう検索で当ブログにたどり着いた人にはおもしろくもなんともない北海道大会です。ペーパークイズの結果発表の10列目、ファンファーレです。しかし1チーム目、2チーム目、3チーム目、ブー。4チーム目の、ピエロのチームもブー。これで残ったチームが自動的に合格です。旭川東の第1問を作ったチームでした。1位&漢字&スポーツ&文学。
 11列目はブー。12列目もブー。これで残った13列目が自動的にファンファーレです。このパターンは長くやっていませんでしたが、北東北から復活しました。1チーム目、ブー。2チーム目は女子です。鈴木アナが「決勝に女子がほしい」。それを言ったらまずいだろ。しかしブー。3チーム目、ブー。4チーム目の旭川東がピンポン。歴史王です。これですべて決定しました。

 15時10分過ぎに発表が終了すると、鈴木アナが出口付近でサイン会を始めました。ラルフサイン会は非常に久しぶりです。もしかして、ラルフが司会をするのはこれが最後ということを示唆しているのだろうか。鈴木アナは左利きのはずなのに、サインは右手で書いています。別の場所で吉川アナもサインをしています。鈴木アナがサインをしながら決勝のセッティング状況を気にしています。
 15時30分過ぎにサイン会が終了しました。決勝は舞台上です。北海道の決勝で、答えるときに走らないクイズをやるのは第4回以来です。
 この後、浦和ラルフネタ再び。

|

« NHK3題 | トップページ | たまったネタ放出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/47210620

この記事へのトラックバック一覧です: 29回北海道大会(その8):

« NHK3題 | トップページ | たまったネタ放出 »