« まだネタが余る | トップページ | 29回北海道大会(その9) »

2010年1月 8日 (金)

第4回エコ甲千葉大会(その4)

 水曜日の「スタジオパークからこんにちは」のゲストはダンカンでした。放送作家として「お笑いウルトラクイズ」をやっていて、ニュージーランドでバンジージャンプを見て、これをクイズに取り入れようと思ったそうです。太田プロや吉本興業に声をかければ、おいしいからやりたいというタレントがいくらでもいるだろうと思ったら、「うちのタレントにそんな危険なことはさせられません」。それで仕方なく自分でやることに。その映像がかなり長く放送されました。以前ダチョウ倶楽部が出たときは、「とても過激すぎて放送できません」と言っていたのに。

 それではエコノミクス甲子園です。千葉大会の予選第2ラウンド。Eグループの4問目は渋谷幕張の男女混成チームが正解。次は市立千葉です。6問目を幕張の混成が取って勝ち抜けます。さらに7問目は、先に2ポイントになったもう一方の幕張が正解して、これで終了です。唯一0ポイントだった千葉商に司会者が、「来年はボランティアとして我々の側に来ます」。

 Fグループ。ここは千葉商と県立船橋が男女混成です。船橋の女子って、高校生クイズの千葉代表ではないか。神戸蘭子みたいな声と書いた人です。1問目、千葉商が正解。2問目は船橋が取ります。3問目はやっぱり千葉興銀の問題ですが、これは知らなくても容易に推理できるので、県立千葉が正解です。さらに4問目も連取。
 5問目「40歳以上」だけで船橋の女子が介護保険を正解します。さすがクイズをやっているだけあります。6問目、かなり難しい問題で船橋が勝ち抜けます。
 7問目の正解は購買力平価ですが、この問題文では正解は出ないでしょう。経済のややこしい理論で、答えを単語一つにする問題文にするために、かなり無理のある説明である問題がたびたびあります。8問目、県立千葉の0ポイントの方が不正解で、これで終了です。

 Gグループは3チームです。市立船橋と県立千葉が女子です。1問目はスルー。2問目は千葉が正解。3問目、「成田新高速鉄道が開業するのは何年?」。初めて千葉興銀でない問題です。正解は2010年。千葉商が答えて正解の判定です。しかし「もう一度言ってください」と言うと、ボタンを押し直して2015年と答えて不正解。
 4問目、千葉が正解します。この学校は教師が引率しています。5問目は問題文に使われている仮名が、元優勝者のスタッフです。これで千葉が正解して勝ち抜けます。6問目は「エンゲル」と言っているのに飲食費が答えられずスルー。ここで終了です。0ポイントの船橋に司会者が、「来年卒業してボランティアで」。

 この後、問題にクレーム。

|

« まだネタが余る | トップページ | 29回北海道大会(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/47235074

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回エコ甲千葉大会(その4):

« まだネタが余る | トップページ | 29回北海道大会(その9) »