« 第4回エコ甲千葉大会(その8) | トップページ | テレビマンの仕事 »

2010年1月18日 (月)

第4回エコ甲東海大会(その1)

 「となりのマエストロ」って、「伊藤家の食卓」みたいな番組だと思っていたら、いつの間にか「熱中時間」になってるんですね。今のところ、熱中時間に出た人もクマグスに出た人も1人ずつしか出ていませんが、そのうち全番組を制覇する人が現れるかな。紅白歌合戦マエストロか?

 それではエコノミクス甲子園です。12月12日に名古屋の愛知銀行で東海大会が行われました。地下鉄の矢場町駅から栄の中心部に向かいます。裏の駐車場のようなところに職員が立っています。裏口から入って8階の会場へ。隣は食堂で、労働組合の書記局もあります。内装からみると、70年代ぐらいに作られた建物のように思います。
 この大会は受付で参加チームの資料をくれます。

 大会委員長の頭取があいさつします。応募は25チームで参加は21チームだそうです。「あそこに銀行の怖い面々が並んでいますが、しゃべってみるときっとやさしいかなと」。そしてこの勉強をクイズ限りにしないようにと言います。
 1チームずつ紹介します。川越に、サンタの格好をしている人がいます。昨年代表も参加しています。

 何の演出もなく、普通の入学試験のように筆記の説明が始まります。会場のホールを見回すと、正面に日の丸を掲示しています。他の会場ではみたことがありません。そういえば東海地方だけ、郵便局の中に日の丸が掲示してあります。壁には「行是」を書いた額が掲げてあります。
 昼食はホールでも食堂でもよくて、応援の人と合流して食べろと言っています。昼食中に、第2ラウンドの組み合わせが会場に張り出されます。筆記の問題を見ると、これまでの予選よりさらに簡単になっています。食堂に置いてあった余った弁当を、生ゴミとして捨てていました。それなら我々にくれればいいのに。

|

« 第4回エコ甲千葉大会(その8) | トップページ | テレビマンの仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/47326354

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回エコ甲東海大会(その1):

« 第4回エコ甲千葉大会(その8) | トップページ | テレビマンの仕事 »