« 第4回エコ甲東海大会(その5) | トップページ | 第4回エコ甲東海大会(その7) »

2010年1月24日 (日)

第4回エコ甲東海大会(その6)

 本日、東京では「クイズ雑学王」の9月の2時間スペシャルを再放送していました。見ると、答えを覚えていないどころか問題自体を覚えていないものもあります。一度見たからといっても、再放送を見ると改めて勉強になります。受験勉強も、全体を眺めてから復習して覚えていないところを再認識することが、記憶の定着への道ではないでしょうか。

 それではエコノミクス甲子園です。東海大会の決勝の13問目、関が不正解です。14問目は名大附属が不正解。15問目は岐阜が押してから「しまった」。当然不正解です。
 16問目、問題が基本的になって、ようやく多治見西が正解します。17問目もクイズ番組的な問題で名大附属が正解。18問目は多治見西が取ります。やや追い上げてきて、4チームの得点は4、3、8、5。名大があと1ポイントでマッチポイントです。
 19問目「フリードマンが」で多治見西が押すと名大附属が「あーっ!」と声を上げます。いかにもクイズで出る問題なのでしょう。マネタリズムを正解します。しかし次は「物価の下落を」で名大附属が押してデフレスパイラルを正解。マッチポイントになります。

 21問目、「フリーターなどの職業訓練経験や」で名大附属が押します。ついに決定。「せーの、ハローワーク」。ブー。正解はジョブカード制度です。今のうちに追いつかなければなりません。22問目、「FX取引は」で多治見西が押して「外国為替証拠金取引」。ブー。正解はレバレッジです。名大が間違えると次の問題で多治見が間違えます。23問目は岐阜が「リアルマネートレード」と答えて不正解。それをアルファベット3文字で何というかというものでした。
 この後、なぜそのチームが。

|

« 第4回エコ甲東海大会(その5) | トップページ | 第4回エコ甲東海大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/47374336

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回エコ甲東海大会(その6):

« 第4回エコ甲東海大会(その5) | トップページ | 第4回エコ甲東海大会(その7) »