« 第4回エコ甲奈良大会(その6) | トップページ | 第4回エコ甲奈良大会(その7) »

2009年12月 2日 (水)

29回北東北大会(その3)

 私はウィキペディアを何千回と編集していますが、マニアが常駐している項目がいくつもあります。「世界一周双六ゲーム」とか「マジカル頭脳パワー!!」とか、現在でも毎日のように更新され続けていて、いったい何を書くことがあるんだと思います。一方、「クイズ雑学王」は最近、更新する人がまったくいなくなって、ここ数カ月のクイズのルールがわかりません。だれか書いてやってくれ。

 それでは北東北大会です。古舘アナが理想の旦那を叫びます。「若い男の方がいい。若い男性の方が好きなんで誰か紹介してもらえますか」。結局「10」で止まります。これについて「大丈夫。デモンストレーションだから」。そして「今日来ている高校生も私に対して(結婚の)チャンスがあります」。
 女子チームが呼ばれます。叫ぶお題は「今一番欲しいもの」です。「この前、めちゃくちゃイケメンの彼氏にふられたので、それに代わる彼氏が欲しい」。3人がそれぞれ欲しい理由をつけて叫びます。「部屋が狭いから広い部屋が欲しい」「バスケットボールで県大会への切符が欲しい」。予定通り最終的に「2」で止まります。最初に叫んだ人は、先月の終わりに「別れよう」と言われたそうです。「まだ好きだよ-!」と叫びます。さらに「お金が欲しい」と言ったことについて、「お金があればイケメンの彼氏を買う」。

 それでは第1問です。宇宙飛行士に関する問題です。北九州でも出ましたが、ご当地ネタがないときの第1問として宇宙ものはよく使われます。制限時間が短くて、移動中に鈴木アナが何もしゃべりません。
 一方の答えが3チームしかいません。「こちらが正解ならば、準決勝進出どころか県代表の可能性もあります」。だから、今年のルールは、○×でいくら人数が絞られても勝者決定にはまったく関係ないんだってば。正解発表は紙テープを打ち出す方式です。結局、多い方が正解です。今年の予選はほとんどの地区で第1問の答えがあちらですが、北陸から2回連続して反対の答えになりました。3チームしか間違えなかったので敗者復活の要求ができません。このままでは3チームが帰ってしまうので、スタッフが追いかけます。

 2問目は高校生問題です。作ったのは秋田高で、いかにも教科書という感じですが、非常にいい問題です。これは高校生が作ったとわかっているからあちらの答えだろうと思いますが、そうでなければ迷います。○×が半々に分かれます。
 正解が出たところで、「ちょっとーっ、ちょっと待てーっ」と鳥居みゆきが出てきます。「ちょっと、ウルフさん」と言ってから完全に棒読みで「皆さんに敗者復活させてくださいよ」。鈴木アナが「高校生クイズの収録なんで、ちょっと退出してください」。すると鳥居は「わかりました」と言って本当に退出します。進行が狂って鈴木アナが困っています。この後、さらに困ります。

|

« 第4回エコ甲奈良大会(その6) | トップページ | 第4回エコ甲奈良大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/46914642

この記事へのトラックバック一覧です: 29回北東北大会(その3):

« 第4回エコ甲奈良大会(その6) | トップページ | 第4回エコ甲奈良大会(その7) »