« 29回北海道大会(その1) | トップページ | 29回北海道大会(その2) »

2009年12月19日 (土)

第4回エコ甲岩手大会(その1)

 NHKオンデマンドの見逃し見放題パックに入っているので、もうすぐ消える番組をチェックしていたら、「追跡!A to Z」の、アキバアイドルを世界に輸出というのがありました。秋元康がAKB48のフォーマットを海外に売ろうとしているのです。つまり世界の各都市で16人×3のアイドルグループを作って、常設の劇場でいつも見られるようにして、「卒業」と称して追い出すといったシステムを販売するということです。ナレーション「フォーマット販売の元祖はテレビ番組だ」。イギリスの「クイズ$ミリオネア」の映像が流れます。しかしネット配信が許可されていないので、何も見えません。「日本が世界にフォーマット販売している番組もある」。「しあわせ家族計画」の映像が流れます。しかし何も見えません。そういえば以前、「きよしとこの夜」で藤原紀香がゲストの回を見たら、藤原がグランプリをとったミスコンの映像は消されているのですが、そこにワイプで挿入されているスタジオの藤原の顔は残されていて、そこまで面倒な画像加工をして配信する必要があるかと思いました。

 それではエコノミクス甲子園です。11月23日に岩手大会が行われました。ちょうどJR東日本の「三連休パス」の使える日で、見に行くのに都合がいい。せっかく3日使えるので、他の2日間は、函館へ往復したり、成田エクスプレスの新型車両でネット接続ができるのを確かめるためだけに成田空港へ往復したりしました。仙台駅近くの自動販売機では、ファンタZEROグレープを売っていませんでした。

 盛岡駅からかなり歩いて、市街地中心部にある岩手銀行へ行くと、日銀の盛岡代理店という表示もあります。地方を代表する銀行だと、日銀とそういう関係なんですね。1階で受付をします。すでにマスコミの取材陣がかなり来ているようです。渡される紙に、全参加チームが書いてあります。8チームしか出ないのか。
 エレベーターで大ホールのような会議室に向かいます。会場には常務取締役と人事部長の席があります。早押し機のテストをすると高校生から「オー」という声が上がります。

 予定通り10時40分スタートで、ウルトラクイズのテーマ曲がかかります。司会をする行員が、棒読みで趣旨説明をしますが、突然すごい大声で「みんな、ニューヨークへ行きたいかーっ!」。
 常務のあいさつ。「高校生クイズなどを見ていると、申し込みが殺到してお断りをするケースもあるかと思いましたが、中間試験中で、学校からは参加を推薦できないと校長に断られました」。今回、スタッフは全員、入社3年目の社員らしい。この会場は全支店長会議をやるところで、他の人はめったに入れません。スタッフでチームを作ってエキシビション参加したらどうかと言ったら、自信がないということでやめたそうです。

 今日の問題を流すなという注意事項があって、筆記クイズの開始です。始まると、ウルトラクイズの機内ペーパークイズの曲がかかります。そして30分間ずっと、流れ続けました。
 このあと、そんな場所があるのか。

|

« 29回北海道大会(その1) | トップページ | 29回北海道大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/47059219

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回エコ甲岩手大会(その1):

« 29回北海道大会(その1) | トップページ | 29回北海道大会(その2) »