« 29回北東北大会(その10) | トップページ | 29回北海道大会(その1) »

2009年12月17日 (木)

第4回エコ甲関東大会(その6)

 高専ロボコンの地区大会の番組を見ていると、地区によって微妙にルールが違っています。これは例年そのようなことがあって、最初の方の予選でまずいことがあったということですね。あれだけの大会でもそうなのですから、エコノミクス甲子園が混乱するのは当然です。

 それではエコノミクス甲子園です。関東大会決勝の5問目、正解はフードマイレージで東洋と開成のみ正解、他はパスです。これで東洋が逆転トップになりました。6問目は立教、開成、松本深志の一方が正解で他はパスです。これで再び立教と東洋が7ポイントで同点トップ。
 7問目、「国債は何の略?」で、全チームが答えますが正解は日比谷だけ。8問目、開成だけ不正解で他はパスです。
 9問目の正解はEPAで、開成と松本深志の1チームが正解です。立教と松本深志のもう1チームは「FTA」という期待通りの誤答です。他はパス。10問目は簡単で、松本深志の1チームと日比谷だけパスで他は正解。現在、東洋と開成が8ポイントでトップです。11問目は難しくて、松本深志の1チームが不正解で他はパスです。

 12問目、「1971年から1973年までは、1ドルはいくらだった?」。松本深志の1チームがパスで、他は全チームがバラバラの答えです。8ポイントの東洋は「306円」、開成は「308円」です。そして正解は開成。これで優勝が決定しました。結局どの地区も、一番の進学校が代表になっています。東洋は、社会の授業で黒板に306円と書いてあったと主張しています。教師が間違えていたということですね。

 この時点で16時40分ごろです。実は14時まで勤務だったと書きましたが、この後、17時からさらに別の用事があります。それで表彰式や会長のあいさつなどは聞かずに出ました。

|

« 29回北東北大会(その10) | トップページ | 29回北海道大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/47042733

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回エコ甲関東大会(その6):

» 金CFD [金CFD]
CFDとはContract For Differenceの略語で、差金決済取引のことを指します。CFDという商品が、今後、個人の投資方法を大きく変えることになりそうです。 [続きを読む]

受信: 2009年12月17日 (木) 18時06分

« 29回北東北大会(その10) | トップページ | 29回北海道大会(その1) »