« 29回北海道大会(その6) | トップページ | 29回北海道大会(その7) »

2009年12月29日 (火)

第4回エコ甲千葉大会(その2)

 月曜日の「生活ほっとモーニング」は、紅白歌合戦の特集をしていましたが、紹介するのは、例の紅白歌合戦のマニアの人です。「熱中時間」ではこの人の職業に一切ふれていなかったのに、「クマグス」において、この人が「やりすぎコージー」のスタッフであることが明らかになりました。今回は「放送作家の」と紹介されていました。それにしても、マニアとして追いかける対象がこういう番組なら、自分もNHKに出て解説できたのか。

 それではエコノミクス甲子園です。千葉大会の筆記が始まって20分ほどたったところで、40番の問題に訂正が入ります。入学試験のようです。休憩時間に隣の部屋で弁当が出るというと、高校生から大拍手が起こります。ただし、ここは高校生が銀行員と一緒に食事をさせられます。初期には各会場でやっていましたが、最近これがあるのは珍しい。欠席者が出た分、早押しのGグループの組み合わせ抽選をやり直しています。だから抽選は後にすればいいのに。
 筆記の解答発表を見ると、計算問題などは前の地区と同じで、選択肢がダジャレになっているような簡単な問題は入れ替わっています。別の地区で早押しで出た問題が入っています。全体的に、これまでの地区よりさらに簡単になっているようです。

 12時30分から早押しが始まります。各チームの入場でかかる音がイノキボンバイエです。Aグループの男女混成の千葉商はチーム名が「連帯保証」といいます。この地区の問題は、過去の優勝者が読んでいます。1問目、極めて簡単な問題で千葉学芸が正解。2問目は幕張の女子が取ります。3問目、「千葉県の農業産出額は全国何位?」。地元問題をだすためにかなり難しいことを聞いていますが、これを幕張が正解します。
 4問目は簡単で、千葉が正解。5問目は日銀に関するもので、昔から繰り返し出題されています。これを千葉が不正解。6問目は幕張が正解して勝ち抜けです。7問目はスルー。8問目、NGOとNPOの二択で千葉が不正解。これで終了です。

 Bグループです。渋谷幕張が3チームいます。1問目、スルー。Aグループでは出なかった難度です。2問目、幕張が正解。3問目は「千葉興業銀行は設立何年?」という三択でしたが、幕張の別のチームが勝負をかけて正解。4問目は幕張のさらに別のチームが正解して、幕張が1ポイントで並びます。この後、幕張同士のつぶし合い。

|

« 29回北海道大会(その6) | トップページ | 29回北海道大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/47146410

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回エコ甲千葉大会(その2):

« 29回北海道大会(その6) | トップページ | 29回北海道大会(その7) »