« 第4回エコ甲岩手大会(その1) | トップページ | 第4回エコ甲岩手大会(その2) »

2009年12月20日 (日)

29回北海道大会(その2)

 金曜日の「スタジオパークからこんにちは」は児玉清でした。昨年「土曜スタジオパーク」に出たときは、あれだけアタック25の話をしたのに、今回は最初に「日曜日のお昼のあのクイズ番組の司会です」と言っただけでした。最後に視聴者からのメッセージで「日々勉強に励んでいます。あのクイズ番組に出場するために」というのを紹介していました。あれって、送る方も気を遣って番組名を書かないようにしてるんですかね。

 それでは北海道大会です。ファッションコンテストです。コンテストをやるのでファッションを考えてこいというのは札幌テレビのホームページで予告していました。当日選ばれたチームに、1万円分の青春応援チケットをくれるそうです。札幌テレビは独自企画が本当に好きです。どういう形式になるのかと思ったら、入場時にスタッフがチェックしていて、選ばれて舞台に上げたチームすべてに青春応援チケットをくれるということがわかりました。青春応援チケットの正体が何かわかりませんが、図書カード?
 最初の4チームを呼びます。1チーム目はウエディングドレスです。100円ショップの材料で手作りしたそうです。2チーム目、赤・青・緑の妖精みたいな服です。テーマは「光の三原色」。3人合わされば可能性は無限大。3チーム目、剣道の服装で、体が非常に大きい。4チーム目はハリーポッターです。中央の人が魔法使いで、後の2人は顔の両側に羽みたいなのがついています。
 次の4チーム。最初の2チームは同じ学校です。今年でなくなる制服だそうです。次はテーマが「不良にからまれている海賊」。そして最後は、カエルの頭をかぶって顔を緑に塗っています。
 さらに2チーム呼びます。弓道部の服で来ています。この地区はこんなことに何万円も放出している上に、空撮のヘリコプターまで来ました。

 11時を過ぎて愛内里菜。本当に13地区全部来ました。そして11時20分ごろにようやく司会者の登場です。しかしオープニングの発言で「未来」のアクセントが「味蕾」になっています。この会場は炎ではなくドライアイスが吹き上がります。
 鈴木アナが13会場無遅刻無欠席と言います。26回以降、必ず鈴木アナの来ない予選がありましたが、今回はありませんでした。それが、事実上全国大会の司会をしないことの代わりだとは、この時点ではわかりませんでした。「土曜日だし最後だし、何も失うものがない。ジンギスカンが待っている。ライオンに感謝。スタッフに感謝。高校生に感謝」。
 この後、さすが語彙が豊富。

|

« 第4回エコ甲岩手大会(その1) | トップページ | 第4回エコ甲岩手大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/47066587

この記事へのトラックバック一覧です: 29回北海道大会(その2):

» 格安ウエディングドレスレンタル販売情報ネットナビ [格安ウエディングドレスレンタル販売情報ネットナビ]
格安ウエディングドレスレンタル販売の情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年12月24日 (木) 15時48分

« 第4回エコ甲岩手大会(その1) | トップページ | 第4回エコ甲岩手大会(その2) »