« 第4回エコ甲関東大会(その5) | トップページ | 第4回エコ甲関東大会(その6) »

2009年12月16日 (水)

29回北東北大会(その10)

 テレビ雑誌の年末年始の号が出ましたが、番組表を見てどちらを見るか迷うといえば、「ホンマでっか!?ニュース」の5時間スペシャルと「ナニコレ珍百景」の5時間半スペシャルが裏番組になったところでしょうか。この日、あと2局も約5時間のスペシャルで並んでいて、本当に民放は経費節減で困っているんだなというのが感じられます。

 それでは北東北大会です。岩手の決勝の4問目は盛岡第一の1位が正解。漢字です。5問目は盛岡第一の2位が取ってスポーツへ。6問目、あさのあつこの「バッテリー」は何のスポーツという問題で、盛岡第一の2位が押して「野球?」。これで王手になりました。歴史に。7問目は盛岡第一の文学王が正解して、科学になります。
 8問目、盛岡第一の文学王が正解してこちらも王手。そして数学を選びます。数学王は先に王手になった盛岡第一2位です。両チームは同じクラスだそうです。
 9問目、「28の約数を」で盛岡第一3位が押します。自信を持って「28」と答えて不正解。28は完全数というところに引っかかって、28自身を足すのを忘れていました。
 10問目、「5×(5+5)のカッコを取るといくつになる?」。盛岡第一の文学王が押します。30と答えているのに、鈴木アナがカウントダウンしていて気づきません。「さあ、間に合うか」と言っています。1、2、3位を盛岡第一が独占する中で、まったくのダークホースが全国大会進出を決めました。

 2問読み直しています。読み間違えたというより、早く押されすぎて視聴者に問題が理解できないものです。15時40分ごろ終了しました。前回の北陸とほぼ同じで、異常な早さです。県別代表制になってから、こんなに早かったことはありません。これもスペシャル番組の放送時間がやたら長くなるのと同様の、業界のコスト削減の結果といえるでしょうか。

|

« 第4回エコ甲関東大会(その5) | トップページ | 第4回エコ甲関東大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/47033680

この記事へのトラックバック一覧です: 29回北東北大会(その10):

« 第4回エコ甲関東大会(その5) | トップページ | 第4回エコ甲関東大会(その6) »