« 第4回エコ甲関東大会(その2) | トップページ | 第4回エコ甲関東大会(その3) »

2009年12月10日 (木)

29回北東北大会(その7)

 毎日新聞の夕刊(東京・中部・西部)に、「今年の漢字」を宮崎美子と予想するという企画が載っています。宮崎は番組の企画で11月に漢字検定1級を受検して、結果を待っているそうです。これって「Qさま!!」の放送予定をバラしてしまっているではないか。

 それでは北東北大会です。ペーパークイズの結果発表、岩手の4列目はファンファーレ。雫石がピンポンです。スポーツ。この後2チームブーで、盛岡第一がピンポン。文学です。もう1チームはブー。
 まだジャンルは残っています。5列目の4チームがブー。これで最後の6列目のファンファーレが確定です。最後の2列が残っている段階で、前の列がブーで後ろのファンファーレが確定するという演出はほとんどありません。実に四国以来です。最初の不来方がピンポンで終了しました。地理です。

 ついにこの地区も移動せず、決勝は舞台上でやることがわかりました。これではどの予選も景色が同じではないか。まずは青森です。6チーム中3チームが八戸工大二です。1位の青森にインタビューするとサングラスを取ります。一昨年は1問目、昨年は準決勝で敗れたそうです。続い八戸工大の2位。このメンバーは会場でナンパしていたら、いい感じのところで別のメンバーが呼びに来て失敗したとのことです。そして弘前の女子チームに「メイク大丈夫?」と聞くと「すっぴんです」。

 1問目、星座の問題で青森が正解して地理を選択。2問目は県庁所在地です。今年の決勝で出る問題としては異例の簡単さです。八戸工大の数学王が正解して数学を選択。3問目は「11の2乗は?」。八戸工大の3位が正解して歴史を選びます。4問目を八戸3位が連取して王手。今度は文学を指定。
 5問目は文法の問題で、八戸工大の数学王が間違えます。6問目、英語のことわざで、青森が正解して歴史を指定。7問目、歴史といっても戦後政治の話で八戸の2位が正解。科学を選びます。8問目、「太陽系の惑星でMで始まるのは」で八戸工大の2位が押して「マーキュリー」でブー。問題は「マーキュリーと何?」でした。
 この後、不正解で仲間割れ。

|

« 第4回エコ甲関東大会(その2) | トップページ | 第4回エコ甲関東大会(その3) »

コメント

エコノミクス甲子園関西大会に出るものです。

定期テストが終わったので今から詰め込もうと思っているのですが、対策として使えそうな本は政治経済のセンター対策本しかありません。この本の経済の範囲を対策するだけでいいのでしょうか?

時事問題は新聞等で学習する予定です。

投稿: root | 2009年12月10日 (木) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/46982516

この記事へのトラックバック一覧です: 29回北東北大会(その7):

« 第4回エコ甲関東大会(その2) | トップページ | 第4回エコ甲関東大会(その3) »