« 第4回エコ甲関東大会(その6) | トップページ | 第4回エコ甲岩手大会(その1) »

2009年12月18日 (金)

29回北海道大会(その1)

 6月に次のようなことを書きました。

----(ここから)----

 「しりすぎちゃん」について書きましたが、その後にやっていた「ミリオンダイス」もなかなかおもしろかった。4組の芸能人がそれぞれ24時間以内にあるミッションをするというのを同時進行で放送します。成功するとサイコロを振って通貨単位を選んで、最高で100万円、最低で100万ドン(5000円ぐらい)がもらえるというものです。1組でも番組になりそうなところを、実験番組枠で4組同時にやるというのは豪華です。これはレギュラー化可能ではないでしょうか。ただ、ビデオのセットを間違えたらしく、最後の数分がとれていなくて、結果が全然わかりませんでした。

----(ここまで)----

 1カ月の番組表が載っているテレビ雑誌を見ると、先々週の土曜日から「ミリオンダイス」のレギュラー放送が始まっていたことに気づいて「しまった!」と思いました。しかし、いくらなんでも当日のテレビ欄をチェックしていて気づかなかったかと思って調べたら、やっていませんでした。そして、この企画が急遽、1月から「SUPER SURPRISE」で使われることが発表されました。

 それでは8月8日の北海道大会です。会場は野幌森林公園。初期の北海道大会はここでばかり行われていましたが、15年ぶりに帰ってきました。森林公園駅に、会場への経路を誘導するスタッフが誰もいません。これは、これまで数多くの地区大会を見てきて初めてかもしれません。

 10時半を前に吉川アナが出てきます。地区大会の放送は8月29日、「ヤー肉の日です」。全国放送は9月4日で「串の日」。いちいち高校生が過剰に反応して、かえって吉川アナは恥ずかしい。札幌テレビの取締役営業局長のあいさつで、20年ぐらい前にこの会場で勝ち抜いたチームが優勝しているという縁起のいい会場だと言っていますが、ウソです。10回の北海道は手稲の前田森林公園です。ちなみに吉川アナは、その10回北海道大会に出場しているそうです。
 ライオンの北海道エリア統括が開会宣言して、10時40分に出てきたのは、「ブギウギ専務」の出演者4人です。ブギウギ専務は深夜番組ですが、夏休み中は朝にも再放送しています。この地区で表彰されるのは札幌北ですが、先ほど抽選会でスタッフTシャツが当たったチームがまた舞台に上がります。
 この後、なんで北海道だけそんなことができる。

|

« 第4回エコ甲関東大会(その6) | トップページ | 第4回エコ甲岩手大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/47049304

この記事へのトラックバック一覧です: 29回北海道大会(その1):

« 第4回エコ甲関東大会(その6) | トップページ | 第4回エコ甲岩手大会(その1) »