« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

第4回エコ甲千葉大会(その3)

 「月刊IKKI」の「新・鉄子の旅」の欄外に、村井美樹出演情報というのがあって、クイズ雑学王の12月30日の番組に出るというのが書いてありました。ここで優勝すると年越しの生放送に出る権利があります。これに出ることが決まっていても雑誌では黙っているのか確かめるために村井を応援していたのですが、結局2位でした。でも考えてみたら、30日分の収録の前に雑誌の締め切りになっていたらそもそも載るわけないか。

 それではエコノミクス甲子園です。千葉大会の早押しBグループは渋谷幕張の3チームが1ポイントで並んでいます。5問目、そのうちの1チームが正解します。しかし6問目、7問目と別の幕張が連続正解した逆転で勝ち抜けです。8問目は最初のチームも正解して、ここも3ポイントになりました。
 Cグループは3チームです。ここも渋谷幕張が2チームいます。1問目、幕張が「天引き」と答えますが、問題を最後まで聞けば「漢字4文字で」で源泉徴収であることがわかります。2問目、簡単な問題で幕張のもう1チームが正解。3問目はここも千葉興業銀行の金融商品の問題です。当然スルーですが、実は解答者の正面にそのポスターが張ってありました。
 4問目、幕張が正解して2ポイント。5問目は千葉商が取ります。6問目は二択です。ボーナス点を狙った幕張が押しますが不正解。そもそも勝負する余地のない簡単な問題なんですけど。

 Dグループは4チームに戻って、千葉商が2チームいます。1問目、県立千葉が正解。2問目は千葉商が取ります。3問目はしつこく千葉興業銀行の問題。千葉興銀のATMでナンバーズを買えることを当てた一宮商がポイントを取ります。4問目「ニューヨークといえばウォール街」で一宮商が押して答えられません。クイズをちょっとやっている人なら、これだけ聞けば十分なんですけど。
 5問目は千葉が不正解。6問目は千葉商が正解して2ポイントに。7問目は0ポイントの千葉商が正解します。8問目もそのチームが押しますが、二択で不正解。これも簡単な問題ですが、2グループ続けて最終問題のインフレに関する二択で不正解です。ここは最終得点が2、1、1、1でした。

 Eグループは渋谷幕張が2チームいます。市立千葉がいますが、司会者がここの出身らしい。3年生が2チームいます。1問目、幕張の男女混成チームが正解します。2問目は幕張の男子チームが正解。3問目はやっぱり千葉興業銀行の問題ですが、幕張の男子が正解します。昨日、千葉興銀のホームページで調べたそうです。
 この後、あの人が出ているではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

29回北海道大会(その7)

 高専ロボコンの全国放送がNHKオンデマンドで配信されました。当たり前と思うかもしれませんが、昨年は配信されていません(年明けにBSハイビジョンで放送された、会場での対戦映像だけの番組は配信された)。ここ何年か、高専ロボコンの司会はずっと稲垣吾郎がやっていました。今年は稲垣がいなくなったから配信できたと言えます。ジャニーズは既存のメディアで圧倒的に勝っているので、ネットは自分たちの利益の邪魔になるだけということで一切協力してきませんでしたが、今後、ジャニーズが出ていたらオンデマンドで配信できないのでジャニーズは大河ドラマに一切出さないというような動きになることも考えられます。既存メディアが収益構造にインターネットを一体化させるようになったので、ジャニーズもここにきて方針転換せざるを得なくなったのではないか。

 それでは北海道大会です。持ち物チェック、終わったのにまた最初からやります。ただし先ほど1万円をもらったチームは参加できません。1つめが時計。2つめはNintndoDS。これで7チームになります。次は5円玉10枚。しかし誰もいなかったので、1万円札になります。これで4チーム。次は2000円札ですが、これも誰もいません。最後、定期券で決定しました。
 ここからは抽選会になります。持ち物チェックがあって抽選会もあるのか。なぜかBGMがかかります。まだ青春応援チケットが余っていて、賞品に出ます。ラルフサイン入りTシャツの抽選をした後でラルフが乱入して、またサイン入りTシャツを出します。最後は鈴木アナが抽選会を進行するような形になります。「果たして水曜日、番組(ブギウギ専務)あるか、皆さんチェックしてくださいね」。

 ペーパークイズの結果発表です。高校生は13列になっています。1列目は5チームとも女子です。左端の旭川東は昨年の代表で、今回の○×でも勝っています。しかし1列目が全チーム女子の場合、ブーになるのがお約束です。
 2列目も3列目もブー。4列目で初めてファンファーレが鳴ります。しかし、ウエディングドレスを含め4チーム連続でブーです。したがって、残った旭川東が自動的に決勝進出です。鈴木「まったく喜んでくれません」。2位&数学&科学。
 5列目がブー。6列目はファンファーレ。1チーム目、2チーム目、ブー。次の根室もブーです。根室から来たチームを見たのは初めてです。この、参加者が激減しているご時世に。次の札幌北がピンポン。地理です。その次はブー。
 7列目、8列目、ブー。ハリーポッターも失格です。9列目、顔を緑に塗ったカエルのチームにインタビューします。この列はファンファーレ。しかしカエルはブーでした。札幌南がピンポン。3位です。その後3チームはブー。さすがにこの地区は数が多いので、1列が全部合格チームといった演出はしません。
 この後、それを言ったらまずいだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月29日 (火)

第4回エコ甲千葉大会(その2)

 月曜日の「生活ほっとモーニング」は、紅白歌合戦の特集をしていましたが、紹介するのは、例の紅白歌合戦のマニアの人です。「熱中時間」ではこの人の職業に一切ふれていなかったのに、「クマグス」において、この人が「やりすぎコージー」のスタッフであることが明らかになりました。今回は「放送作家の」と紹介されていました。それにしても、マニアとして追いかける対象がこういう番組なら、自分もNHKに出て解説できたのか。

 それではエコノミクス甲子園です。千葉大会の筆記が始まって20分ほどたったところで、40番の問題に訂正が入ります。入学試験のようです。休憩時間に隣の部屋で弁当が出るというと、高校生から大拍手が起こります。ただし、ここは高校生が銀行員と一緒に食事をさせられます。初期には各会場でやっていましたが、最近これがあるのは珍しい。欠席者が出た分、早押しのGグループの組み合わせ抽選をやり直しています。だから抽選は後にすればいいのに。
 筆記の解答発表を見ると、計算問題などは前の地区と同じで、選択肢がダジャレになっているような簡単な問題は入れ替わっています。別の地区で早押しで出た問題が入っています。全体的に、これまでの地区よりさらに簡単になっているようです。

 12時30分から早押しが始まります。各チームの入場でかかる音がイノキボンバイエです。Aグループの男女混成の千葉商はチーム名が「連帯保証」といいます。この地区の問題は、過去の優勝者が読んでいます。1問目、極めて簡単な問題で千葉学芸が正解。2問目は幕張の女子が取ります。3問目、「千葉県の農業産出額は全国何位?」。地元問題をだすためにかなり難しいことを聞いていますが、これを幕張が正解します。
 4問目は簡単で、千葉が正解。5問目は日銀に関するもので、昔から繰り返し出題されています。これを千葉が不正解。6問目は幕張が正解して勝ち抜けです。7問目はスルー。8問目、NGOとNPOの二択で千葉が不正解。これで終了です。

 Bグループです。渋谷幕張が3チームいます。1問目、スルー。Aグループでは出なかった難度です。2問目、幕張が正解。3問目は「千葉興業銀行は設立何年?」という三択でしたが、幕張の別のチームが勝負をかけて正解。4問目は幕張のさらに別のチームが正解して、幕張が1ポイントで並びます。この後、幕張同士のつぶし合い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

29回北海道大会(その6)

 「クイズイマジニア」の第2弾を、今度は昼にやっていました。前回とルールは同じで、時間が長くなった分、新しいクイズが追加されていました。あれだけ同じ構成でやるということは、レギュラー化する気満々ということでしょうか。「All For One」が全然ダメだし、あの後番組かな。

 それでは北海道大会です。敗者復活戦の8問目。突然、私は全然知らない外国文学の問題です。14チーム勝ち抜けました。ウエディングドレスも。これだけ抜けているのに、最初に王手になった4チームはいずれも勝ち抜けていないらしい。9問目、著作権についての問題です。5チーム勝ち抜けます。
 まだ勝っていない中に、昨年代表の北嶺がいるようです。ここで「ラルフが君たちの笑顔をまだ待っています。まだまだクイズ楽しもうぜ」。10問目、「日本十進分類法で1の類は?」。最後の方に来て、単に難しくてひねりのない問題になっています。これで7チーム勝ち抜けます。最初に王手になったチームがまだ勝っていません。
 最後尾に「クイズ楽しんでるか。まだ終わらせない。クイズの神様は北海道の高校生をまだまだ」。いつまでやる気だ。本当に全チームが敗者復活するぞ。11問目、地理の教科書問題です。18チームも勝ち抜けます。ほぼ全チームが3ポイント以上です。するといきなり「ここで終了」と言います。最初に王手になったチームが敗退しました。

 勝者に対して、「ガツンと、みかん」を5分で食べろと言っています。15分後に準決勝です。鈴木「オレの記憶が正しければ、○×でこんなに勝ってないと思うんだけどね」。○×で4チームしか勝っていないのにここには63チームいます。
 ペーパークイズが終わって、吉川アナと上杉周太らが「本編と関係ない脇道イベント楽しめるか」。なんと持ち物チェックです。どうして札幌テレビはそこまでして持ち物検査をやりたいんだ。最後まで残ると青春応援チケット1万円分をくれるそうです。1つ目の条件はハンカチ。2つ目はマンガ。もう7チームになります。全部に1万円分をくれるそうです。
 この間、なぜか鈴木アナがブーブーゲートのところに堂々と立っていて、観客と話しています。この後、かつてない乱入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

第4回エコ甲千葉大会(その1)

 NHKオンデマンドを見ると、「紅白配信決定」というバナーが張ってあります。調べたら、ジャニーズがついにタレントの画像のネット配信を認めたんですね。方針転換するタイミングとして「テレビ界の最大のイベントだから」ということでしょう。
 先日、土曜の夜に家にいないので、「着信御礼!ケータイ大喜利」が見られません。「どうせNHKオンデマンドで見られるから録画しなくてもいいか」と思ったのですが、念のためゲストを調べたら関ジャニ∞ではないか! 危ない危ない。それにしても、視聴者がゲストの所属事務所を調べないと使えないシステムが普及するわけないじゃないか。

 それではエコノミクス甲子園です。11月29日に千葉大会がありました。今年からエコノミクス甲子園の観覧に制限が加えられたことはすでに書きました。エコノミクス甲子園のホームページを見ると、千葉大会は参加者の関係者しか見られなくて、観覧には事前の承認が必要と書いてあります。ところが千葉興業銀行に電話をしてみると、「当日誰でも入れるんですけど」。実際に行ってみたら、一般の観覧者用の受付があります。公式ホームページもあてになりません。おそらく主催者の問い合わせに対して銀行側が適当に応対しているのでしょう。

 西千葉駅近くの小学校に「祝30人31脚全国大会出場」という横断幕が出ています。ここから国道沿いの千葉興業銀行へ住宅地を抜けて歩きます。ちなみにこの大会は全国で唯一、千葉銀行と千葉興業銀行というまったく関係ない銀行の共催になっています。両行が同時に主催者として名乗りを上げたためです。だから来年は会場が千葉銀行になるかもしれません。
 受付には千葉テレビと思われるテレビカメラがあります。私も高校生と同じ控室に入れられて、10時とともに会場に入ります。

 全員来れば34チームになるそうです。非常に多い。この地区は最初に早押しの組み合わせ抽選をしています。今までの会場とは違った感じの部屋で、壇上の演台に早押し機が取り付けられています。高校生の席には最初からお茶が置いてあります。
 10時40分にウルトラクイズの曲とともに始まりますが、岩手とはアレンジの違う曲を使っています。司会の千葉興業銀行の社員は、派手な衣装を着ています。常務執行役員があいさつします。
 結局、3チーム欠席でした。おもしろいのは、欠席チームの席が最後列に集中しているのです。主催者が応募者のやる気を判断して席を決めているかのようです。
 この後、久々にそんなことをさせられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

29回北海道大会(その5)

 今夜、フジテレビで「イリンクス」の第2弾をやっていました。タイトルが「快感映像Showイリンクス」に変わっていました。前回の「ナニコレ珍百景」そのものの番組から脱却するために、雑学的な映像にシフトしていました。しかし大体知ってる話で、しかも不要な演出のVTRがくっついていて、前回より番組の質が落ちていました。

 それでは北海道大会です。ファッションコンテストで選ばれたチームは軒並み、第1問で落ちています。次の問題は裁判員制度について。これは報道を見ていれば完全にわかる問題です。一方の答えが4チームしかいません。4チームすべてに1台ずつカメラがついています、一方、多い方の答えは全体でカメラ1台です。当然、多い方が正解です。
 3問目、ブドウに関する問題。これも一方の答えが4チームしかいません。ところが、今度は正解が4チームです。この問題、生活の常識と言っていいものですが、この結果はスタッフにも完全に予想外です。スタッフはこの問題もほとんどのチームが正解すると考えていたと思います。
 4問目を前に鈴木「いまだかつて、○×で全チーム敗退というケースはありませんでした」。これはウソです。オリンピック種目に関する問題が出ます。これは普通に考えたら間違えようがないでしょう。4チームとも同じ答えに行きます。鈴木「不正解なら高校生クイズ史上初、○×クイズ突破なし。もっと長く仕事をするつもりだったのに。ジンギスカンの予約、早くしなきゃ」。当然、全チーム正解です。

 4チーム以外の全チームによる敗者復活戦です。参加は100チームぐらいでしょうか。司会は上杉周太と吉川アナです。1問目、ヒグマに関する問題。正解して前進したチームは真ん中に集まれと指示が出ます。これは初めてです。2問目は語源問題ですが、かなり難しい言葉を扱っています。3問目は現代史の問題。4問目は語源問題で、今度は科学系です。この時点で全問正解は4チーム。
 5問目は日本史ですが、かなりのマニアでないと知らない人物です。最前列の4チームはすべて不正解。ファッションコンテストのハリーポッターも王手になって、王手は合計11チームです。6問目、国連に関する問題で、5チーム勝ち抜けました。ハリーポッターも。王手は14チームです。
 7問目、関ジャニ∞の問題です。何のひねりもない、本当に純粋な芸能問題。最後の予選になったら問題のネタがなくなってこんなのが出てくるか。あるいは、全国優勝にかかわるような有名進学校はすでに勝ち残っているので、この予選はどうでもいいということなのか。10チーム勝ち抜けます。顔を緑に塗っているカエルも。
 この後、全チーム勝ち残らせる気か。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月25日 (金)

第4回エコ甲岩手大会(その4)

 DJコミュニティという人からコメントがついていました。「小島慶子キラ☆キラ」で聞いたことがある名前です。確か、以前コミュニティFMのDJをやっていたが、「大人は全部敵だ」みたいな放送をしていたら、聞いているのは商店街のおじさんおばさんばかりで、クビになったというメールを紹介されました。そして、ラジオネームが決まっていないというと、小島アナが即興で「DJコミュニティにしなさい」と名付けたのでした。小島慶子にラジオネームをつけてもらったのはこの人だけでしょう。その人が番組を知ったきっかけが当ブログとは驚きです。キラ☆キラの聴取率トップ獲得に私が貢献していたのか。「小島慶子キラ☆キラストーカー」になってしまいました。


小島慶子 キラ☆キラ「赤坂ブロガー祭り」

 それではエコノミクス甲子園です。岩手大会の決勝の6問目、「1種類の金属だけでできている硬貨は?」で盛岡三2位が押して「10円玉」。で不正解。7問目は水沢が正解。8問目は教科書問題で黒沢尻北が正解。
 9問目、盛岡三3位が問題の途中で押して「配当」と答えます。しかし不正解。問題は、創通が今年、何の30周年記念で配当をしたかという問題でした。ガンダムは金融知力に関係あるのか? 問題のネタがなくなったからか、今年からこういう方向にずれる問題が出始めます。後の予選では、そんな人のことを問題にするかというのが出ます。

 10問目、岩手県に本店がある地方銀行は北日本銀行と東北銀行とどこという問題で、黒沢尻北が正解です。ここで答えが岩手銀行以外の問題が出れば感心するのですが。11問目は2位が正解。12問目は水沢が取って、これで8ポイントです。2位の盛岡三2位が5ポイント。
 13問目は黒沢尻北が正解。14問目、岩手銀宣伝問題で、水沢がマッチポイントになります。15問目、奈良でも聞いた問題で、水沢が正解して決定しました。

 閉会式で人事部長があいさつします。副賞は「人生銀行」です。立方体の貯金箱で正面に液晶表示があるやつですね。「最高で10万円までたまりますので、満タンに鳴った場合は岩手銀行までよろしくお願いします」。
 この地区はテレビの取材もNHKと全民放が来ているようでした。しかし8チームしかいないので、異常に早く13時台に終了です。私も「その4」までしか書けませんでした。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年12月24日 (木)

29回北海道大会(その4)

 「笑ってコラえて!」の3時間スペシャルで最もおもしろかったのは、明石家さんまが夏目アナに対して「いきましょう。思い切って。おもいッきりDON!」と言ったことです。画面に番組ロゴまで出て。それにしても、キー局の女子アナで同じ時間帯に番組をやっていながら、この人はあんなつまらないことで番組を降ろされているのに、小島慶子は、駒田健吾にいきなりコンドームを持って行って「あなたコンドームを使うでしょ。私とやるという意味ではなくて…」という話とか、「ラブホテルに行ったことあるに決まってるじゃない! 学生時代にグラウンドでやるわけにはいかないでしょ」という話を放送でしたりしても、問題にならないどころか聴取率がどんどん上がっていくというのはどういうことだ。

 それでは北海道大会です。敗者復活戦を要求しています。吉川「ラルフが心の大きいところを見せてくれたら、毎日NEWS ZEROかじりついて見るよねー」。鈴木「それでは、チャレンジが失敗したら、ブギウギ専務は打ち切りということで」。吉川アナが即座に「ラルフ、受けましょう」。鈴木「後番組は大泉さんでやろうかと。いよいよ復活させようかと思います」。「1×8いこうよ!」は今もやってるんだけど。まさか「水曜どうでしょう」と間違えてないよね。
 鈴木アナが「かつて敗者復活のチャレンジに失敗した女性アナウンサーが、生放送でパッパッピーと叫んだことがあります」と言って、小さい雪だるまが4つ出てきます。ブギウギ専務の4人が舞台の下の10メートル離れたところから玉をぶつけて、1分間で全部倒せば敗者復活を認めるというものです。札幌テレビのキャラクターの着ぐるみの人に鈴木アナが「いろいろ大変だね」「そういう大人の会話やめてください」。

 ところが、玉が当たっても雪だるまが倒れません。最後の2個には当たりもしません。2つ残って、吉川アナが「オレにチャンスをくれ」と土下座します。吉川アナは札幌テレビの草野球チームでピッチャーをやっているそうです。これに対して鈴木アナが「収拾つかなくなるよ。だめだった場合はうまく編集します」。そして吉川アナが30秒投げますが、玉自体あまり当たりません。すると鈴木アナがテーブルの端を持ち上げて雪だるまを強制的に落としました。敗者復活要求の演出がここまで完全に破綻したのは、19回中国以来でしょうか。鈴木「君たち5人は後ろで反省会」。

 この後、○×クイズも演出通りにいかず。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年12月23日 (水)

第4回エコ甲岩手大会(その3)

 先ほど、フジテレビで「知的一級河川 バカの河」という番組が放送されていました。本嫌い芸能人に本好き芸能人が次々とおもしろい本を紹介していくというものです。ビビる大木がこの本を取り上げていました。

 これは私も持っています。熱中時間とクマグスに出る人はみんな載っていると言ってもいいくらいです。そして大木が表紙に映っている人を紹介して、今田耕司が「見たことありますよ」と言っていましたが、これって先週の「ウソホンティ」に出ていて大木と共演しているではないか。この人、どこかで見たことがあると思っていたら、この本だったのか。

 それではエコノミクス甲子園です。岩手大会の決勝進出チームが発表されます。今回の選出方法は、筆記のトップと、それ以外で筆記と早押しの合計の上位3チームです。しかしこの地区では、単純に筆記と早押しの合計の上位4チームを選んでいます。ただ、合計1位のチームは筆記でもトップだったようですので(2位以下の筆記と早押しの合計点より、1位の筆記単独の点数の方が高い)、結果的には同じことになります。1位は水沢、2位と3位は盛岡第三、4位は黒沢尻北です。

 決勝進出の全員に何かしゃべらせて、13時過ぎに決勝が始まります。最初の3問はボードクイズです。1問目の正解は八ッ場ダムですが、こんなに知らないか? 「みつばダム」とか「石羽ダム」とか「せんばダム」とか書いています。最初から解答を放棄して岩手にあるダムの名前を書いている人もいます。水沢が2人、盛岡第三2位が1人正解です。
 2問目、「現在の岩手銀行のATMは400台より多いか少ないか」。どの地区にも無理をして主催銀行問題が入ってきます。水沢2人、盛岡第三2位1人、黒沢尻北1人正解。3問目は三択で、岩手県で8月の水揚げ量が最も多い魚介類です。水沢、2位、3位が1人ずつ正解します。ボードクイズ終了時点で水沢が5ポイントで大きくリード。

 ここから早押しです。4問目は2位が正解。5問目、「投資の要素、安全性、収益性」で水沢が押して、「流動性」と答えて正解。しかしこの問題は、残りの1つを答えるのではなく、「この3つのうちで」という選択問題なのでした。
 この後、エコ甲でガンダム。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

29回北海道大会(その3)

 「ネプリーグ」の2時間スペシャルが放送されてましたけど、中身はほぼ総集編。1カ月の番組表が載るテレビ雑誌では「番組未定」になっていることからも、急に何か埋めろということになって、予算がない中、無理に作ったんでしょうね。一応呼んだゲストに同じクイズを3回もやらせていたし。関西テレビで1時間バージョンしか見られなくても、情報の劣化はほとんどありません(3回やったクイズが1回になっただけ)。

 それでは北海道大会です。大声のデモンストレーションです。吉川アナは結婚7年。「奥様への愛を叫んでいただきます」。「ノリコ、おまえを一生幸せにするぞ。おまえをずっと抱きしめてやる。老後までおまえと手を取り合って生きていく。ノリコー、おまえを愛してるんだー」など、30秒間、違うことを言い続けます。札幌テレビのアナウンサーはレベルが高い。北陸大会とは違います。しかしランプは「10」で止まります。吉川アナが高校生に「おまえたちも、いいやつ見つけろよ」。
 呼ばれたチームに「お題何にしようか。また結婚してないもんね。では、『今一番欲しいもの』」。いきなり「金」「彼女」。そして「ラルフさんが欲しい。愛内里菜が欲しい。ラルフさん、大好きです。ラルフさん好きだ。愛内里菜のSTARTのCDめっちゃ欲しい」。結局、4問になります。

 この地区は第1問が高校生問題です。選ばれたのは旭川東。「○×に2年間苦しめられていたのでうれしい」。リュックには、高校生クイズとウルトラクイズの過去の○×問題をすべて詰めてきたそうです。鈴木「ちょっと見せて。はい、没収~」。本当に返しません。
 第1問は横綱に関する問題。非常にいい問題です。過去にスタッフが北海道大会で作った第1問を上回っています。正解発表は紙テープを打ち出す方式です。正解の方が少ない。

 上杉周太と吉川アナが「ちょっと待った」と出てきます。「ラルフも結婚してからずいぶんやさしくなったらしいよ。何とかならないかな」「何とかならないかなというのは、あなた(上杉)の服装ですよ」。上杉「STVでブギウギ専務やってるんですよ」。鈴木「高校生クイズは全国区なのでローカルの人は…」「それはリアルに寂しいですよ」。
 この後、演出が大失敗。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

第4回エコ甲岩手大会(その2)

 高校生が参加するクイズイベントを、土曜日は大阪で見て、日曜日は富山で見ました。先日、仙台駅近くの自販機のファンタZEROグレープがなくなっていたと書きましたが、今回の移動中、敦賀駅で確認したらちゃんとありました。新たに福井駅でも発見しました。

 それではエコノミクス甲子園です。岩手大会の弁当は、重箱に入っているタイプです。おそらく全地区で最も立派です。もちろん参加者しか食べられません。
 さて、この大会議室のロビーには、ガラスで区切られた部屋があります。そこは岩手銀行博物館みたいになっていて、昔の貨幣とか機械を展示してあるのです。こんな銀行は見たことがありません。昼休み中にそこを開放して、自由に見られるようになります。我々には弁当が出ないので、一度銀行の外に出て戻ってきたら、ルール説明が終わるところでした。

 ここは8チームしかいないので、早押しは2グループだけです。Aグループは盛岡第三と黒沢尻北が2チームずつ。1問目、紙幣の肖像の問題で盛岡三が正解。2問目は正解が「ニート」で、盛岡三のもう1チームが正解。司会者が「自宅警備員ともいいますが」。3問目、盛岡三の最初のチームが正解。4問目、盛岡三のもう1チームが正解。
 5問目、「四大公害病をすべてお答えください」。昨年の高校生クイズのような問題。これで盛岡三の最初のチームが正解して勝ち抜けです。6問目、盛岡三のもう1チームが正解して勝ち抜け。6問で2チームが交互に正解して終了とは。

 Bグループは4チームとも違う学校です。事前に取材したようで、1チームずつ細かくプロフィールを紹介されます。盛岡第三には手首を骨折したメンバーがいます。
 1問目、「国民年金に加入するのは何歳から?」で水沢が18歳と答えて2問休み。2問目、奈良テレビの番組で放送していた問題です。黒沢尻北が正解。3問目は盛岡三。4問目は黒沢尻北が正解です。この地区は、早押しで難しい問題が今のところ出ていません。
 5問目、語源問題で水沢が正解。6問目も水沢が連取します。しかし7問目で黒沢尻北が勝ち抜け。8問目、「日本の通貨単位の円を英語で書いたとき頭文字は?」という問題で、盛岡三が押して「JPY」と答えます。

 そういえば、この地区は参加者が全員男子です。この後、なぜかこの地区だけ違う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月20日 (日)

29回北海道大会(その2)

 金曜日の「スタジオパークからこんにちは」は児玉清でした。昨年「土曜スタジオパーク」に出たときは、あれだけアタック25の話をしたのに、今回は最初に「日曜日のお昼のあのクイズ番組の司会です」と言っただけでした。最後に視聴者からのメッセージで「日々勉強に励んでいます。あのクイズ番組に出場するために」というのを紹介していました。あれって、送る方も気を遣って番組名を書かないようにしてるんですかね。

 それでは北海道大会です。ファッションコンテストです。コンテストをやるのでファッションを考えてこいというのは札幌テレビのホームページで予告していました。当日選ばれたチームに、1万円分の青春応援チケットをくれるそうです。札幌テレビは独自企画が本当に好きです。どういう形式になるのかと思ったら、入場時にスタッフがチェックしていて、選ばれて舞台に上げたチームすべてに青春応援チケットをくれるということがわかりました。青春応援チケットの正体が何かわかりませんが、図書カード?
 最初の4チームを呼びます。1チーム目はウエディングドレスです。100円ショップの材料で手作りしたそうです。2チーム目、赤・青・緑の妖精みたいな服です。テーマは「光の三原色」。3人合わされば可能性は無限大。3チーム目、剣道の服装で、体が非常に大きい。4チーム目はハリーポッターです。中央の人が魔法使いで、後の2人は顔の両側に羽みたいなのがついています。
 次の4チーム。最初の2チームは同じ学校です。今年でなくなる制服だそうです。次はテーマが「不良にからまれている海賊」。そして最後は、カエルの頭をかぶって顔を緑に塗っています。
 さらに2チーム呼びます。弓道部の服で来ています。この地区はこんなことに何万円も放出している上に、空撮のヘリコプターまで来ました。

 11時を過ぎて愛内里菜。本当に13地区全部来ました。そして11時20分ごろにようやく司会者の登場です。しかしオープニングの発言で「未来」のアクセントが「味蕾」になっています。この会場は炎ではなくドライアイスが吹き上がります。
 鈴木アナが13会場無遅刻無欠席と言います。26回以降、必ず鈴木アナの来ない予選がありましたが、今回はありませんでした。それが、事実上全国大会の司会をしないことの代わりだとは、この時点ではわかりませんでした。「土曜日だし最後だし、何も失うものがない。ジンギスカンが待っている。ライオンに感謝。スタッフに感謝。高校生に感謝」。
 この後、さすが語彙が豊富。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月19日 (土)

第4回エコ甲岩手大会(その1)

 NHKオンデマンドの見逃し見放題パックに入っているので、もうすぐ消える番組をチェックしていたら、「追跡!A to Z」の、アキバアイドルを世界に輸出というのがありました。秋元康がAKB48のフォーマットを海外に売ろうとしているのです。つまり世界の各都市で16人×3のアイドルグループを作って、常設の劇場でいつも見られるようにして、「卒業」と称して追い出すといったシステムを販売するということです。ナレーション「フォーマット販売の元祖はテレビ番組だ」。イギリスの「クイズ$ミリオネア」の映像が流れます。しかしネット配信が許可されていないので、何も見えません。「日本が世界にフォーマット販売している番組もある」。「しあわせ家族計画」の映像が流れます。しかし何も見えません。そういえば以前、「きよしとこの夜」で藤原紀香がゲストの回を見たら、藤原がグランプリをとったミスコンの映像は消されているのですが、そこにワイプで挿入されているスタジオの藤原の顔は残されていて、そこまで面倒な画像加工をして配信する必要があるかと思いました。

 それではエコノミクス甲子園です。11月23日に岩手大会が行われました。ちょうどJR東日本の「三連休パス」の使える日で、見に行くのに都合がいい。せっかく3日使えるので、他の2日間は、函館へ往復したり、成田エクスプレスの新型車両でネット接続ができるのを確かめるためだけに成田空港へ往復したりしました。仙台駅近くの自動販売機では、ファンタZEROグレープを売っていませんでした。

 盛岡駅からかなり歩いて、市街地中心部にある岩手銀行へ行くと、日銀の盛岡代理店という表示もあります。地方を代表する銀行だと、日銀とそういう関係なんですね。1階で受付をします。すでにマスコミの取材陣がかなり来ているようです。渡される紙に、全参加チームが書いてあります。8チームしか出ないのか。
 エレベーターで大ホールのような会議室に向かいます。会場には常務取締役と人事部長の席があります。早押し機のテストをすると高校生から「オー」という声が上がります。

 予定通り10時40分スタートで、ウルトラクイズのテーマ曲がかかります。司会をする行員が、棒読みで趣旨説明をしますが、突然すごい大声で「みんな、ニューヨークへ行きたいかーっ!」。
 常務のあいさつ。「高校生クイズなどを見ていると、申し込みが殺到してお断りをするケースもあるかと思いましたが、中間試験中で、学校からは参加を推薦できないと校長に断られました」。今回、スタッフは全員、入社3年目の社員らしい。この会場は全支店長会議をやるところで、他の人はめったに入れません。スタッフでチームを作ってエキシビション参加したらどうかと言ったら、自信がないということでやめたそうです。

 今日の問題を流すなという注意事項があって、筆記クイズの開始です。始まると、ウルトラクイズの機内ペーパークイズの曲がかかります。そして30分間ずっと、流れ続けました。
 このあと、そんな場所があるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

29回北海道大会(その1)

 6月に次のようなことを書きました。

----(ここから)----

 「しりすぎちゃん」について書きましたが、その後にやっていた「ミリオンダイス」もなかなかおもしろかった。4組の芸能人がそれぞれ24時間以内にあるミッションをするというのを同時進行で放送します。成功するとサイコロを振って通貨単位を選んで、最高で100万円、最低で100万ドン(5000円ぐらい)がもらえるというものです。1組でも番組になりそうなところを、実験番組枠で4組同時にやるというのは豪華です。これはレギュラー化可能ではないでしょうか。ただ、ビデオのセットを間違えたらしく、最後の数分がとれていなくて、結果が全然わかりませんでした。

----(ここまで)----

 1カ月の番組表が載っているテレビ雑誌を見ると、先々週の土曜日から「ミリオンダイス」のレギュラー放送が始まっていたことに気づいて「しまった!」と思いました。しかし、いくらなんでも当日のテレビ欄をチェックしていて気づかなかったかと思って調べたら、やっていませんでした。そして、この企画が急遽、1月から「SUPER SURPRISE」で使われることが発表されました。

 それでは8月8日の北海道大会です。会場は野幌森林公園。初期の北海道大会はここでばかり行われていましたが、15年ぶりに帰ってきました。森林公園駅に、会場への経路を誘導するスタッフが誰もいません。これは、これまで数多くの地区大会を見てきて初めてかもしれません。

 10時半を前に吉川アナが出てきます。地区大会の放送は8月29日、「ヤー肉の日です」。全国放送は9月4日で「串の日」。いちいち高校生が過剰に反応して、かえって吉川アナは恥ずかしい。札幌テレビの取締役営業局長のあいさつで、20年ぐらい前にこの会場で勝ち抜いたチームが優勝しているという縁起のいい会場だと言っていますが、ウソです。10回の北海道は手稲の前田森林公園です。ちなみに吉川アナは、その10回北海道大会に出場しているそうです。
 ライオンの北海道エリア統括が開会宣言して、10時40分に出てきたのは、「ブギウギ専務」の出演者4人です。ブギウギ専務は深夜番組ですが、夏休み中は朝にも再放送しています。この地区で表彰されるのは札幌北ですが、先ほど抽選会でスタッフTシャツが当たったチームがまた舞台に上がります。
 この後、なんで北海道だけそんなことができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

第4回エコ甲関東大会(その6)

 高専ロボコンの地区大会の番組を見ていると、地区によって微妙にルールが違っています。これは例年そのようなことがあって、最初の方の予選でまずいことがあったということですね。あれだけの大会でもそうなのですから、エコノミクス甲子園が混乱するのは当然です。

 それではエコノミクス甲子園です。関東大会決勝の5問目、正解はフードマイレージで東洋と開成のみ正解、他はパスです。これで東洋が逆転トップになりました。6問目は立教、開成、松本深志の一方が正解で他はパスです。これで再び立教と東洋が7ポイントで同点トップ。
 7問目、「国債は何の略?」で、全チームが答えますが正解は日比谷だけ。8問目、開成だけ不正解で他はパスです。
 9問目の正解はEPAで、開成と松本深志の1チームが正解です。立教と松本深志のもう1チームは「FTA」という期待通りの誤答です。他はパス。10問目は簡単で、松本深志の1チームと日比谷だけパスで他は正解。現在、東洋と開成が8ポイントでトップです。11問目は難しくて、松本深志の1チームが不正解で他はパスです。

 12問目、「1971年から1973年までは、1ドルはいくらだった?」。松本深志の1チームがパスで、他は全チームがバラバラの答えです。8ポイントの東洋は「306円」、開成は「308円」です。そして正解は開成。これで優勝が決定しました。結局どの地区も、一番の進学校が代表になっています。東洋は、社会の授業で黒板に306円と書いてあったと主張しています。教師が間違えていたということですね。

 この時点で16時40分ごろです。実は14時まで勤務だったと書きましたが、この後、17時からさらに別の用事があります。それで表彰式や会長のあいさつなどは聞かずに出ました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月16日 (水)

29回北東北大会(その10)

 テレビ雑誌の年末年始の号が出ましたが、番組表を見てどちらを見るか迷うといえば、「ホンマでっか!?ニュース」の5時間スペシャルと「ナニコレ珍百景」の5時間半スペシャルが裏番組になったところでしょうか。この日、あと2局も約5時間のスペシャルで並んでいて、本当に民放は経費節減で困っているんだなというのが感じられます。

 それでは北東北大会です。岩手の決勝の4問目は盛岡第一の1位が正解。漢字です。5問目は盛岡第一の2位が取ってスポーツへ。6問目、あさのあつこの「バッテリー」は何のスポーツという問題で、盛岡第一の2位が押して「野球?」。これで王手になりました。歴史に。7問目は盛岡第一の文学王が正解して、科学になります。
 8問目、盛岡第一の文学王が正解してこちらも王手。そして数学を選びます。数学王は先に王手になった盛岡第一2位です。両チームは同じクラスだそうです。
 9問目、「28の約数を」で盛岡第一3位が押します。自信を持って「28」と答えて不正解。28は完全数というところに引っかかって、28自身を足すのを忘れていました。
 10問目、「5×(5+5)のカッコを取るといくつになる?」。盛岡第一の文学王が押します。30と答えているのに、鈴木アナがカウントダウンしていて気づきません。「さあ、間に合うか」と言っています。1、2、3位を盛岡第一が独占する中で、まったくのダークホースが全国大会進出を決めました。

 2問読み直しています。読み間違えたというより、早く押されすぎて視聴者に問題が理解できないものです。15時40分ごろ終了しました。前回の北陸とほぼ同じで、異常な早さです。県別代表制になってから、こんなに早かったことはありません。これもスペシャル番組の放送時間がやたら長くなるのと同様の、業界のコスト削減の結果といえるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

第4回エコ甲関東大会(その5)

 日曜日にエコノミクス甲子園は一気に7カ所で予選がありました。その夜にウィキペディアのエコノミクス甲子園の項目で、7地区の代表校名が一気に書き込まれていました。これをすべて知ることができるのは関係者だけです。自分でエコ甲の項目を編集していることになります。エコ甲は中継があるわけでもなく、ウィキペディアはその宣伝ができるメディアだと思っているのか。

 それではエコノミクス甲子園です。関東大会の敗者復活第2ラウンド。2問目は松本深志、3問目は日比谷、4問目はお茶の水が正解します。これで4チームが1ポイントで並びました。すごく簡単な言葉なのに、それを正解とする問題文を作ろうとすると難しくてわけがわからないというのが、この大会ではよく出ます。
 5問目、「金融知力普及協会もこれにあたる」で松本深志が押します。NPOを正解して勝ち抜けです。6問目「ウォール街は何州にある?」で日比谷が正解して、これで決定しました。

 司会者が、次の決勝ラウンドは何だと思うかと言います。すると高校生が「ボードが見えてる」。決勝は松本深志が2チーム残りました。松本深志は優勝するとクイズ研OBからすしをおごってもらえるそうです。ルールをおさらいしておくと、ボードクイズで正解は2ポイント、不正解はマイナス1ポイント、無回答は0ポイントです。敗者復活以外の4チームには1ポイントのアドバンテージがあります。10ポイント先取で優勝です。
 1問目、正解は前場ですが、立教池袋しか答えません。他はすべてパスです。この言葉を知らんか? 2問目は二択。立教・東洋・日比谷が正解で他は不正解です。3問目は日比谷が不正解で、他は全部パスです。埼玉大会ではまったくなかった不正解が、ここでは多発しています。
 4問目、1974年の不況の原因になった前年の出来事。立教のみがパスで他は全チーム正解。現在、立教と東洋が5ポイントでトップです。

 この後、授業で間違い。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月14日 (月)

29回北東北大会(その9)

 土曜日に高校生のクイズ大会の予選に行ったことを書きましたが、翌日にも別の地区の予選に行きました。すると観客の中に、前日の予選に出ていた人物がいて、当日の出場者と接触していて、何か問題集のようなものも見ていました。前日の予選会場とは数百キロ離れています。クイズマニアはここまでの行動をしているのです。だから、離れてるし問題を使い回しても大丈夫だろうといった考えは甘い。

 それでは北東北大会です。秋田の決勝の10問目。「1999年にポルトガルから中国に返還」で、ずっといじられている比内の倖田來未こと大館国際情報が押して「台湾」と答えます。鈴木「勇気をもって1回押してみた。堂々の1回休み」。
 11問目を明桜が正解して王手。再び地理です。12問目、「カナダの公用語」で秋田3位が押して正解。これで決定しました。鈴木アナが舞台の裏で大館にサインしています。

 最後は岩手です。7チームいて、盛岡第一が1位、2位、3位と文学王です。1位は1年生だそうです。鈴木「残りのチームは負けても学校でボコボコにしないように」。3位が「都会に行きたい」と言います。鈴木「今まで行った一番の都会は?」「ニューヨーク。うそです」。高校生にも鳥居みゆきがうつったか。
 盛岡第三に第一との関係を聞くと「お互いに切磋琢磨しています」。そして雫石のメンバーに、太りすぎていてゼッケンのついたビブスを着られない人がいます。米を1日にどんぶり2杯食べるそうです。

 1問目、「世界遺産の登録が延期された」で中尊寺を盛岡三が正解して地理を選択。2問目、「流域面積が日本一広い川は」で盛岡一の3位が押して不正解。「では2位は?」でした。3問目「県庁所在位置で唯一名前に」で盛岡一の2位が押しますが答えられません。「ひらがなが入っているのは?」でした。
 この後、解答者も出題者も数学でミス。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

第4回エコ甲関東大会(その4)

 本日、名古屋で、高校生が金融経済の知識を身につけるクイズイベントが行われました。会場で突然、年配の女性に声をかけられました。「大前さんでしょ。ブログをいつも拝見させてもらってます」。参加者の母親だそうです。当ブログが、そんな層にまで浸透しているのか! このブログを読んでおもしろいですか?

 それではエコノミクス甲子園です。関東大会の早押しが終わって休憩です。「現在、決勝進出は4チームです」と、敗者復活が示唆されています。ここでスタッフ紹介があります。高校時代に全国大会に出た人たちです。ラ・サール、滝、福島、西南学院、開成。それぞれが、今何をやっているかというので、当然、東大の経済学部にいてというような答えをすべきところを、1人目が「問い読み」と言ったので、後の人も真面目に答えられなくなります。

 司会者が敗者に「退屈な人」「何かやりたい人」。敗者復活の○×クイズです。18チームから5チームが残ります。1問目、リサイクルに関する問題。この問題文でこちらの答えが作れるとは意外です。いきなり6チームに減ります。残った中で、お茶の水女子大附属は、たまたまネットでエコノミクス甲子園のホームページを見つけて応募したそうです。松本深志のうちの1チームはインフルエンザで出られません。
 2問目、りそな銀行の問題です。これは全チーム正解。3問目、環境についての問題で、これは簡単。全チーム正解です。4問目、また環境に関する語句の説明で、3チームずつに分かれます。これで松本深志と立川と日比谷が勝ち抜けます。
 5問目、また簡単で、逆に今さらこんなことを聞かれると違うのかと不安になってしまいます。全チーム正解です。ここまで5問、すべて答えが同じです。6問目、りそな銀行の問題。これで2対1に別れました。お茶大と立川が決定します。

 続いて敗者復活第2ラウンドの早押しです。「他のチームが負けるまで待ってれば抜けられるんで」と言っているチームがいますが、4チーム以上失格になれば勝ち抜け枠も減るというルールがわかっていません。
 1問目、恒例の「りそなの会長はどこの企業出身?」です。しかし、知らなくても答えられるように問題文がくどくなっています。立川が取ります。司会者が「ここに会長がいるが、どの人かわかりますか」。
 この後、決勝のルールがばれてる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

29回北東北大会(その8)

 水曜日の「笑っていいとも!」の「アラゆる答えハンティング」で、「女性に聞く、夢中になって見たクイズ番組」というランキングがありました。
20代 1位 ネプリーグ 2位 ヘキサゴン 3位 ミリオネア 4位 IQサプリ 5位 マジカル頭脳パワー
30代 1位 ネプリーグ 2位 ヘキサゴン 3位 マジカル頭脳パワー 4位 なるほど!ザ・ワールド 5位 平成教育委員会 7位 ドレミファドン
40代 1位 なるほど!ザ・ワールド 2位 クイズダービー 3位 100人に聞きました 4位 世界まるごとHOWマッチ 5位 ウルトラクイズ
50代 1位 クイズダービー 2位 タイムショック 3位 ぴったしカンカン 4位 アップダウンクイズ 5位 100人に聞きました
60代 1位 連想ゲーム 2位 クイズダービー 3位 ジェスチャー 4位 タイムショック 5位 アップダウンクイズ
 こうやってみると、完全に放送年代順に並んでいますね。ウルトラクイズに関心があるのは今の40代だけなんだな。

 それでは北東北大会です。青森の決勝の9問目。「塩酸と水酸化ナトリウム」で青森が押して「塩化ナトリウム」と答えて正解。問題は「水と何?」でした。まあ、水ができるという方が問題になることはないでしょうが。これで王手です。地理を選択。10問目、サグラダファミリアのある都市を青森が答えて逆転勝利です。あっという間に王手になった八戸3位は、その後全然答えられませんでした。

 次は秋田です。1位の秋田にインタビューします。中1のときから番組を見ていたそうです。大館国際情報学院の女子チームは、応募書類に比内の幸田來未と書いているらしい。
 1問目、コシヒカリを秋田の3位が正解して数学を指定。2問目「六角形の内角の和は」で秋田1位が押します。「720度」と答えて不正解。問題は「三角形の内角の和の何倍?」でした。チームが仲間割れしています。
 3問目はかなり簡単な問題で秋田3位が正解。科学を選びます。4問目、由利が早く押しすぎて答えられません。5問目は秋田3位が正解して王手。数学を選びます。すると鈴木アナが「大館、数学だぞ」と言って、「3倍じゃないぞ、4倍だぞ」。2問目で秋田が不正解だったときに「3倍」と言っている声がマイクに入っていたのです。
 6問目はかなり簡単な問題で秋田1位が正解。地理を選びます。7問目、「国土面積が最も大きいのはロシア」で、明桜が「バチカン市国」と答えて不正解。「では2番目は?」でした。8問目「お茶の生産量が2位の都道府県は?」で秋田1位が押して不正解。いきなり難しくなりました。
 9問目は明桜が正解。10問目、「1999年にポルトガルから中国に返還」で大館が押します。「台湾」で不正解。鈴木「勇気を持って1回押してみた。堂々の1回休み」。

 この後、太りすぎでビブスが着られない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

第4回エコ甲関東大会(その3)

 エコノミクス甲子園の勉強法についてコメントがついたので答えます。基本的な経済学の概念についてはほぼ、高校までで習うことだと思うので、政治経済の参考書でいいのではないでしょうか。時々、聞いたことのないことが出るので、大学ぐらいの範囲も入っているのかもしれませんが、そこまでカバーしなくても勝てるでしょう。むしろ経済学そのものについては出題のネタが限られるので、ニュースから問題を作る傾向が強まっていると思います。そっちを重点的にやった方がいいのではないでしょうか。あと、NHKの「出社が楽しい経済学」で初めて知ったことが、意外に出題されています。あれって本にもなってますし漫画にもなってます。ちなみに、金融知力普及協会から出場者に送られるテキストですが、以前、あれから問題を作ろうとしてみたら、かなり苦労しました。だから出ないと思います。

 それではエコノミクス甲子園です。関東大会の早押しクイズAグループの4問目。かなり簡単な問題で立教池袋が正解します。簡単な問題はいずれもここが取ります。5問目、二択で松本深志が正解。6問目「地球サミットが開かれたブラジルの都市で」まで読んでいるのに立教が押して「京都議定書」。
 7問目、前回の不況のころに長期間行われていた、日銀が公定歩合を限りなく低くする政策について、東洋が押します。そして自信がなさそうに「ゼロ金利じゃないんですか」。このチームは、ゼロ金利政策が通称で、他に正式名称があると思っていたのです。隣のチームに聞いたりします。
 8問目、麻布が早く押しすぎます。「関税」しか言わずに不正解ですが、最後まで聞けば関税自主権だとわかりました。9問目、立教池袋が簡単な問題に正解して勝ち抜け。10問目は東洋が正解してここも決勝進出です。松本深志が「もうちょっと勝負押ししとけばよかったな」。ここでラルフなら「専門用語やめてください」と言うところです。

 続いてBグループ。1問目は松本深志が正解。2問目、「双子の赤字」が聞こえたところで開成が勝負押しして、財政赤字を正解。3問目を開成が連取します。4問目も開成が取って、一気に勝ち抜け。
 女性司会者は、参加者席の後ろに立って司会をしています。まったく答えられない福島のメンバーが「ボタンが遠い」。5問目は立川が正解。6問目、正解は男女共同参画社会基本法ですが、松本深志の答えに対して問題を読む人が「惜しいのでもう一度お願いします」。
 7問目、福島が正解します。「ボタンが遠くなかった」と言う司会者に対して「僕じゃないので」。8問目を松本深志が正解して決勝進出が決まりました。

 この後、そこでふざけてどうする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月10日 (木)

29回北東北大会(その7)

 毎日新聞の夕刊(東京・中部・西部)に、「今年の漢字」を宮崎美子と予想するという企画が載っています。宮崎は番組の企画で11月に漢字検定1級を受検して、結果を待っているそうです。これって「Qさま!!」の放送予定をバラしてしまっているではないか。

 それでは北東北大会です。ペーパークイズの結果発表、岩手の4列目はファンファーレ。雫石がピンポンです。スポーツ。この後2チームブーで、盛岡第一がピンポン。文学です。もう1チームはブー。
 まだジャンルは残っています。5列目の4チームがブー。これで最後の6列目のファンファーレが確定です。最後の2列が残っている段階で、前の列がブーで後ろのファンファーレが確定するという演出はほとんどありません。実に四国以来です。最初の不来方がピンポンで終了しました。地理です。

 ついにこの地区も移動せず、決勝は舞台上でやることがわかりました。これではどの予選も景色が同じではないか。まずは青森です。6チーム中3チームが八戸工大二です。1位の青森にインタビューするとサングラスを取ります。一昨年は1問目、昨年は準決勝で敗れたそうです。続い八戸工大の2位。このメンバーは会場でナンパしていたら、いい感じのところで別のメンバーが呼びに来て失敗したとのことです。そして弘前の女子チームに「メイク大丈夫?」と聞くと「すっぴんです」。

 1問目、星座の問題で青森が正解して地理を選択。2問目は県庁所在地です。今年の決勝で出る問題としては異例の簡単さです。八戸工大の数学王が正解して数学を選択。3問目は「11の2乗は?」。八戸工大の3位が正解して歴史を選びます。4問目を八戸3位が連取して王手。今度は文学を指定。
 5問目は文法の問題で、八戸工大の数学王が間違えます。6問目、英語のことわざで、青森が正解して歴史を指定。7問目、歴史といっても戦後政治の話で八戸の2位が正解。科学を選びます。8問目、「太陽系の惑星でMで始まるのは」で八戸工大の2位が押して「マーキュリー」でブー。問題は「マーキュリーと何?」でした。
 この後、不正解で仲間割れ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

第4回エコ甲関東大会(その2)

 今週から高専ロボコンの予選の番組が始まっています。昨年までに比べて大幅に放送時間が早まっていて、さらに毎回、神田アナの案内がついています。しかし高専ロボコンは、予選の段階を見ると大半が、ロボットがまともに動かないどうしようもない対戦だということがわかります。これを見せられる一方で、全国大会で各チームのマシンが改良されて素晴らしいパフォーマンスを発揮するのに、こちらはここ数年の番組ではスタジオトークばかりで肝心の対戦をろくに見せないというおかしなつくりになっています。全国大会になると東大礼賛だけのまったく別番組になる、高校生のクイズ大会と似ています。

 それではエコノミクス甲子園です。関東大会第1ラウンドの8問目は貸金業法の問題で、1チーム勝ち抜け。このあたりで、参加チーム数が22であることがわかりました。9問目、「次のうち証券取引所がない都市は?」で、一気に7チームが5ポイントになります。同点決勝でこの中から3チームだけ残れます。松本深志の負けたチームに、すごいあごひげを生やしている人がいます。あれでよく、高校に通うのが認められるな。
 同点決勝の1問目、比較的簡単な教科書問題で3チーム失格。2問目、ここでりそな銀行の問題が出ます。これで3チーム決定。開成の昨年代表が負けました。

 改めて出場チームを見ると、1人欠席して1人で答えているチームがいます。このチームは参加はできますが全国大会に出る権利はありません。昨年、主催者の目が届かないある地区で、1人のチームを代表にしてしまいましたが。立川はこの大会に間に合うようにクイズ研を立ち上げて即刻応募したそうです。松本深志のヒゲの人が、「来月、白く染めてサンタさんの真似をしてください」と言われています。

 第2ラウンドの早押しです。3ポイント先取ですが、ここでは20問限定と事前に言っています。誤答の2問休みを表示するのに、チームの2人がマスクをして、1問ごとに1つずつはずします。司会者が「自分のマスク間違えない方がいいですよ。このご時世なんでね」。
 Aグループの5チーム。1問目は銀行の基本に関する問題で、福島の混成チームが正解します。2問目はかなり簡単な問題で立教池袋が正解。3問目は東洋が取ります。このチームはアクアビットというのですが、司会者に由来を聞かれて「ここでは言えません。ググってみればわかります」。
 この後、そこでそういう用語が。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月 8日 (火)

29回北東北大会(その6)

 今夜の「カンブリア宮殿」は、りそなホールディングスの会長でした。りそなが17時まで営業してるとか、振り込みの特殊な機械で待たせないとかカウンターの行員が立っているとかいう話の他に、大企業との株式持ち合いを解消するという英断についてやっていました。デメリットはあっても何のメリットがあるのか私には思いつかなかったのですが、これによりリーマンショックの影響を受けずに昨年も黒字経営だったそうです。エコノミクス甲子園関西大会の会場に大阪のおばちゃんを集めるイベントの映像も流れていました。この会長が以前はどこの企業にいたかという問題はエコノミクス甲子園で毎回必ず出ると思うので、関西大会や来年の関東大会に出る人は覚えておくように。

 それでは北東北大会です。14時過ぎからペーパークイズの結果発表です。青森の1列目5チーム、ファンファーレ。弘前の女子がピンポン。漢字です。八戸工大第二がピンポン。3位&文学。次の八戸工大第二もピンポン。数学。その次の八戸工大第二もピンポン。2位。青森もピンポン。このチームは昨年も決勝進出したそうです。1位&地理&歴史&科学。まだジャンルが残っているので、2列目4チームのファンファーレは確定です。2チーム連続でブーの後、六戸がピンポン。スポーツです。

 秋田は7チームしかいません。1列目4チームがファンファーレ。大館国際情報学院の女子がピンポン。文学です。次の明桜がピンポン。2位&地理&スポーツ。次がブーで、その次の秋田がピンポン。1位&数学&漢字。2列目3チームはファンファーレが確定です。最初のチームがブーの後、秋田がピンポン。3位&歴史。
 ジャンルが1つ残っていて、残りチームも1つしかありません。鈴木アナが「科学は由利高校」と言います。ゲートに乗る前のチームの合格を言うのは史上初です。

 岩手は1列目が女子5チーム。このパターンのときは必ずブーです。最も参加者の多い県だけでできる演出です。2列目はファンファーレ。2チームブーで、盛岡第一がピンポン。1位&漢字&歴史。○×の前に大声をやったチームがブー。最後の盛岡第一がピンポン。2位&数学。
 3列目はファンファーレ。盛岡第三が科学でピンポン。そこから3チーム連続ブーで、最後の盛岡第一がピンポン。3位です。結局勝つのは盛岡第○だけか。この後、久しぶりの事態に。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年12月 7日 (月)

第4回エコ甲関東大会(その1)

 静岡に行きました。りそな銀行の静岡支店に掲示が出ていました。来年3月に浜松支店に統合されて廃止されるそうです。りそな銀行がそのようなリストラをするということは、エコノミクス甲子園の埼玉大会も関東大会に統合されるということはないのだろうか。

 それではエコノミクス甲子園関東大会です。11月14日土曜日の開催です。東京・大阪で土曜日に行われる場合は、私立の進学校に配慮して、14時スタートになります。
 しかし私はこの日、14時ごろまで勤務でした。いろいろトラブルもあったのですが、13時40分ごろに無理やり切り上げました。それでも大手町のりそな銀行に着いたのは14時10分ごろです。エコノミクス甲子園のときはいつも正面の入口が開いているはずですが、通用口からしか入れません。警備員によると、14時のスタートとともに正面の受付は閉めたそうです。それで、入るのに苦労します。どういう関係者かと聞かれます。「過去の大会の報告書には『クイズアドバイザー』という肩書で載ってるんですが」。警備員がいろいろなところに電話しますが、人がいなくてつながりません。この間にもどんどん時間がたっていきます。会場に直接電話して「入館バッジを渡しますか」。そしたらりそなの行員が降りてきて連れて行くと言っているそうです。これまたなかなか出てきません。
 14時20分ごろに行員が来て私が館内に入るところで、別の来訪者が現れて、この人は通用口で止まることなく入ることができました。私の成果を横取りされた感じです。この人は千葉興業銀行の社員らしいということがわかりました。千葉大会の司会者のようです。

 会場に着いたら、前進三択の4問目をやっています。ここまで答えが全然分かれていなくて差がついていないらしい。全体を見回すと、関東以外に松本深志と福島が何チームもいます。5問目終了時に5チームがリーチと言っています。全問正解がいないのか。1問目が誰も答えられないりそな問題だったらしい。
 この会場は後方にも大画面があって問題が映っています。各チームは学校名のプレートを掲げながら、正解するごとに客席の方に進んでいきます。司会は埼玉と同じ2人です。6問目で開成が勝ち抜けました。7問目で5チーム勝ち抜け。開成の昨年代表がまだ勝ち抜けられません。
 この後、あれでよく高校生をやってられるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

29回北東北大会(その5)

 昨夜の「SmaSTATION」は、今年のヒット商品についてでした。途中でVTRが止まってクイズが出ます。「このノートがB5判より少し大きいのはなぜ?」。それって3日前の「クイズ雑学王」で出ていた問題ではないか。ゲストの劇団ひとりが簡単に正解します。その雑学王で解答者だったのですから。

 それでは北東北大会です。敗者復活戦は1問ごとに蔦アナがいろいろしゃべります。6問終わった時点で、勝ち抜けたのは1チームだけです。4ポイントも2チームしかいません。7問目、「長澤まさみの父親が初代監督だったJリーグのチームは?」。今年の出題傾向からは極めて異例の問題です。ここまで11の予選で、全国大会で頭のいいところを見せつけられるチームはおおむねそろったということかな。この問題で福岡高校が勝ち抜けます。蔦アナが「岩手県二戸市の」とフォローします。一般の人には岩手に福岡があることがわかりませんからね。
 8問目、クラシックの作曲家に関する問題。選択肢がダジャレです。1チーム勝ち抜け。さっきTシャツが当たったチームです。まだ0ポイントが1チームいます。9問目、文学に関する問題で2チーム勝ち抜け。最後列がついに正解します。すると「これをもって終了となります」。敗者復活で勝ったのは5チームだけです。「まだ残っていてほしいんですが、どうしても帰らなければいけない人のために」と言って、臨時バスの時刻を紹介します。

 高校生に「ガツンと、みかん」を食べさせてから準決勝。12時40分ごろ始まります。私もガツンと、みかんをもらいます。13時30分ごろから抽選会です。蔦アナが「古舘アナウンサーはメークが半分以上はげ落ちています。古舘さんのすっぴんを見たい人はこっちへ」。テレビ岩手のキャラクターのエコバッグを出す際、日本テレビ系は全国どこでもデジタル4チャンネルで見られるようになると言っていますが、読売テレビは違うぞ。スタッフTシャツが当たった大館は、去年は決勝に出てお湯を浴びたのでスタッフTシャツをもらって、2年連続入手だそうです。
 最後に、鳥居みゆきからのプレゼントがあると言います。音楽がかかって鳥居が出てきます。まだ帰っていなかったのか。サイン入りTシャツと言っていますが、何かサインでないものを描いたらしい。そして昨日出た鳥居の小説です。抽選して該当者がいたのに「あー、いなかった。もう1回」。そして「本当に帰るよ、バイバイ」と言って去ります。
 最後にラルフサイン入りTシャツですが、本人は出てきません。蔦アナが「本当は僕が欲しい」。

 この後、結果発表で初のことが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

第4回エコ甲奈良大会(その8)

 NHKの午前11時台の情報番組は、地域によって11時5分からのところと11時30分からのところがあります。短い地域では、木曜日に「熱中時間」の15分版を再放送しています。ところが、Infoseekの番組表でこの番組を見ると、毎回、出演者名が「中川家礼二」となっているのです。約3年前の1回目のゲストが中川家礼二でしたが、東京で放送されていないので誰も気づかないままずっと更新せず同じものを回しているということです。

 それではエコノミクス甲子園です。奈良大会は優勝チームが決まりましたが、まだ決勝戦が続いています。38問目、年金の問題で東大寺学園2位が不正解。39問目、日経平均についての問題で、奈良学園が早押しで初の正解です。奈良学園が決勝にいたことを忘れていました。
 40問目、昨年出た問題で畝傍が正解。出題範囲が経済に限られるので、特に教科書のような知識は過去問が出るのは必然です。これで畝傍が9ポイントになりました。しかし41問目は時事問題で畝傍が不正解です。優勝が決まっていても2問休みはあります。
 42問目は東大寺2位、43問目は奈良学園が正解。どちらも非常に基本的な言葉の意味が問題文でした。44問目、硬貨の問題で東大寺2位も9ポイントに。45問目はスルー。そして46問目、「プラザ合意」といういかにもクイズ研が押さえておくべき問題で、東大寺2位が正解。逆転で準優勝です。
 47問目、畝傍が正解して10ポイント。これで3位も決定しました。1、2位は南都銀行から表彰されますが3位は金融知力普及協会です。予定通り15時ごろに終わります。

 準優勝チームに「感想をききましょう」。「全国行きたかったです。2枠ないんですか」。そういえば、前回優勝チームが出た地区は全国大会出場枠が2つになるというのはどうなった。東大寺学園が優勝したのに奈良大会が2枠にならないのなら関西大会が2枠になるかというと、なりません。あの制度はなかったことにしてごまかそうとしているのです。昨年、東京が2枠になったのは、いろいろ政治的なものがあったらしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

29回北東北大会(その4)

 TBSで平日の朝に、「オレたち!クイズMAN」が連日再放送されています。今週だけでなく来週の放送の予告もあります。今週は漢字クイズで来週は「JIN」クイズだって。なんとか視聴率を上げようと、すべてをつぎこんでいる感じで、重体患者の延命措置に見えます。それこそJINに助けてもらいたい。

 それでは北東北大会です。鳥居みゆきが戻ってきて「困っただろ」。鳥居が「(負けてすぐ)家に帰っても農作業ぐらいしかすることないんだから、秋田あたりの人は」。鈴木アナが、敗者復活をやると勝者にとっては敵が増えて困ると言うと、「じゃあやめましょう。私はどっちでもいいですよ」。鈴木アナが本当に進行に困っています。
 とにかく、敗者復活のためにゲームをやることにするのですが、鈴木「できなければ鳥居さんに水着になってもらいます」。「もう、なってますよ」。鳥居が、松藤がどうとか、ラルフの家の前の中華料理屋とか、2人にしかわからない話をします。北東北は高校サッカーの強いところだとして、鈴木アナがリフティングを見せます。すると鳥居が「結局、何をやりたいんですか。口がついてるんだからちゃんと言いなさいよ」。
 で、やるのは、サッカーボールのデザインのヘルメットをかぶってピコハンジャンケンです。3本勝負で2本先取というのですが、鳥居がジャンケンとか関係なくとにかくたたきまくります。鈴木「こんなに翻弄されるの初めてだ。NEWS ZEROではこんなことないからな。でも、はまってきた」。

 敗者復活戦に出るのは30チームぐらいしかいません。古舘アナと蔦アナが司会です。「準決勝進出決定組、木陰で休んでる場合ではないぞ。いつか君たちを打ち負かすチームがここから現れるかもしれない」。
 1問目、勉強ではなく雑学問題です。2問目もクイズ番組の定番問題。こんな三択で、2問続けて前振りがあるのが珍しい。3問目、赤穂四十七士の問題。この地区はなぜか学校で習う問題が出ません。ここまでで全問正解は2チームしかいません。
 4問目、言葉の意味の問題。これで全問正解がいなくなります。5問目は鉄道の雑学。今回は1問ごとの正解チームが少ない。現在、4ポイントが2チームです。6問目は「火星の夕焼けは何色?」。本当にこの地区だけ、教科書問題が出ません。
 この後、古舘アナのすっぴん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

第4回エコ甲奈良大会(その7)

 先日、盛岡で高校生のクイズイベントに行ったことを書きましたが、そのときに書店で見つけたのがこの本です。

 DQNという言葉の説明がありました。2ちゃんねるなどを読んでいると、どうやら頭がおかしいといった意味で使われているのではないかと思いますが、その語源がテレビ朝日の「目撃!ドキュン」だということを初めて知りました。これだけでもこの本を買った価値がありました。

 それではエコノミクス甲子園です。奈良大会決勝の17問目、東大寺学園2位がまた不正解です。18問目は教科書問題で東大寺1位が正解。ここで2問続けてスルー。リバースモーゲージとか1人ぐらい知ってそうだけど。21問目、時事問題で東大寺1位がついにマッチポイントになります。ここで司会者が盛り上げている最中に奈良学園がボタンを押します。

 22問目、この期に及んで二択が出ます。畝傍が正解。23問目、「税調は何の略?」で東大寺2位が押します。「税制調査会議」。司会者が「もう1回」。「税制調査委員会」「もう1回」「税制調査委員」。結局ブー。
 24問目、かなり簡単な問題にもかかわらずスルー。25問目は聞いたことのない問題でスルー。26問目、田中角栄が提唱したのを畝傍が「国土改造論」。また司会者が「もう1回」。結局不正解です。
 27問目、ついに東大寺1位が押します。しかし答えられません。マッチポイントになってからこれだけ時間がかかるとは。28問目は東大寺2位が正解。29問目は畝傍が取ります。そして30問目も畝傍が正解して7ポイントです。追いついてきました。
 31問目はスルー。32問目、三面等価について、東大寺1位が異常に早く押します。こういう、いかにもクイズ番組的な問題には早いんだな。これで全国大会進出が決定しました。

 しかしすでに書いた通り、この地区はあと2チームが10ポイントになるまでクイズを続けます。ただし残り16問しか出さないそうです。
 33問目は二択で畝傍が正解。34問目は教科書問題で東大寺2位が取ります。35問目、日本史の問題を畝傍が不正解。36問目は時事問題で東大寺2位が正解。37問目、「冷蔵庫、洗濯機」で東大寺2位が押します。「三種の神器」と答えると司会者が「もう1回考えてみようよ」。すると東大寺2位は「白物家電」と言います。これで正解。司会者が「審判長にお礼言っとこう」。もう優勝は決まっているので何でもありです。
 この後、あれは気づかれないように廃止。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

29回北東北大会(その3)

 私はウィキペディアを何千回と編集していますが、マニアが常駐している項目がいくつもあります。「世界一周双六ゲーム」とか「マジカル頭脳パワー!!」とか、現在でも毎日のように更新され続けていて、いったい何を書くことがあるんだと思います。一方、「クイズ雑学王」は最近、更新する人がまったくいなくなって、ここ数カ月のクイズのルールがわかりません。だれか書いてやってくれ。

 それでは北東北大会です。古舘アナが理想の旦那を叫びます。「若い男の方がいい。若い男性の方が好きなんで誰か紹介してもらえますか」。結局「10」で止まります。これについて「大丈夫。デモンストレーションだから」。そして「今日来ている高校生も私に対して(結婚の)チャンスがあります」。
 女子チームが呼ばれます。叫ぶお題は「今一番欲しいもの」です。「この前、めちゃくちゃイケメンの彼氏にふられたので、それに代わる彼氏が欲しい」。3人がそれぞれ欲しい理由をつけて叫びます。「部屋が狭いから広い部屋が欲しい」「バスケットボールで県大会への切符が欲しい」。予定通り最終的に「2」で止まります。最初に叫んだ人は、先月の終わりに「別れよう」と言われたそうです。「まだ好きだよ-!」と叫びます。さらに「お金が欲しい」と言ったことについて、「お金があればイケメンの彼氏を買う」。

 それでは第1問です。宇宙飛行士に関する問題です。北九州でも出ましたが、ご当地ネタがないときの第1問として宇宙ものはよく使われます。制限時間が短くて、移動中に鈴木アナが何もしゃべりません。
 一方の答えが3チームしかいません。「こちらが正解ならば、準決勝進出どころか県代表の可能性もあります」。だから、今年のルールは、○×でいくら人数が絞られても勝者決定にはまったく関係ないんだってば。正解発表は紙テープを打ち出す方式です。結局、多い方が正解です。今年の予選はほとんどの地区で第1問の答えがあちらですが、北陸から2回連続して反対の答えになりました。3チームしか間違えなかったので敗者復活の要求ができません。このままでは3チームが帰ってしまうので、スタッフが追いかけます。

 2問目は高校生問題です。作ったのは秋田高で、いかにも教科書という感じですが、非常にいい問題です。これは高校生が作ったとわかっているからあちらの答えだろうと思いますが、そうでなければ迷います。○×が半々に分かれます。
 正解が出たところで、「ちょっとーっ、ちょっと待てーっ」と鳥居みゆきが出てきます。「ちょっと、ウルフさん」と言ってから完全に棒読みで「皆さんに敗者復活させてくださいよ」。鈴木アナが「高校生クイズの収録なんで、ちょっと退出してください」。すると鳥居は「わかりました」と言って本当に退出します。進行が狂って鈴木アナが困っています。この後、さらに困ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

第4回エコ甲奈良大会(その6)

 内藤と亀田のボクシングについて思ったこと。この日だけ40%とかの視聴率を取っても、普段のこの枠が5%程度ではどうしようもない。しかも前の週の「オレたち!クイズMAN」はもう少しで2桁というところまでいって、ついに低迷を脱するかと思ったのに、このボクシングによってまた視聴習慣が途切れてしまいます。

 それではエコノミクス甲子園です。奈良大会の決勝。ボードクイズの1問目は歴史の教科書そのものの問題です。ただ、最近の新たな発見なので注意が必要です。東大寺学園は全員が正解。あとの2チームは1人ずつ正解しています。ところが2問目、「G8に入ってG7に入らない国は?」で、東大寺の総合2位は2人がそれぞれ中国とドイツと答えます。こんな基本的な問題に答えられないのか! 一方の東大寺総合1位は2人とも正解。あとの2チームは1人ずつ正解です。
 3問目、南都銀行が作った問題です。さっきの割り箸の袋に書いてあった情報です。これは盲点でした。正解は畝傍の1人だけ。この時点でトップは東大寺の総合1位で4ポイント、2位は畝傍の3ポイントです。

 ここから早押しです。4問目、経団連会長に関する問題で東大寺1位が正解。5問目、ブランドに関する問題で東大寺2位が間違えます。東大寺には埼玉大会を見に来ていたメンバーがいます。そこで出た問題と同じだと思ったのではないか。どうやら埼玉大会には、他にも各地区から高校生が偵察に来ていたらしい。
 6問目はスルー。7問目、携帯電話の問題で畝傍が正解します。8問目は学問に関する私はまったく聞いたことのない言葉でしたが、東大寺2位が正解。9問目、「東証アローズで」で東大寺1位が押します。「黄色」と答えて反応がないと「赤」と言い直します。そしてブー。問題は「赤は株価が上がっているか下がっているか」というものでした。
 10問目、学問用語でスルー。11問目、東大寺2位が「プライスリーダー」と答えて不正解。「ですが」で続きがありました。司会者が「東大寺、早押し難しいな」。
 12問目は時事で東大寺1位が正解。その後3問連続でスルーになります。13問目も14問目も難しくないと思うんだけど。16問目、東大寺1位が正解します。ただ、その問題文だと「100キロ以上」ではなくて「101キロ以上」が正しい答えだと思うが。
 この後まだまだ先は長い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »