« 第4回エコ甲奈良大会(その4) | トップページ | 第4回エコ甲奈良大会(その5) »

2009年11月28日 (土)

29回北東北大会(その1)

 クイズマジックアカデミー6をやっていて気づいたのですが、カスタマイズアイテムの「あいさつコメント」で、「高校生クイズ」という単語が買えるんですね。しかもその単語だけ無料(0マジカ)です。これって、高校生クイズとのコラボで、キャラクターの登場時に「高校生クイズ」と言ってもらって宣伝につなげようということだったのでしょうか。あいさつで「高校生クイズ優勝」と言おうかな。

 それでは8月6日の北東北大会です。現在の高校生クイズでは予選の決勝で会場を移動することがどんどん減っていますが、広島と岩手の予選は、運大王のある17・18回を除いて移動しなかったことが一度もありません。しかしあれだけ移動していた北陸大会が、ついに移動しませんでした。この地区は果たしてどうでしょうか。
 会場は昨年に続き盛岡中央公園。10時20分ごろに着いたらすでに前説をやっています。大半のチームが抽選会に使う参加証を携帯していません。前説で抽選をやるというのは、参加証を持たせるのに有効です。
 テレビ岩手の専務取締役があいさつします。甲子園では体力を競うがこちらは知力と体力の両方を競うと言っています。福岡放送の人は、体力を徹底的に排除して知力だけで争うと言っていたはずだが。そして「8月6日なので平和とライオンさんに感謝して」と言って終わります。ライオンの東北エリア統括の人が開会宣言します。

 10時半過ぎに、鳥居みゆきがカッパの頭をかぶって登場します。蔦アナが「鳥居さん、かわいいって」と言うと「うるせー」。カッパについて、「これはいつも私が持ってるぬいぐるみです」。ちなみに鳥居は秋田出身だそうです。
 ここで表彰されるのは六戸。先ほど抽選会でTシャツが当たっていたチームがいます。しかし6チームしかいません。最多でも1つの学校で6チームだけなのか。鳥居が表彰状を読み上げます。「眠らない街、新宿歌舞伎町。この街にはあらゆる欲望が渦巻いている」。本来の文を読まずに完全にボケているのです。引率してきたイケメン教師を呼びます。

 鳥居は高校時代について「汗を流しましたよ。ワープロ部で。ハロウィンのありもしない招待状を作ったり」。高校生クイズを見たかと聞かれると「うちにテレビない」。お笑いを始めてどのくらいと言うと「まだ始めてない」。無理にアナウンサーとかみ合わないようにしゃべっているのです。「私は高校生のとき、コバルト文庫ばっかり」。
 この後早くも、鳥居ネタ全開のライブです。

|

« 第4回エコ甲奈良大会(その4) | トップページ | 第4回エコ甲奈良大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/46878537

この記事へのトラックバック一覧です: 29回北東北大会(その1):

« 第4回エコ甲奈良大会(その4) | トップページ | 第4回エコ甲奈良大会(その5) »