« 29回北陸大会(その2) | トップページ | 29回北陸大会(その3) »

2009年11月10日 (火)

第4回エコ甲埼玉大会(その4)

 当ブログ、後で読み返して間違いに気づいてこっそり直すことがよくあります。関東大会の最後で、東の雲を東の空と読み間違えた問題を読み直さなかったと書きましたが、改めて自分の文章を見たら「青い空」と書いているではないか! どこからそんな言葉が出てくるんだ。

 それではエコノミクス甲子園です。埼玉大会の同点決勝。浦和と川越東の対決です。4問目、狭山市で1号店ができたコンビニです。これは設立の経緯と、他の選択肢は別の都市であることがわかるので簡単です。両チーム正解します。5問目、国の問題。両方とも不正解です。6問目は株式投資に関する問題ですが、選択肢が簡単すぎます。両方正解します。7問目、ICカードの問題ですが、選択肢が単なるダジャレなのでこれも簡単。両方正解します。8問目、来年、米本土に1号店ができるチェーン店。ついに答えが分かれて、浦和のランドルト環が勝ちました。

 司会者が「楽しかった人」と言うと、ほとんど手を挙げません。テレビ埼玉とケーブルテレビが収録しています。第2ラウンドは早押しクイズです。10チームを2グループに分けます。3ポイント先取で、2チームずつが決勝に進みます。不正解は2問休み。20問で決着がつかないとその時点で終了です。
 Aグループは越谷総合が2チームと、岩槻商と早大本庄と浦和です。1問目、越谷が「ニート」と答えて不正解。普通のクイズ番組ならそれが答えになるでしょうが、もっとお役所的な問題です。2問目は本庄がビル・ゲイツを正解。3問目、「ファミリーマートはfamiポート」で浦和が正解します。4問目、4つあるものの3つ目が出た瞬間に浦和がボタンを押して答えるという、典型的なクイズ研押しです。
 5問目は本庄が正解。6問目、2択を浦和が間違えます。選択問題に弱いのもクイズ研です。7問目、いかにも金融関係の問題で、本庄が正解して勝ち抜けました。
 8問目、ブランド店に関する問題です。予想通り越谷の女子チームが正解します。エコ甲でも女子問題があるのか。9問目、社会の授業で習うことそのものの問題で、浦和が抜けました。
 この後、そんなのが問題になるのか。

|

« 29回北陸大会(その2) | トップページ | 29回北陸大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/46721823

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回エコ甲埼玉大会(その4):

« 29回北陸大会(その2) | トップページ | 29回北陸大会(その3) »