« 29回北陸大会(その6) | トップページ | 29回北陸大会(その7) »

2009年11月19日 (木)

第4回エコ甲埼玉大会(その8)

 7月に次のようなことを書きました。

----(ここから)----

 特殊法人の実施する試験を受けようと思い立って、願書を入手するのに、その法人のホームページからPDFでダウンロードできます。しかし私は、直接その法人に行って、願書を取ってくることにしました。ビルの5階にありますが、廊下に大量の願書が積んであります。これで用事は済んだのですが、中に入ってみました。事務をやっているのはもっと奥の部屋なので、誰もいません。代わりに全国のパンフレットのたぐいがたくさん置いてあります。その中に「街道てくてく旅 山陽道」の冊子がありました。

----(ここまで)----

 国内旅行業務取扱管理者試験に合格しました。日本地理と交通機関の運賃計算などは勉強しなくても、全国を移動することで完璧なので、かなり楽でした。うっとうしいのは法律関係ですが、「これは間違いの選択肢が作れなかったからこういう出題形式になってるんだな」などとクイズ的に考えてしまいました。

 それではエコノミクス甲子園です。埼玉大会決勝の5問目。日銀についての問題ですが、私はそんなものがあることを一度も聞いたことがありません。しかし越谷総合技術と川越東の一方が名称を知っています。他はパスです。6問目、正解が「オバマジョリティ」ですが、それってクイズの問題にできるほど固まったことか? 全チームパスです。
 7問目も全チームパス。簿記の話をしているのだから、あの単語しかあり得ないと思うが。答えを書いて間違えるチームが現れないのでおもしろくありません。8問目は非常に簡単な答えにしてきましたが、川越東の2チームはパス。他の4チームは正解です。これで浦和の昨年代表がマッチポイントになりました。
 9問目、EPAについて国名を答える問題で、川越東の1チームだけが答えを書きます。しかし不正解。今日初めて、マイナスポイントが出ました。10問目、語源問題です。浦和のランドルトと川越東の1チームが正解。リーチの浦和昨年代表は、問題の意味がわかっていないかのような誤答です。しかし8ポイントなので、まだ1問で勝ち抜けられます。川越東のもう1チームは漢字を間違えていました。
 10問目、分散投資についての格言。私はまったく聞いたことがありませんが、こういう問題を出したいのがエコノミクス甲子園。7ポイントの早大本庄、ランドルトと8ポイントの昨年代表が答えます。3チームとも正解で、浦和の同一チームが2年連続全国大会を決めました。

 りそなの偉い人が総評。銀行員を33年やっていても答えられないと言います。副賞は、金融知力普及協会のテキストと、1万円札のデザインのタオルです。ここで、別の地区から見に来ている高校生に話しかけられました。「ブログを読んでいます。先日は先輩が大変失礼なコメントをつけまして…」。

|

« 29回北陸大会(その6) | トップページ | 29回北陸大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/46794236

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回エコ甲埼玉大会(その8):

« 29回北陸大会(その6) | トップページ | 29回北陸大会(その7) »