« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

29回北東北大会(その2)

 TBSが深夜に放送した番組をかなり遅れて毎日放送が休日の昼間にやるのはよくあることです。この前の土曜日に「クイズ!イマジニア」をやっていました。前回見たとき、レギュラー化できる手応えを感じたと書きましたが、改めて見ると、答えを全部知っているからか、昼間で判断力がしっかりしているからか、それほどには感じませんでした。編成局長も代わって、何がレギュラー化できるでしょうか。

 それでは北東北大会です。10時40分過ぎに愛内里菜が出てきます。愛内が「こんにちは」と言うと同時に鳥居が「さようなら」と言って勝手に舞台を降ります。愛内の歌が終わると舞台に椅子が2つ置かれます。鳥居が戻ってきて、もうライブを始めます。さっさと帰るということでしょうか。
 コントのタイトルを言うのに「シルベスタスタローン」と2回言い間違えて、そのコントをやめる(それ自体がネタ?)とか、用意された椅子をコントで一切使わないとか、とにかく鳥居みゆきの世界です。「私のこと知ってる人」と言うと高校生が全員手を挙げますが、「今、目をつぶってた」。そして「オンエアバトルで見た人いますか」と聞いてから、「オンエアバトル出てません」。さらに、「私ね、ウソですけど岩手出身なんです。47都道府県で46番目ぐらいいくんじゃないか」。「ここでライブをするのが夢でした。かなったのでもう来ません」。
 ミンティアの入れ物に自分のサインをしてプレゼントすると言います。「8月生まれの人。はいおめでとう。私と同じ秋田出身の人。はい、気をつけて帰ってね」。最終的に選んだチームに「名前はありますか。好きな生肉は何ですか。幼少期のトラウマは」。
 最後に、高校生クイズにちなんだコントと言って、高校生クイズと一切関係ない牛丼のネタをやります。11時過ぎに終了します。

 11時5分に鈴木アナが登場します。「1日3回ひげそってます。さっきそったのにもう生えてるみたいな。そんなわけあるか! ヒットエンドラ~ン」。大声のマイクとタワーを出すときに、「今日はタイミングが合わなかった」。それは鳥居の呪縛です。古舘アナを呼びます。「気づけば入社何年目になりましたか」。「3年目です」。もちろんウソです。本当は29歳で結婚していないとバラされます。大声のお題が、「将来の理想の旦那様について叫んでください」。すると古舘アナが「放送で一度も使われたことがないんですけど」。過去にはファーストキスが高校時代に自分の部屋だったことまでしゃべっているのにカットされてますからね。鈴木「今回はスカパー!がありますんで尺は十分あります」。
 この後、高校生の絶叫がおもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

第4回エコ甲奈良大会(その5)

 今発売中の「週刊文春」によると、TBSの今年度の改編が大失敗で、編成局長が異動になっていたそうです。それで改めて平日23時半からの番組を見てみたら、「吉崎金門海峡」と言わなくなっていました。「クイズ時の扉」が終わってからこの枠を1回も見ていなかったので気づきませんでした。どうも10月の段階ではまだ言っていたのに、11月の異動が決まってその名称はなくなったようですね。

 それではエコノミクス甲子園です。奈良大会の予選第2ラウンドDグループは東大寺学園が一瞬で勝ち抜けました。しかしまだ終わっていません。4問目、西大和が正解します。5問目、昭和史の問題で西大和が連取。6問目は畝傍の女子が取って、全チームが得点を挙げました。これで終了です。

 Eグループも3チームです。ここにも東大寺学園がいます。1問目、正解はICOCAですが、畝傍が「Suica」と答えて不正解。なぜSuicaを知っててICOCAを知らない。「普段、近鉄で通ってるから…」。それならなおのこと、近鉄ではICOCAは使えるがSuicaは使えないぞ。
 2問目、東大寺学園が正解します。3問目、歴代の肖像で紙幣を答えるもので、東大寺学園が押します。しかし不正解。2問休みのため、これで東大寺が勝ち抜ける可能性はなくなりました。4問目は畝傍、5問目は奈良学園が取ります。6問目、復帰した東大寺が正解しますが3ポイントには届きません。

 13時20分ごろ終了して休憩です。1階に降りてみたら、受付に自由に取れるマスクがあるのを発見しました。あと、上位チームに渡す、かなり立派な金銀銅のメダルを作っています。13時40分前に再開です。決勝に進出できるのは、筆記の1位チームと筆記+早押しの上位3チームです。今年の高校生クイズ方式ですね。
 筆記+早押しの3位は奈良学園の70点。2位は東大寺学園の80点。1位は東大寺学園の89点です。東大寺学園は2チームしか出ていないので、筆記単独の1位は東大寺学園ではありません。1位は畝傍でした。筆記は85点、早押しとの合計は90点です。筆記では2位の東大寺学園に10点以上の差をつけています。東大寺学園の89点が「まさかここまで来られるとは思っていなかったんでうれしいです」と言うと、会場に変な笑いが起こります。実際は会場の全員が、このチームがここまで来ると思っていたわけで。

 決勝のルールです。最初の3問はボードクイズの個人戦。1人1点です。そして以後は早押しで、合計10ポイント取れば優勝です。なおこの地区は、3位までを決めるため、優勝チームが出ても、3チームが10ポイントに達するまで早押しを続けます。
 この後、そこから出題されるとは気づかなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

29回北東北大会(その1)

 クイズマジックアカデミー6をやっていて気づいたのですが、カスタマイズアイテムの「あいさつコメント」で、「高校生クイズ」という単語が買えるんですね。しかもその単語だけ無料(0マジカ)です。これって、高校生クイズとのコラボで、キャラクターの登場時に「高校生クイズ」と言ってもらって宣伝につなげようということだったのでしょうか。あいさつで「高校生クイズ優勝」と言おうかな。

 それでは8月6日の北東北大会です。現在の高校生クイズでは予選の決勝で会場を移動することがどんどん減っていますが、広島と岩手の予選は、運大王のある17・18回を除いて移動しなかったことが一度もありません。しかしあれだけ移動していた北陸大会が、ついに移動しませんでした。この地区は果たしてどうでしょうか。
 会場は昨年に続き盛岡中央公園。10時20分ごろに着いたらすでに前説をやっています。大半のチームが抽選会に使う参加証を携帯していません。前説で抽選をやるというのは、参加証を持たせるのに有効です。
 テレビ岩手の専務取締役があいさつします。甲子園では体力を競うがこちらは知力と体力の両方を競うと言っています。福岡放送の人は、体力を徹底的に排除して知力だけで争うと言っていたはずだが。そして「8月6日なので平和とライオンさんに感謝して」と言って終わります。ライオンの東北エリア統括の人が開会宣言します。

 10時半過ぎに、鳥居みゆきがカッパの頭をかぶって登場します。蔦アナが「鳥居さん、かわいいって」と言うと「うるせー」。カッパについて、「これはいつも私が持ってるぬいぐるみです」。ちなみに鳥居は秋田出身だそうです。
 ここで表彰されるのは六戸。先ほど抽選会でTシャツが当たっていたチームがいます。しかし6チームしかいません。最多でも1つの学校で6チームだけなのか。鳥居が表彰状を読み上げます。「眠らない街、新宿歌舞伎町。この街にはあらゆる欲望が渦巻いている」。本来の文を読まずに完全にボケているのです。引率してきたイケメン教師を呼びます。

 鳥居は高校時代について「汗を流しましたよ。ワープロ部で。ハロウィンのありもしない招待状を作ったり」。高校生クイズを見たかと聞かれると「うちにテレビない」。お笑いを始めてどのくらいと言うと「まだ始めてない」。無理にアナウンサーとかみ合わないようにしゃべっているのです。「私は高校生のとき、コバルト文庫ばっかり」。
 この後早くも、鳥居ネタ全開のライブです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

第4回エコ甲奈良大会(その4)

 今夜の「秘密のケンミンSHOW」で田中義剛が、「アップダウンクイズ」で「人間の体で『へ』のつくところは扁桃腺とどこでしょう」という問題が出て、青森の人が「へなが」と答えて不正解になったという話をしていました。この話は別のクイズ本でも読んだことがありますが、今さら事実なのか都市伝説なのか検証できません。これをウィキペディアに書くと「出典を出せ」と削除する連中が現れるんだろうな。

 それではエコノミクス甲子園です。奈良大会の予選第2ラウンドBグループは全部女子です。1問目、紙幣に関する問題で、これは簡単です。翌日の奈良テレビで女性キャスターが「すぐ正解してしまってごめんなさい」と言っていた問題です。奈良情報商業の一方のチームが正解します。2問目は社会の授業で出てくる用語で畝傍が正解。3問目、かなり最近の歴史に関する問題で、これはスルー。今の高校生ならこれを知る機会はないでしょう。4問目は帝塚山が正解。そして5問目も連取です。すると司会者が「リーチがかかりました」。高校生クイズと違ってリーチと言っていいのか。
 6問目、二択で帝塚山が勝ち抜けます。7問目は時事問題で情報商業が2ポイント。8問目の正解は「デノミ」ですがスルーです。答えを聞いてもまったく知らないようです。これで終了します。

 Cグループ、公立の上位校がそろいます。1問目の正解は「資本」ですがスルー。こんな定義文では答えようがないのではないでしょうか。2問目は携帯電話に関係ある問題で奈良が正解します。3問目は今問題になっている時事で、畝傍の女子がかなり早く押します。4問目はやや難しい用語ですが平城が正解。一方5問目の「ホワイトナイト」を誰も答えられません。少し前にあんなに話題になったのに。
 6問目、語源問題で畝傍の女子が早く押します。ここはクイズ研なのか? そして7問目の時事用語も正解して一気に勝ち抜けました。8問目は二択でしたが奈良のひまじんが不正解。これで終了です。

Dグループは3チームです。東大寺学園がいます。司会者が「いろんなところで活躍してる東大寺」。1問目、東大寺が正解。東大寺にこの問題は簡単すぎます。2問目も東大寺が早く押します。そして3問目で東大寺があっという間に決定です。私の印象としては、東大寺学園がいる対戦にもかかわらず、他のグループより問題が簡単です。
 この後、なぜそれを知っててそれを答えられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

第4回エコ甲奈良大会(その3)

 今発売中の「SPA!」に、「熱闘!テレビ部」という見開きのコーナーがあって、「ホンマでっか!?TV」について語っているのがなぜか、高校生クイズにかかわっている2人の有名クイズ作家です。ホンマでっかは23時台の一般人が知らないところでやるのはもったいない内容だと思います(だからこの前の日曜日の昼に再放送していたのかな)。ただ、両クイズ作家が、この番組での情報が正しいと言っていましたが、出典を示さないとそのまま流すのはまずいのではないかと思う発言も見受けられます(「キャベツはバイアグラ」はその日の昼に小島慶子が同じことを言っていて、そちらでは出典として小泉武夫の本を挙げていた)。そういう意味ではウィキペディアと同じです。

 それではエコノミクス甲子園です。12時半過ぎから、予選第2ラウンドの早押しクイズです。昨年と同様、りそなのかかわらない予選は、全参加者が早押しを体験できるようになっています。
 全チームを4チームまたは3チームに分けての対戦です。4チームの対戦は8問限定、3チームは6問限定です。3ポイント勝ち抜けで、不正解は2問休みです。最終的に、1ポイントにつき5点が筆記の点数に加算されます。トップで勝ち抜けたチームはさらに5点です。

 Aグループ、女子2チーム、男子1チーム、混成1チームです。ボタンを押す音で盛り上がります。出題も奈良テレビに出ている女性です。
 1問目、三択で畝傍の男子チームが不正解。2問目も選択問題ですがスルー。知識というよりニュースを見て考えればわかる問題ですが。3問目、個人向け国債の問題でスルー。このクイズ、企画倒れか?
 4問目、外貨準備高の問題で、今復帰したばかりの畝傍がまた誤答。いまだにどこも得点が入りません。
 しかし5問目、6問目とかなり簡単な時事問題が出て、混成の平城が連取します。7問目は帝塚山、8問目は奈良情報商業が取って、結局、2回不正解の畝傍以外はすべて得点を挙げました。
 この後、それを言っていいのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

29回北陸大会(その10)

 以前、ファンタZEROグレープを仙台駅近くの自動販売機以外で見たことがないと書いて、その後、西金沢駅と敦賀駅で発見したと書きました。先日、エコなんとかという高校生のクイズ大会が盛岡であって、その途中に仙台に寄ったら、例の自販機からファンタZEROグレープが消えていました。別にどうでもいいんですけど。

 それではファンタZEROグレープを売っている北陸の大会です。新潟の決勝の5問目「ジャイアントパンダに出てくる動物」で高田が押します。「猫」と答えて正解。問題は「熊と何?」でした。また漢字を選びます。6問目は新潟の2位が正解。数学です。7問目「サイコロの1の隣の目を全部足すといくつ?」。別の地区では、別の目で問題になっていたような。どの目であろうと正解は同じになりますが。新潟2位が連続正解で王手です。また数学を選びます。
 8問目、高田が正解してここも王手。漢字を指定します。結局、新潟2位が答えて数学を選ぶか高田が答えて漢字を選ぶかだけです。9問目、新潟2位が正解して決定しました。ラルフ「今日ばかりは正面玄関から堂々と入ってもらいたい」。

 15時30分すぎに終了しました。驚異的な早さです。初期の北海道や沖縄ではこういうのもありましたが、司会者登場前にあれだけダラダラとやって、さらに全員参加の敗者復活戦やお笑いライブまであってこの時刻です。この後NEWS ZEROがあることを差し引いても、クイズで代表を選ぶコストを下げているかということがわかります。
 ディレクターが、早押しの解答表示が立ち上がるところのアップの映像を撮らせています。この人は必ずこれをやります。この人は以前は高校生クイズのスタッフとして全国を回っていましたが、いつの間にか故郷のテレビ新潟に入社したようです。今の時代、その方が安心かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月24日 (火)

29回北陸大会(その9)

 「小島慶子 キラ☆キラ」のどこがおもしろいか説明すると、このブログの文章1回分、クイズについて書けなくなるほどの量になるので書きませんが、小島アナの暴言だけを集めた音声が動画サイトに何本もアップされています。ところで本日の放送によると、NHKの「クイズでGO!」の第5弾が放送されるようです。

 それでは北陸大会です。新潟の決勝も4チームです。1位の高田にインタビューします。ラルフ「去年もおととしも代表ではなかったですか。素晴らしい。素晴らしすぎて素晴らしい」。このチームは昨年は、決勝で同じ学校のイケメンに負けたそうです。ラルフ「2年連続決勝に勝ち上がってきたということで3年生ですね」「違います」。
 2位と3位の新潟にインタビュー。この学校は、正面玄関を生徒は利用できないそうです。また男子にだけ制服があります。3位チームのメンバーが、9時集合と言ったのに7時に来ていたそうです。スタッフより前です。残るチームは村上中等教育の女子です。「頭はそれほどでもありません」。高田と新潟に「頑張ってください」。

 1問目、正解はアップリケです。いきなり女子向けか。しかし新潟の2位が「ワッペン」と答えて不正解です。2問目、「EXILEのメンバーは何人?」。高田が正解します。するとラルフアナが「14人の名前を全部言えたら(無条件で)全国です」。ここを聞けば覚えられる? 漢字を選びます。
 3問目、「虎の魚と書けば」で高田が押して「ハゼ」と答えて不正解。問題は「魚へんに虎は?」でした。4問目「矢へんに口」で押して新潟3位が「知る」と答えて不正解。そこまで簡単な問題が出ることはないと思いますが。問題は「金へんに口は?」。なかなか得点が増えません。
 次回こそ完結します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

第4回エコ甲奈良大会(その2)

 毎年恒例の、高専ロボコンを見に行きました。それで初めて知ったのですが、先月、4つの県で、県内に2つある国立高専が統合されました。高校生クイズの全国大会決勝に出た唯一の高専である仙台電波高専もなくなりました。高校生だけでなく学校も減っていったら、ますますクイズも一部高校による寡占化が進むでしょうか。

 それではエコノミクス甲子園です。奈良大会の開会宣言を南都銀行の常務がやります。「南都銀行はCSRに取り組んでいます。これは今日の問題には出ません」。高校生を全員立たせて、ニューヨーク目指して頑張ろうというのをテレビカメラで撮ります。
 参加は9校から19チームです。奈良高のうちの1チームがインフルエンザで学級閉鎖のため欠席です。どこの地区にもインフルエンザ欠席がいますね。奈良の「ひまじん」というチームに「今日も暇で来たんですか」と聞きます。

 この地区の第1ラウンドは筆記です。今回、りそな銀行がかかわっている予選とかかわっていない予選でルールが2種類あります。したがって今後、関東大会と関西大会だけ前進三択になるはずです。いつものように四択が50問。30分で解答します。正答が2点、無回答が0点、誤答がマイナス1点です。開始、終了時にチャイムが鳴ります。11時にスタート。毎回、大きく狂っていた大画面の残り時間表示ですが、今回はきっちり30分になっています。

 続いて昼休みで弁当が出ます。引率者の分もあって、私にもくれます。なぜか、箸が3膳もついています。実はこの箸、南都銀行の宣伝用のグッズでした。吉野杉の間伐材で作っているそうです。これが南都のCSRの一環です。これについて食事前に講釈があります。外国の木材から割り箸を作ったら環境破壊だが、森林を維持するためには間伐が必要で、そこに費用を振り向けることをアピールするのにこの箸は有効であるということです。

 昼食時だけ天窓が開いて外の光が入ります。大画面には筆記の解答が出ます。「JRの上級車両は? レッド車 ブルー車 グリーン車 イエロー車」なんていう、とんでもなく簡単な問題も出ていることがわかりました。他の予選で使うかどうか知りませんが、まさかこの問題を事前に知らないから答えられなくて不利になるチームがいるとは思えないので、敢えて書きました。今回はものすごく簡単な問題から難しい問題まで、非常に幅が広くなっています。また、センター試験の国語みたいな、選択肢が長い文章になっている問題は影を潜めています。昨年は英語で答える問題がありましたが、そんなのもありません。
 この後、組み合わせ抽選とチーム写真の撮影があって、第2ラウンドの早押しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

29回北陸大会(その8)

 3月に次のようなことを書きました。

----(ここから)----

 今週の「笑ってコラえて!」には、「日本列島検定試験の旅」がありました。このコーナーはまだ2回しかやっていないと思いますが、今回は日商簿記検定で全国1位になった人を取材するというものでした。1級に満点で合格した人が、過去数年の15万人の受験者の中で3人だけいるそうです。その中の1人のところに行くのですが、出てきたのがものすごい美人。(中略)そしてVTR後、この人がスタジオに来ます。実際の会社の決算報告書を読んで、いかに財務状況を把握するかという、19時台のバラエティ番組にまったくそぐわない難しい講義をやります。これって明らかに、この美人を長く映すことだけが目的です。そのうちどこかがクイズ番組あたりで起用するのではないか。

----(ここまで)----

 本日、日本テレビでは、検定試験の旅だけの総集編をやっていました。テレビ欄には「美女揃い」。そして当然、トリがこの人です。当ブログのアクセス解析を見ると早速、この人のことを検索してたどり着いた形跡がありました。
 今思い出しましたが、「サザエさん」では定期的に「美人にゃ弱い」というタイトルの作品が作られます。オチはいつも、ノリスケが道ばたで「すっごい美人」と叫ぶと、寝たきりのおじいさんが窓のところに行こうとするというものです。

 それでは北陸大会です。富山の決勝は高岡の1位が一瞬で王手になりますが、6問目を「四面四角」と答えて不正解。7問目、高岡の文学王が正解します。文学を選択。8問目は富山高専が不正解。9問目は生誕130年というので高岡の文学王が太宰治と答えて不正解。永井荷風でした。
 10問目、「星の王子様」に出てくる木です。高岡の1位が押します。今度こそ決定。「パオバブ」。またもこんな間違え方を。この画面を読んでいても、どこが間違えているかわからない人がいるかもしれません。11問目で高岡の3位が正解して、ここも王手になります。数学を選択。
 12問目、「365日は何時間?」。高岡の1位が押します。答えられません。しかしタイムアウト後に8760時間と正解を言います。13問目、富山高専が正解してスポーツを選択。14問目を高専が連取して、ここも王手です。再びスポーツ。

 15問目はスルー。16問目「サッカーのア式蹴球のアとは何の略?」。富山高専が押します。逆転勝利。「足」ブー。そもそも問題の意味がわかっていないようです。17問目はスルーですが、富山高専はわかっていました。
 18問目、スルー。これはかなり簡単な問題だと思うのだが。そして19問目、高岡1位が正解してついに決定しました。

 次は新潟です。ラルフアナが「高田ってイケメンがいたところ?」

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年11月21日 (土)

第4回エコ甲奈良大会(その1)

 7月に次のようなことを書きました。

----(ここから)----

 「小島慶子 キラ☆キラ」について書きましたが、本日のオープニングでは、「どうぶつ奇想天外!」のスタッフにだまされていたという話をしました。シロクマは目と鼻が黒くて、雪原の中でそこだけが目立つので、獲物に近づくときは手で隠すという話を信じていたそうです。それってウルトラクイズの○×ではないか!

----(ここまで)----

本日の放送によると、ここで紹介されている映画の中では、シロクマが鼻を手で隠すことを前提にしているセリフがあるそうです。これでまた小島アナに間違った知識が植え付けられるぞ。

 それでは11月8日のエコノミクス甲子園奈良大会です。会場は奈良市にある南都銀行の研修施設です。奈良市の中心部に近いのに交通の便が悪い場所で、私は奈良に住んでいた時代にもほとんど行ったことがありません。それにしても、一地方銀行の研修のために、こんな立派な建物があるのか。ホテルと言ってもいいような感じです。
 ところで、エコノミクス甲子園のホームページでは、この大会の観覧には事前の申請が必要とあります。それで、かなり前に銀行に電話しました。早く連絡する方が関係者っぽく思われるかと思って。今回から地区によって、関係者以外は入れないと決めているところが出ています。沖縄大会なんか、昨年の反省会で、次回はいかに一般の観客を多く集めるかという話し合いをしていたのに、今回は出場者の関係者しか観覧できないとなっています。しかし、どことは言いませんが、エコ甲のホームページでは関係者しか入れなくて観覧には事前の承認が必要と書いてあるのに、銀行に電話したら当日自由に入れると言われたところもあります。地区大会の主催が銀行に移っているらしいので、今年のエコ甲のホームページは結構信用できないかもしれません。

 会場は2階の巨大な会議室です。どこの銀行にもこういうホールみたいなのがあるんですね。高校生は1階のロビーで待たされています。司会は奈良テレビのアナウンサーです。といっても、奈良県に住んでいても奈良テレビのアナウンサーを知っている人はほとんどいないと思いますが。各放送局の女子アナが地デジ大使として総出演するCMがありますが、奈良テレビだけ女子アナがいないので、今日の司会をやっている男性が出ています。

 10時開始ということでしたが、ずっとリハーサルをしていて、10時34分にようやく高校生が入ってきます。奈良大会なんかやったら東大寺学園ばかりになるのではないかと思いましたが、東大寺は2チームしかいません。もっとも、出場者を集める段階で、どうせ東大寺ばかりだからウチは出ないと結構言われたらしいが。女子が多くて、テキストで勉強しています。司会者が「私たちの世代では、ニューヨークへクイズで行くというのがものすごくはやったんですが、ニューヨークへ行きたいですか」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

29回北陸大会(その7)

 日曜日の「オレたち!クイズMAN」のビデオを見ました。低視聴率が続いているので、毎回のテコ入れが大変です。オープニングで漢字の読み方を次々と答えるクイズが導入されていました。「弾刻」という知らない熟語が出てきたので調べようとしたら、「弾劾」を書き間違えていたのか! こんな重要なところでこんな誤りが出るということは、番組の寿命も長くないか。
 なお、ウィキペディアのこの番組の項目でも、視聴率について「出典のない記述の禁止」という言いがかりをつけて全部削除している人間がいます。超低視聴率を知られたくない関係者の力が働いているのではないか。

 それでは北陸大会です。石川の決勝は解答席4台が横並びです。通常、こういう場面では1チームだけ後列でしたが。1位の金沢泉丘は140点満点の120点です。一昨年は決勝、昨年は準決勝で負けたそうです。2位の金大附属は107点。
 1問目、金大附属の3位が正解して科学を選択。2問目、金沢泉丘が正解して漢字を指定。3問目、金沢泉丘が正解して漢字を選びます。4問目、「インチとマイルを漢字で書いたとき」。金沢泉丘が押します。「せ~の、くちへん」。他チームを0点に抑えての完全勝利です。

 次は富山です。4チーム中3チームが高岡。高岡の1位に、恒例の青年体操の話をふります。高岡の3位は昨年も決勝に出たが1問も答えられなかったそうです。
 1問目、高岡の1位が正解して漢字を選択。2問目も高岡の1位が取って、また漢字です。なんか石川と同じになってきました。しかし3問目は高岡の3位が正解して数学を選びます。しかし4問目はまた高岡の1位で、王手です。やはり漢字。
 5問目、「苦汁を訓読みすると」で富山高専が押して「にがい」で不正解。正解は「にがり」です。次の問題をラルフアナが読み間違えて、「40番」の問題になります。6問目、とてもまじめなことを表す四字熟語で高岡の1位が押します。しかし「四面四角」と言います。ここからが高岡1位の予想外の苦戦の始まりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

第4回エコ甲埼玉大会(その8)

 7月に次のようなことを書きました。

----(ここから)----

 特殊法人の実施する試験を受けようと思い立って、願書を入手するのに、その法人のホームページからPDFでダウンロードできます。しかし私は、直接その法人に行って、願書を取ってくることにしました。ビルの5階にありますが、廊下に大量の願書が積んであります。これで用事は済んだのですが、中に入ってみました。事務をやっているのはもっと奥の部屋なので、誰もいません。代わりに全国のパンフレットのたぐいがたくさん置いてあります。その中に「街道てくてく旅 山陽道」の冊子がありました。

----(ここまで)----

 国内旅行業務取扱管理者試験に合格しました。日本地理と交通機関の運賃計算などは勉強しなくても、全国を移動することで完璧なので、かなり楽でした。うっとうしいのは法律関係ですが、「これは間違いの選択肢が作れなかったからこういう出題形式になってるんだな」などとクイズ的に考えてしまいました。

 それではエコノミクス甲子園です。埼玉大会決勝の5問目。日銀についての問題ですが、私はそんなものがあることを一度も聞いたことがありません。しかし越谷総合技術と川越東の一方が名称を知っています。他はパスです。6問目、正解が「オバマジョリティ」ですが、それってクイズの問題にできるほど固まったことか? 全チームパスです。
 7問目も全チームパス。簿記の話をしているのだから、あの単語しかあり得ないと思うが。答えを書いて間違えるチームが現れないのでおもしろくありません。8問目は非常に簡単な答えにしてきましたが、川越東の2チームはパス。他の4チームは正解です。これで浦和の昨年代表がマッチポイントになりました。
 9問目、EPAについて国名を答える問題で、川越東の1チームだけが答えを書きます。しかし不正解。今日初めて、マイナスポイントが出ました。10問目、語源問題です。浦和のランドルトと川越東の1チームが正解。リーチの浦和昨年代表は、問題の意味がわかっていないかのような誤答です。しかし8ポイントなので、まだ1問で勝ち抜けられます。川越東のもう1チームは漢字を間違えていました。
 10問目、分散投資についての格言。私はまったく聞いたことがありませんが、こういう問題を出したいのがエコノミクス甲子園。7ポイントの早大本庄、ランドルトと8ポイントの昨年代表が答えます。3チームとも正解で、浦和の同一チームが2年連続全国大会を決めました。

 りそなの偉い人が総評。銀行員を33年やっていても答えられないと言います。副賞は、金融知力普及協会のテキストと、1万円札のデザインのタオルです。ここで、別の地区から見に来ている高校生に話しかけられました。「ブログを読んでいます。先日は先輩が大変失礼なコメントをつけまして…」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

29回北陸大会(その6)

 前回書いたように、本来なら通り過ぎる番組にいちいち気づいてしまうのですが、土曜日の深夜にTBSで「ロケみつ」の関西縦断ブログ旅総集編をやっていたのを知りませんでした。見てみるとどうも、TBSでこの番組を紹介するためだけに作ったようで、将来ネットする前提で放送したのではないかと思います。考えてみれば、「ALL FOR ONE」で苦戦するより、ロケみつをそのまま流せば経費節減にもなっていい。番組のテイストは「水曜どうでしょう」と「ノブナガ」のロケのコーナーに非常に近い。

 それでは北陸大会です。新潟の1列目は女子ばかり5チームです。このパターンのときは必ずブーです。2列目も女子が5チーム。と思ったら1人だけ男が交じっていました。ここもブー。新潟はさすがに参加者がそれなりにいるので、2列連続ブーなどということができます。3列目はファンファーレ。しかし4チーム連続ブーで、残った高田が勝ち抜けです。1位&漢字&文学。このパターンも極めて珍しい。
 4列目はファンファーレ。2チームがブーの後、村上中等教育学校というところの女子チームがピンポンです。地理&科学。3位までに入らずに複数ジャンルを取ったのは3チーム目です。次の新潟もピンポン。2位&歴史&スポーツ。最後はブー。
 5列目の4チームはブー。6列目の4チームもブー。ようやく、えーもんアナのインタビューが活発化します。7列目はファンファーレ。最初の新潟がピンポンで2位と数学を取って、残りのチームは敗退になりました。

 まだ14時過ぎです。非常にペースが速い。ここでスタッフが余った弁当を敗者に配って回っています。こんなのは初めて見ました。それだけ敗者が少ないということか。みんなで会場の端で弁当を食べている中、舞台上では決勝です。
 まずは福井。1位の高志にインタビューします。去年はペーパーで負けたそうです。1問目、中田英寿の問題を武生が取って、スポーツを選択。2問目は福井高専の3位が正解して漢字を選びます。3問目、武生が正解してまたスポーツに戻します。4問目は高志の文学王が取って文学を選択。
 5問目、「月日は百代の過客にして」で福井高専の歴史王が押します。「松尾芭蕉」と答えて不正解。作品名の方でした。6問目、福井高専の3位が正解して王手です。漢字を選択。そして「十中八九、出てきた漢数字を全部足すと」という、初期の高校生クイズのような問題が出て、福井高専の3位が連続正解して決定します。喜び方も福澤が嘆く前の、初期の高校生クイズのようです。
 次の石川は特徴的な勝負になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

第4回エコ甲埼玉大会(その7)

 Xビデオステーションを導入したことを書きましたが、これによって、今までなら気づかずに終わっていた余計な番組が目についてしまって、テレビ視聴に無駄な時間を使ってしまいます。
 今回、先週木曜深夜のNHKの「Begin Japanology」を見てしまいました。ピーター・バラカンが全編英語で放送する番組ですね。テーマは新幹線でした。前半は過去の新幹線建設時の映像などなのですが、後半は「熱中時間」の新幹線撮影熱中人のドキュメントをそのまま英語に吹き替えただけで流しています。民放は経費節減ですが、NHKもこのように映像を使い回しているわけです。「ワンダー×ワンダー」なんかほとんどの回が、撮った映像をそのまま流用して「ハイビジョン特集」になってるし、今夜の「スポーツ大陸」でカーリングの本橋が投げている映像の解析とかは、確認してませんけど「アインシュタインの眼」の流用のはずです。

 それではエコノミクス甲子園です。敗者復活第2関門の早押しです。1問目、川越東が正解。2問目はニュース問題でスルーです。3問目は別の川越東です。この敗者復活は問題がかなり基本的です。4問目なんか、森喜朗の読み間違いがフリです。これは早大本庄。5問目で川越東が決定して、6問目でもう一つの川越東が決定しました。

 観客席には小学生の団体がいて食事しています。決勝のインタビューで越谷総合技術の女子が「ちょっとおなかがすいてきたんでごはん食べたいな」。
 それにしても、早押し機は5台なのに、なぜ6チームいるのでしょうか。と思ったら、決勝は早押しではありませんでした。「リスク管理ボードクイズ」。正解すると2ポイント、不正解はマイナス1ポイント。無回答は0ポイントです。エコ甲恒例の、わからないなら答えない方がいいルールです。10ポイント先取で優勝です。敗者復活以外の4チームには1ポイントのアドバンテージがあります。なお、15問限定です。

 1問目、浦和の2チームが正解で他はすべてパス。2問目は全チームパスです。これ、ニュースで何年もやってたんだけど。3問目、計算問題で、早大本庄と浦和の昨年代表が正解します。他はパスです。4問目もこの2チームが正解で他はパス。
 この後、いよいよ代表が決まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

言わねばならぬ

 「世界一受けたい授業」の番組対抗3時間スペシャルが再放送されていました。茂木健一郎が出てきた瞬間に「この番組は○月○日に放送されたものです」という文字が出ました。しかし今田耕司が藤原紀香に「もう吉本とは共演していただけないかと…」と言ったのはカットされていましたが。一方でフジテレビは「さんまのまんま」の茂木健一郎の回を何のお断りもなく堂々と放送していました。

 今、ウィキペディアの高校生クイズの項目で編集合戦が起こっているのを知っていますか。ここ数回の視聴率について、「出典のない記述の禁止。書くなら出典を求める」として執拗に削除を繰り返している人間がいるのです。高校生クイズの視聴率が一昨年は7%台で昨年は14%台で今年は17%台って、今はリンク先が見つからなくてもそれぞれの放送当時は各メディアに掲載されて確実に正しい情報です。それを言うなら例えば、花王がジャストを発売したからジャストミートを使えないという話にも出典へのリンクはないが(私は複数のメディアでの出典を知っているが)、削除していないではないか。これって、自分の気に入らない番組内容なのに高視聴率という事実を認めたくないから意地になってやっているのではないかと勘ぐってしまいます。

 さて、書きたくないのでスルーしていた話があるのですが、コメントをつけられてしまいました。

----(ここから)----

 エコノミクス甲子園のホームページを見ましたら下の方に問題の一部でもインターネット上に転載したら会場への入場を認めないらしいですよ。

----(ここまで)----

 具体的にエコノミクス甲子園のホームページにどういう記述が加わったかというと、こうです。

----(ここから)----

 エコノミクス甲子園で出題される問題については、問題作成者である金融知力普及協会が諸権利を保有しており、インターネットや書籍などへの問題の一部、または全部の転載、他者へ問題を教えることなど、堅くお断り致します。
 万が一、許可されていていない掲載を発見した場合は、学校関係の方へは学校全体での無期限参加停止、一般観戦の方へは今後開催されるエコノミクス甲子園関連の全イベントへの入場拒否などの処置を執らせていただきますので、ご注意下さい。

----(ここまで)----

 どういうことかというと、埼玉大会の全問題がネット上のあるところに書かれましたね。主催者は、予算がないのでなるべく問題の使い回しをしたかったらしい。それでこんなものをホームページに載せることになったのです。私の前回の書き込みを見ると、問題文が載っているのは埼玉県にちなんだ問題、つまり使い回せない問題だけにしてあるのがわかります。それにしてもこの注意書きは非常にまずいと思います。
 何よりも、主催者側が高校生に「出場させてやっている」という態度があまりにはっきり見えることです。こんなの、各高校が反発して参加しなければ、簡単に大会自体をつぶせますよ。そういう意識でエコノミクス甲子園を運営していたのかとちょっと驚きました。
 あと、埼玉大会の会場は完全に誰でも入れる場所なので、実は他の地区の高校生が大勢見に来ていたことが判明しています。これは「他者へ教える」ではないから違反になりません。でも問題を使い回せばこの人たちだけ有利になるわけで、使い回しをしたいからネットに流すなどを厳しく取り締まるという発想自体に無理があります。それに、月曜日の奈良テレビでも地区大会の問題が何問も放送されていましたが、上の論理でいけば、エコノミクス甲子園について報じるテレビや新聞は次回から永久に取材禁止にすべきことになります。自らどのマスコミにも取材されない大会になってみろ。
 しかも、上の文章を作った関係者の中には、高校生クイズの問題をネットに流している人物がいるというのが笑ってしまいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

29回北陸大会(その5)

 先週に続いて朝日放送では土曜日にまた、深夜時代の「ナニコレ珍百景」と、1年前の「プレッシャーSTUDY」を再放送していました。

----(ここから)----

 昨夜の「ナニコレ珍百景」の「怒りの珍百景」は、私が10年ぐらい毎日その前を通っていた店でした。みの麺多を怒りの珍百景に投稿するというのには気づかなかった。それにしても、この番組は一刻も早くゴールデンにするべきだと思います。でもそれで今の演出が壊されたら困るけど。急にゲストが10人になるとか。

----(ここまで)----

 昨年3月のこの回です。その後、ゴールデンになりますけど、ゲストを増やすこともなく大成功しています。

 それでは北陸大会です。抽選会で当たった人に渡す袋を、ものいいが勝手に開けます。1つ目が、アフロヘアの佐渡高に当たります。そんなところから来ているのか。13時半ごろに終了して、続けてペーパークイズの結果発表です。

 福井の1列目5チーム、ファンファーレ。武生がピンポン。ラルフ「リーダーのハイタッチに誰も反応してくれませんでした」。2位&スポーツです。高志がピンポン。文学です。次の高志は涼風チームというらしい。そんな名字が宝塚以外にあるのか。1位&地理&科学&数学です。次の福井高専もピンポン。3位&漢字。その次の福井高専もピンポン。歴史です。これでジャンルが全部埋まって、2列目の4チームが敗退です。つまり福井は9チームしか出ていなかったということか。

 石川の1列目5チームはブー。石川だと1列目をブーにできるほどのチーム数がいるのか。全部金大附属でしたが言及はありませんでした。2列目はファンファーレ。金大附属がピンポン。2位&歴史&スポーツ。次の金大附属もピンポン。数学です。その次の金大附属もピンポン。3位です。
 ここで2チーム目を呼び戻します。文学も取っていたことを忘れていたのです。次の金沢泉丘もピンポン。1位&漢字&科学&地理。これで3列目の4チームは敗退です。

 えーもんアナがペーパーの敗者にもインタビューしています。次は富山。1列目の5チームがファンファーレ。1チーム目、大声を出しますがブー。ファンファーレの列でブーがあったのは、この予選で初めてです。富山高専がピンポン。2位&科学&スポーツ。高岡がピンポン。1位&歴史&漢字&地理。次の高岡もピンポン。3位&数学。その次の高岡もピンポン。文学です。これで2列目の5チームは敗退です。
 この後、敗者に対して見たことのない光景が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

第4回エコ甲埼玉大会(その6)

 エコノミクス甲子園奈良大会の模様が、翌日の奈良テレビの「ゆうドキッ!」で放送されました。この番組の司会者がエコ甲の司会をしていたのですが、高校生が経済の難問に次々と答えるというVTRの後、出題された問題の例を読み上げると、ニュース担当の女性が即答します。演出的に失敗だったので、「すぐ正解してしまってごめんなさい」。

 それでは埼玉大会です。敗者復活戦があることが発表されます。敗者復活ラウンド第1関門は、「埼玉りそなオリジナル○×クイズ」。5チーム通過します。受付で渡された冊子から出題されるそうです。
 1問目、このアリーナの面積を使った比較問題です。昔の高校生クイズの第1問っぽい。正解したのは9チーム。2問目は完全にりそな銀行に関する知識です。どこかのパンフレットで見たことがあります。しかしこれに正解したのは2チームだけで、決定しました。早大本庄の男女混成チームは、あみだくじでメンバーを決めたそうです。
 3問目、二酸化炭素排出量の問題。この出題の仕方では答えがあちらだろうと予想がつくので、全チーム正解でした。4問目、「国民健康保険発祥の地は埼玉県である」。これが全チーム不正解。なかなか分かれません。
 5問目、ここでまたりそな銀行と埼玉りそな銀行に関する知識です。正解が2チーム。6問目、エコポイントについてで、ここで予想外のでっち上げ問題です。勝負をかけた1チームが正解で、これで全部決定しました。

 第2関門は早押しクイズ。残っているのは早大本庄が2チーム、川越東が2チームと、熊谷商です。2ポイント先取で2チームが決勝に進めます。しかし誤答は失格で、4チーム以上が失格すると敗者復活の枠が減ります。
 この後、決勝も意外なルール。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年11月13日 (金)

29回北陸大会(その4)

 書くのを忘れていましたが、先週の「ネプリーグ」で、日本人のノーベル賞受賞者を答えろという問題が出て、南部陽一郎は日本国籍ではないということで明確に不正解の判定がされていました。クイズ界では日本人ノーベル賞受賞者でないということで確定か。

 それでは北陸大会です。敗者復活戦が終わって、えーもんアナは何とか2チームだけ敗者インタビューしていました。続いてペーパークイズがあります。それぞれのチームは他チームと1メートル以上離れろと言っています。

 ところで、次の会場がまだわかりません。広島と同様、新潟での予選は、総選挙の影響で日程が変わった20回を除いて、移動しなかったことがありません。大半の地区で移動しなくなった昨年でも、わざわざチャーターした船の上で決勝をやりました。
 しかしここで、早押しのテーブルが隠してあるのを発見しました。どうやら今年の北陸はついに移動しないようです。一方、「怒りのはけ口」というコーナーがあるのも見つけました。初期の中部大会には必ず設けられていたもので、敗者がここで叫ぶのか。しかしこんなに敗者が少ないのに使えるのか?

 ペーパークイズが終わると、勝者に急いで「ガツンと、みかん」を配ります。すぐにイベントがあるという呼び出しがあります。
 今回この予選に来ている芸能人は、テレビ新潟で土曜深夜にやっている「ロッツtheよしもと」という番組に出ている人たちだそうです。これは毎月、新潟で行われているライブをテレビ番組にしたものです。オコチャが「店長」です。あさってはフルーツポンチとしずるが来ると言っています。チーモンチョーチュウ、ものいい 犬の心がそれぞれネタをやります。犬の心は巻高校出身です。
 最後に全員でトークをしているところに諸橋アナが出てきます。ここから抽選会です。
 この後、そんなところから来てるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

第4回エコ甲埼玉大会(その5)

 私は思うのですが、ずっと勉強しかできない人というのは、自分の生活のことに無頓着で、講演会やテレビ出演の収入を確定申告して税金を払うなんて考えたことがないのではないでしょうか。あと3カ月早く、茂木健一郎の4億円申告漏れがわかっていれば、高校生クイズ的におもしろかったのに。

 それではエコノミクス甲子園です。第2ラウンドのBグループ。浦和が2チーム、大宮商、早大本庄、越谷総合です。1問目、語源問題で浦和が正解。2問目、教科書問題でもう一方の浦和が取ります。3問目、三面等価について。初めてのスルーです。「知らないよ」という大宮の声がマイクに乗ります。4問目、「国税庁は何省の外局?」こんな簡単な問題を浦和が間違えます。5問目は早い段階でもう一方の浦和が正解。クイズ研押しです。
 6問目の正解は「ブランド」。越谷の女子がギリギリで正解します。これも女子向け問題か。7問目、2択を本庄が正解。8問目の正解は「デジタル万引き」です。こんなのが問題になるのはエコノミクス甲子園ならでは。これで浦和の昨年代表が決定しました。
 9問目、「イオンで使える電子マネーはWAON」で押して越谷がリーチ。10問目を連取して、この女子チームが決勝進出を決めました。

 ここで10分休憩です。気づいていませんでしたが、このブースは観客席からよく見えるようになっていて、大量の小学生らが見ています。
 大画面に決勝ラウンドの注意書きが表示されますが、「決勝ラウンド進出は現在4チームです」と書いてあります。これは、敗者復活があるという意味ですね。11時30分に再開しようとしたら、1人戻ってきません。何か別のブースの抽選に行っているらしい。
 ここで、スタッフが自己紹介します。過去にエコ甲に出場してスタッフになった人が8人もいます。高校生クイズと同じです。全国大会で最下位だった福島高校の人が「僕だけ東大ではありません」。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年11月11日 (水)

29回北陸大会(その3)

 TBSラジオの「小島慶子 キラ☆キラ」。始まったころ、あまりにつまらないと書きましたが、今、異常におもしろくなっています。キー局の女子アナがあそこまでのことを言って許される。詳しい内容にはふれませんが、それはそうと、月曜日の放送では、ビビる大木が前日の「おーい、ニッポン」について話していました。今回は高知県でしたが、生放送中に高知城で、坂本龍馬が現代に生きていたらどんなことをしているかというのを絵に描いてもらうコーナーが何回かありました。社長とか政治家とか宇宙飛行士とかいう中で、「クイズ王」という答えがあったそうです。NHKはその答えをボツにしたそうです。クイズ王という言葉が、人の肩書きを表す表現としてそんなに一般的になっているのか。

 それでは北陸大会です。○×クイズの2問目は高校生の作った問題です。ラルフアナが、四国でも関東でも敗者の問題が選ばれたと言います。しかしここでは勝者側にいた金大附属でした。問題は松井秀喜に関するもので、ちゃんと北陸にちなんでいます。スタッフは北陸についての○×を作れないというのに。しかしこんな問題文を出されたら、あちらの答えとしか思えません。反対の答えが1チームしかいません。2年前の北陸の第1問と同じ状況です。ラルフアナは途中までその1チームに気づかず、全チーム同じ答えとしてコメントしていました。「1チームしか残らなかったら29回の高校生クイズの歴史で初めての出来事」だと言いますが、そんなことはありません。
 もちろん不正解は1チームで、ラルフアナは解説も読まずにあっという間にいなくなります。えーもんアナはピコハンマーを持って敗者インタビューをしています。ここでスタッフが「新潟県外の人、約束の場所へ移動してください」と言っています。この地区でも新潟以外の参加者は全員、ペーパークイズができる(○×は単なる見せかけ)ということです。

 敗者復活戦で、新潟のチームだけがスタートラインに並びますが、20チーム台でしょうか。なんか勝ち残ったチームのクイズのような少なさです。司会は諸橋アナです。1問目、永平寺に関する問題。2問目、円周率の問題。3問目、万葉集の問題。4問目、中世の美術様式の問題。とにかく学問系です。ただ、いずれも教科書そのままではなく、ストレートな知識では答えにくい。
 5問目、中国の古典です。4ポイントのチームは勝ち抜けません。現在、4ポイントが4チームいます。6問目、これは世界史でしょうか。2チームが勝ち抜けます。「敗者復活戦続行なるか。それともここで終わっちゃうか」。もちろんまだ問題はあります。7問目、地理ですが、これもストレートな教科書の知識ではありません。4ポイントの5チームは全部正解です。諸橋「ラルフさんからプレゼントがあるそうです。もう1問OK」。そして、これがラストの問題だと事前に宣言します。つまり現在3ポイント以下のチームは敗北決定です。8問目、地理の問題で1チームだけ勝ち抜けます。

 12時ごろ終わります。インターネット特別大会についても言っています。それにしても、この時点で全国大会に行ける可能性のなくなったチームはいくつなんだ。これだけ少ないと、「ガツンと、みかん」を配るのも張り合いがないでしょう。えーもんアナも早くしないと、インタビューするチームがなくなってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

第4回エコ甲埼玉大会(その4)

 当ブログ、後で読み返して間違いに気づいてこっそり直すことがよくあります。関東大会の最後で、東の雲を東の空と読み間違えた問題を読み直さなかったと書きましたが、改めて自分の文章を見たら「青い空」と書いているではないか! どこからそんな言葉が出てくるんだ。

 それではエコノミクス甲子園です。埼玉大会の同点決勝。浦和と川越東の対決です。4問目、狭山市で1号店ができたコンビニです。これは設立の経緯と、他の選択肢は別の都市であることがわかるので簡単です。両チーム正解します。5問目、国の問題。両方とも不正解です。6問目は株式投資に関する問題ですが、選択肢が簡単すぎます。両方正解します。7問目、ICカードの問題ですが、選択肢が単なるダジャレなのでこれも簡単。両方正解します。8問目、来年、米本土に1号店ができるチェーン店。ついに答えが分かれて、浦和のランドルト環が勝ちました。

 司会者が「楽しかった人」と言うと、ほとんど手を挙げません。テレビ埼玉とケーブルテレビが収録しています。第2ラウンドは早押しクイズです。10チームを2グループに分けます。3ポイント先取で、2チームずつが決勝に進みます。不正解は2問休み。20問で決着がつかないとその時点で終了です。
 Aグループは越谷総合が2チームと、岩槻商と早大本庄と浦和です。1問目、越谷が「ニート」と答えて不正解。普通のクイズ番組ならそれが答えになるでしょうが、もっとお役所的な問題です。2問目は本庄がビル・ゲイツを正解。3問目、「ファミリーマートはfamiポート」で浦和が正解します。4問目、4つあるものの3つ目が出た瞬間に浦和がボタンを押して答えるという、典型的なクイズ研押しです。
 5問目は本庄が正解。6問目、2択を浦和が間違えます。選択問題に弱いのもクイズ研です。7問目、いかにも金融関係の問題で、本庄が正解して勝ち抜けました。
 8問目、ブランド店に関する問題です。予想通り越谷の女子チームが正解します。エコ甲でも女子問題があるのか。9問目、社会の授業で習うことそのものの問題で、浦和が抜けました。
 この後、そんなのが問題になるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

29回北陸大会(その2)

 土曜日に関西テレビで「熱血!平成教育学院」が再放送されていました。問題が、翌日のエコノミクス甲子園奈良大会と2問もかぶっているではないか。決勝の1問目の筆記であれだけ正答率が高かったのは、前日にこの番組を見ていたからじゃないのか。

 それでは北陸大会です。えーもんアナは結婚6年目。「妻への愛を叫んでいただきます」。アケミというそうです。しかしえーもんアナは「愛してるぞー」しか言いません。「6」で止まります。ラルフ「先輩なんだから言いたくないですけど、少し語彙増やせよ」。
 女子チームを呼びます。ラルフアナが「高校名と名前をお願いします」と言うと、「高校メイト?」。テーマは今一番欲しいものです。「タケコプター」と叫びます。あとは恒例の「彼氏」「美貌」。そして「どこでもドア」。最終的に○×は2問になります。そうなることはわかってますけど。タケコプターと言ったことについて、「最後が『あ』だから、でかい声が出せるかと思いました」。高校メイトと言っているチームが、そんなことを考えていたのか!

 第1問、北陸と何の関係もない普通の問題です。1問目に出す意味がわかりません。1問目のネタ切れが意味といえば意味ですが。この問題のポイントは、テレビでよく見る映像を間違って解釈しているということです。
 正解発表はドラム缶から水とボールが吹き上がる方式です。この形式のときはラルフアナが傘を用意します。高校生からブーイングが起こると「風邪ひけないんだよ。今日、帰ってZEROやらなきゃいけないんだ。国内出張なんだよ」。しかし今回はラルフアナの方に水が飛んできませんでした。
 正解の方がかなり多い。ここで諸橋アナの「ちょっと待った」です。敗者復活を要求するとラルフ「クリアできなければ、明日の『新潟一番』の登場するシーンで」。続きを言う前に諸橋アナが「いやです」。「水着になってもらいます」。ラルフアナがテレビ新潟の社長に向かって「それでいいですよね」。
 ルールは、諸橋アナが借り物競走でしりとりします。最初は「ほ」で、4つつなげれば成功です。でも制限時間を言い忘れていたように思うのですが。ホッチキス、星形のものでスター、そして「あいば」という名字の女子を連れてきて、最後はバンビミルクキャラメルです。私はそんなものがあるのを知りませんでした。ラルフアナがキャラメルの箱を受け取ってカメラにアップで映します。
 この後、北陸でまたあの事態が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

第4回エコ甲埼玉大会(その3)

 土曜日に朝日放送でなぜか、「ナニコレ珍百景」の深夜時代の第2回と、「クイズ雑学王」の1年以上前の回が続けて再放送されていました。ナニコレを改めて見ると、この番組で最初に見てあらゆる情報番組にパクられたネタと、今ならスタッフは選ばないのではないかと思ったネタが混在しています。先日は、関東ローカルでナニコレの番宣のために作ったと思われる、ゴールデン初回の3時間スペシャルを2時間に編集した番組もなぜか朝日放送でやっていました。しかしこんなのを放送するなら、確か阪神戦と高校野球のために結局放送されなかったナニコレの夏休み2時間スペシャルを放送すべきだと思うのですが。

 それではエコノミクス甲子園です。埼玉大会の第1ラウンドは前進三択クイズ。1問目、りそな銀行に関する問題です。りそな銀行は設立の経緯から、他の都銀にできない業務ができます。他に見に来ていた人によると、エコノミクス甲子園でこの問題が出るのは4回目だそうです。埼玉・関東・関西に出る人は押さえておかなければならない知識です。
 2問目、「次のうち金額が最も大きいのは?」。1年間でもらえる基礎年金、1秒間に増える国債残高、この会場のアリーナを借りる料金。正解は3番が1桁多かった。司会者が、この大会には大変金がかかっているというようなことを言っていましたが、別にエコ甲の主催者が会場料金を払っているわけではないだろ。
 3問目はストレートな経済の考え方に関する問題です。4問目は税金についての知識。この2問は正解しないとまずいでしょう。この時点でリーチが2チームと言います。高校生クイズと違ってリーチと言っていいのか。
 5問目はニュースを見ているかどうかです。これで1チーム決定します。6問目も政治に関するニュースの問題。2チーム決定します。これも聞いた話ですが、埼玉県内の商業高校5校が合同で、脳科学に基づく効率的な勉強法という講座をやっていて、その成果としてエコノミクス甲子園埼玉大会で勝つという目標を設定しているそうです。ここまで勝ち残った3チームはいずれもその受講生らしい。
 7問目、家電リサイクル法の問題です。これは簡単で、4ポイントのチームは全部正解。一気に11チームが5ポイントになりました。そこで同点決勝です。1問目、長ったらしい説明文があって、これにもっとも関連の深い単語を選ぶというものです。これは簡単で失格は3チーム。残り8チームのうち落ちるのは1チームだけです。2問目はニュースでよく見る単語ですが、正解は2チームだけでした。3問目、これも時事問題で、正解は4チーム。この時点で、残ったのは2チームでどちらかが勝つということになります。
 この後、なかなか決着がつきません。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2009年11月 7日 (土)

29回北陸大会(その1)

 今さらですが、8月31日の「深イイ話」のビデオを見ました。赤城乳業が「ガリガリ君」を売るのに、アイスは生活に必要なものではないので味とか安さで差をつけられない。そこで宣伝のために、「くだらないこと」をやったそうです。雪の札幌でガリガリ君を配る。売り場に専用スプーンを備え付ける(カップアイスではないからまったく無意味)。ガリガリ君ソーダの温泉をつくる。これらがネットなどで話題になることで1年で2億本を売る商品になったそうです。ということは、赤城乳業が高校生クイズの全会場で「ガツンと、みかん」を配るのも、くだらないからやっているのか。

 それでは8月4日の北陸大会です。北陸大会が8月4日とは、極めて異例です。過去のほとんどの回で、最初から2~3番目以内の予選として行われています。番組制作のコストを最小限にするために、予選を完全に南から順番に1日おきに並べたことによって、今回はこんなに遅くなりました。このこと自体、テレビ界の不況を象徴しています。北陸大会がこんな快晴になるのは、総選挙のために予選が8月に変更になった20回以来です。

 会場は昨年と同じ朱鷺メッセの広場です。この狭い場所に収まってしまうくらいの高校生しか来ないわけです。9時50分ごろ、諸橋アナが出てきます。テレビ新潟の社長があいさつして、ライオンの関東甲信越エリア統括が開会宣言です。この地区で表彰される学校は金大附属、正式には金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高校。「アナウンサー泣かせの高校名です」。
 諸橋アナがオコチャを呼びます。オコチャが他の芸人を呼んで、諸橋アナは舞台から降ります。ここは4組も芸人が出ます。犬の心は燕市出身だそうです。しかし自己紹介とライブの案内をして、すぐに終わりました。続いて愛内里菜です。

 10時30分に鈴木アナが登場です。他の地区より早い。炎が出て「熱い。毛がチリチリこげちゃうぞ」。○×の問題数を決める絶叫タワーの説明があります。「ここまで10大会で10問はありません」。そりゃそうでしょう。10問になったらスタッフが困ります。「それでは大声を出すデモを、関係ないよという感じでいる、私と同じ名字の鈴木えーもんさんにやっていただきます」。えーもんアナがいたのか。メインの進行は2年目の諸橋アナにやらせて、ベテランのえーもんアナは高校生インタビューなどに徹しています。
 この後、ラルフがえーもんに暴言。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

第4回エコ甲埼玉大会(その2)

 1カ月前、某仙台の女性のブログにこんなことが書いてありました。

----(ここから)----

 たまたま仙台北警察署前を車で通ったら、何やらカメラマンなどが大勢いたので、「何か事件でもあったのかな?」と思っていたら、カメラの先にはロケの台本に目を通している「チュートリアル」の徳井さんと福田さんがいました。
 車だったので一瞬でしたが、仙台で、それも警察署前で何のロケだったのでしょうか?

 仙台放送の関係者から教えてもらいましたが、チュートリアルのロケは「冒険チュートリアル」という関西テレビの番組のロケだったそうです。
 仙台放送の深夜枠での放送で、サンドウィッチマンが関係する内容だとか。録画して観てみようっと!

----(ここまで)----

 関西テレビで今週放送されましたが、仙台放送での視聴率を上げるためにサンドウィッチマンと対決するという内容でした。しかし、最後に仙台放送の編成局から、すでに打ち切ったと通告されるというオチでした。うわさではこの回だけ別の時間帯に放送されるらしいが。

 それではエコノミクス甲子園です。埼玉大会の男性司会者が大きい蝶ネクタイをしています。遅刻したのでどういう人かわかりません。しゃべりはうまいけど埼玉りそな銀行の人だと思います。あと、りそながかかわるときだけ出てくる女性司会者もいます。
 1日の流れが大画面に出ますが、決勝の前は「ないしょ」となっています。また、終了予定は13時30分ですが食事は出ないと宣言されます。

 M-1グランプリの登場音楽に乗ってチーム紹介です。浦和は昨年の代表チームもいます。浦和に「ランドルト環」というチームがいますが、これは高校生クイズの関東大会の決勝でランドルト環を答えたチームでしょうか。各チームの2人は、それぞれ緑と白のTシャツを着ています。りそながかかわる予選で支給されると思われます。全国大会は今のところ、昨年と同じ会場のようです。「ニューヨークへ行きたい人」と言っても数チームしか手を挙げません。

 と言っているうちに、10時13分に遅れてきたチームが到着しました。ここで第1ラウンドのルールが発表されます。「筆記だと思う? 実はこれです」。表示されたのは、「NYへの道も一歩から 前進三択クイズ」。この予選はまなびピアで完全公開で行われることになったので、退屈なペーパークイズはできなかったということですね。ペーパークイズができないから前進三択クイズをやるって、17回高校生クイズみたい。
 5ポイント先取で10チーム勝ち抜けです。各ポイントの境目のロープをスタッフが持ち上げるようになっていて、高校生クイズよりしっかりしています。
 この後、またそのことを聞くのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

29回関東大会(その16)

 昨年11月に次のようなことを書きました。

----(ここから)----

 フジテレビで「わかるテレビ」3時間スペシャルをやっていました。私は見ませんでしたが、当ブログの検索フレーズに「わかるテレビ 教官 小倉智昭」とかいうのがやたら引っかかっていました。あの、小倉が声だけ出して名前を明かさない番組のことだったのか。前回の放送で自分で書いていて忘れていました。今回の番組では、FX取引で主婦がもうかるというような内容があったようですね。そんな放送をして大丈夫か。エコノミクス甲子園でも出ないぞ。

----(ここまで)----

 今年の7月に、映画「アマルフィ」の宣伝のための「わかるテレビ」をやっていました。そのビデオをようやく見たら、最初の2本のVTRはアマルフィの宣伝のために「外交官がわかる」と「大使館がわかる」でしたが、その後は過去の番組の総集編でした。その中で、FXについてのVTRがありました。当然ですけどリスクについてはちゃんとやっていて、実際にFX取引をする実験をしていた南キャン山ちゃんは、途中でかなりもうかっているのに、視聴者の啓蒙のためにわざと全額を失うまでやらせたように見えました。

 それでは関東大会です。東京の決勝の12問目はスルー。13問目、「安藤広重の東海道五十三次」で開成の3位が押します。「56枚」と答えて不正解。問題は「京都で描かれている橋は?」でした。いまさらその程度の簡単さの問題が出ると思わないので逆に答えられません。14問目、「徳川将軍で名前に」で開成1位が押します。「11人」と答えて不正解。「家」がつかない方の人数を答えるのでした。
 15問目、世界史の問題を開成3位がようやく正解して文学を選択。16問目、戸山が「山月記」を正解してこれで王手です。なんと開成が東京の代表になれない事態になるか。歴史を選択。17問目、開成3位が「バルビゾン派」を正解してここも王手。文学を選びます。
 18問目、「服部嵐雪や榎本」で開成3位が押します。これで決定か。「松尾芭蕉」と答えて不正解。ここは「蕉門十哲」でした。19問目、スルー。あの問題文で水原秋桜子が答えられるわけがありません。
 20問目「鯛の尾より鰯の頭」で開成1位が押します。「鶏口となるとも牛後となかれ」。明らかに言い間違えていますが、これは単に口が回らなかったと判断されて正解になりました。数学を選択。
 21問目「パーセントの記号は○が2つならパー」で、開成のスポーツ王が初めて押します。「3つ」と答えて正解しますが、パーミルそのものは忘れていたそうです。また数学です。22問目、「多角形で唯一、頂点と」で開成3位が押して五角形を正解。ついに決定しました。21時20分です。千葉で出た白樺派の問題を読み直していますが、しののめのことを「東の空」と読んだ問題にはまったく気づいていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

第4回エコ甲埼玉大会(その1)

 本日はある用事で埼玉に行きました。今、マクドナルドには埼玉限定のメニューがあります。4種類のメニューを、県内のそれぞれ別の地域の店舗で販売しています。そのうち、川口へ行って「ニューヨーク」というメニューを買ってみました。中身をはさむパンが半球型のやつで、トマトとかチーズがはさまっています。確かにニューヨークで売っていそうなハンバーガーではあります。そういえば以前、メガチキンフィレオについて書いたら、メガチキンフィレオという検索が数百回集中したのでした。こういうマクドナルド地域限定裏メニューについて書くとアクセスが増えるかな。

 それではある用事です。エコノミクス甲子園が始まりました。最初の予選である埼玉大会、急に開催日が変わって、会場も変わりました。なんと、さいたまスーパーアリーナでやるというのです。全国生涯学習フェスティバル「まなびピア埼玉2009」が開かれています。国民の学びを高めるために毎年各県の持ち回りでやっている、国民文化祭みたいなものですね。エコノミクス甲子園がこの開催事業として入り込むことに成功したので、急遽、11月3日にスーパーアリーナで開催ということになったのです。

 今回の埼玉大会が完全一般公開であるらしいことはわかるのですが、スーパーアリーナのどこでやるのか、まなびピアのホームページを見てもわかりません。会場に入る手続きもよくわからないので、早めに行こうと思いました。ところがなぜか、列車の接続がいちいち非常に悪くて、さいたま新都心駅に着いたのは9時58分になっていました。10時開始に間に合いません。駅の改札からスーパーアリーナまでこんなに離れてたっけ。そういえばスーパーアリーナの中に入るのは初めてです。入口にはインフルエンザ対策のために消毒液をかける、大きな機械があります。自動改札みたいな形です。でも通り抜ける人は少ない。
 中の構造も非常に複雑です。スーパーアリーナは客席が動いてフロアを分けるようになっているんですね。そのため、どこからアリーナに降りられるのかもよくわかりません。10時5分、エコ甲の会場を発見しました。アリーナがたくさんのブースに区切られていって、その中に1カ所、かなり大きなスペースがあって、大画面が設置してあります。

 誰かが開会宣言しています。観覧者席には金融知力普及協会のカラー印刷のパンフレットが置いてあります。エコ甲の過去問が載っています。
 27チーム応募して、2チームがインフルエンザで欠席だそうです。そして1チームが来ていなくて、今いるのは24チームです。
 この後、そんな企画をするか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月 3日 (火)

29回関東大会(その15)

 ロケテストについてコメントがついていましたが、クイズマジックアカデミー7のロケテストはやりました。協力プレーモードが目玉らしいですが、1人でやっている分には、6と何も変わりません。準決勝の半分で問題ジャンルが変わるぐらいでしょうか。むしろ、キャラクターがより動きを多くするために、絵自体は劣化した感じがしました。

 それでは関東大会です。東京の2問目、正解はパナマ運河ですが、建設にかかわった日本人の名前が問題になっています。私はまったく聞いたことがありません。これを早稲田が正解。スポーツを指定。3問目は戸山が正解です。これで開成の3チームだけが得点を挙げていないという状態です。歴史を指定。4問目、シルクロードを名付けた人で、早稲田が正解。また私はまったく聞いたことがありません。地理を選択。5問目の正解はイースター島ですが、これも私はまったく知らない情報で開成1位が正解していました。歴史です。
 6問目、「総理大臣でいちろう」で開成3位が勝負をかけます。鳩山一郎と答えて不正解。正解は平沼騏一郎でした。7問目、「アンリ・デュナンとともに」。早稲田が正解して決定です。またしても私は知らない名前でした。第1回ノーベル平和賞をとった人です。埼玉が露骨にクイズマニア向け問題ばかりだったのに対して、東京は異常に難しいことを聞いています。「やったぞ早稲田、全国大会進出決定」。パワーとは叫びませんでした。
 勝ち抜け枠が2チームの県で1チーム目が抜けたとき、次の問題はジャンルが変わらないということがわかりました。8問目「第1次池田勇人内閣」で開成のどこかのチームが押して不正解。正解は中山マサで、これは私も知っていましたが、やはり問題の質が他県と違います。9問目、「パスカルが」で戸山が押して不正解。正解はパンセ。10問目、「アメリカ第26代大統領」で開成3位が「セオドア・ルーズベルト」。ここで押してそれを答えられるだけですごいですが、この問題の正解は「テディベア」。そんなひねり方をする問題を出すのか! 11問目、楠木正成の生誕地で、開成1位が不正解。正解は「千早赤阪村」。こんな問題を出すか! 「大阪府で唯一の村は?」という問題を近畿大会で出したって答えられるかどうかわかりません。
 鈴木アナが「帰らして」。こんな問題ばかり出していたら帰れないと思うぞ。そして帰りたい鈴木アナは次の問題を読み間違えて、「39番」の問題に変えます。
 この後、一向に問題のレベルは下がりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

29回関東大会(その14)

 読売新聞によると、「仮面ライダーディケイド」の最終回で「続きは映画で」とやったことについて、BPOに抗議が多数あって、テレビ朝日の社長が「不適切だった」と正式に認めたそうですね。あと、月曜日の「報道発ドキュメンタリ宣言」はやっぱり南田洋子なんですね。

 それでは関東大会です。埼玉の決勝の7問目。3位が押しますが答えられません。今までの問題に比べると難しくないのですが。8問目、文学王が勢いで押した感じです。答えられません。鈴木「答えられなくて(他のチームが)みんなガッツポーズするのやめなさい」。
 9問目、2位が正解して王手。また地理を選びます。10問目「一般国道で一番」。2位が押します。「4号線」で不正解。すると、「もしかして『短いのは』で174号線ですか」。ピンポン。2位が「撮り直しを」鈴木「しません」。
 11問目、「ここにち」で1位が押してロカ岬を正解。私はその岬自体知りませんでした。「ここに地終わり海始まる」という石碑があるそうです。鈴木「答えたのは? お、浦和ラルフ」。文学を指定すると鈴木「文学に飛びました」。
 12問目、「本名をつねのり」で1位が正岡子規を正解。ここも王手です。鈴木「ここにきて浦和ラルフ絶好調」。この人は学校では「浦和ラルフ」というあだ名になってるんでしょうね。歴史を選択。
 13問目の正解はレンブラント。政治経済も芸術も全部、歴史のジャンルで出ます。正解したのは2位でした。これで決定です。2位が1位と握手します。鈴木「3位はまったく相手にされません」。

 もう21時になります。東京の決勝です。開成の1位&5ジャンルは、1年生にしてペーパークイズ127点。数学と地理は満点です。クイズを始めたのは、昨年準優勝チームと同じ時期だそうです。老けたメンバーに鈴木「高校生だよね」。
 2位の早稲田にもインタビューします。早稲田が「開成さん」と言うことに鈴木アナがつっこみます。「戸山、頑張ろう」と言って終わります。
 1問目の正解はソルベンシーマージン。開成がいるこの対戦にはエコノミクス甲子園問題をもってくるか。開成の3位が正解します。鈴木「さっき何も聞かないで怒ってた?」。地理を選択します。
 この後、やたら難しい問題が続きます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

29回関東大会(その13)

 前回の書き込みに次のようなコメントがつきました。

 東の空と書いて一体何と読むのでしょう。

 いいところに気づきましたね。後で書く予定だったのですが、この問題、明らかに「東の雲と書いてしののめ」なのに読み間違えているのです。解答者の高校生も気づいていないのか、気づいているのに話を合わせているのか、一緒になって「東の空」と言っています。収録が終わって、恒例の読み間違えた問題を録音し直す際も、スタッフがこの問題に気づいていませんでした。

 それでは関東大会です。埼玉の決勝は7チームとも浦和で、うち6チームがクイズ研です。クイズ研でないチームに「この事実どう受け止める」「光栄です」。1位が「周りが知っている人ばかりで緊張しない」。1位だけが3年生です。3位までに入らなかったのに2ジャンル取ったチームが1年生です。鈴木「決勝戦はあみだくじで決めたいと思います」。
 鈴木アナが「部室では(問題を読む)ラルフ役は誰がやるか」と聞きます。1位のチームの人だそうです。鈴木「オレのイメージ伝わる?」「すごく熱く伝わってきます」「ラルフの問題読みパターンは」「それなりに考えてきてます」「くっそー、全然違う読みしてやる」。

 1問目、「1991年に秩父市の中学校で作られ」で、2位が押して正解。私はまったく知らない歌です。科学を指定。2問目、「森のバターは」で1位が押します。「どんぐり」と答えて不正解。問題は「マレー語で森の人という意味の哺乳類は」でした。すると浦和がどよめきます。これは、クイズ界の超ベタ知識同士をこのように組み合わせる問題は思いつかなかったという意味でしょう。
 3問目、数学王が「スプートニク」を正解。これも語源から答えさせる、いかにもクイズ番組の典型の問題です。科学を選択。数学王なのに数学を選ばないのは、「数学は苦手で、ペーパーも西村くんに計算してもらったんで」。鈴木「西村くんは信用されていないということですね」。
 4問目、文学王がランドルト環を正解。またもクイズ番組でしか聞かない知識。そして科学を選択。答えたチームがすべて異なるのにみんな科学を選びます。鈴木「なんで科学ばかり読まなきゃいけないのか」。5問目、「太陽系で自転周期」で数学王が押します。「水星」と答えて不正解。正解は、自転周期の最も長い金星です。なぜ水星と思ったかと聞きます。「自転周期から公転周期に飛ぶと思って」。鈴木「『飛ぶ』という(クイズマニアの)専門用語やめてください」。
 6問目、「ダイコンはアブラナ科」で2位が押します。「アカザ科」と答えて正解。「サトウダイコンは何科?」でした。もう、クイズを専門にやっているマニアしか絶対に答えられない問題です。ここでまた「ダイコンが出たのでサトウダイコンに飛ぶと思って」。地理を選びます。鈴木「さあ、地理はどう飛ぶんでしょうか」。

 この後、新たなラルフ用語が登場します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »