« 29回北陸大会(その4) | トップページ | 29回北陸大会(その5) »

2009年11月14日 (土)

第4回エコ甲埼玉大会(その6)

 エコノミクス甲子園奈良大会の模様が、翌日の奈良テレビの「ゆうドキッ!」で放送されました。この番組の司会者がエコ甲の司会をしていたのですが、高校生が経済の難問に次々と答えるというVTRの後、出題された問題の例を読み上げると、ニュース担当の女性が即答します。演出的に失敗だったので、「すぐ正解してしまってごめんなさい」。

 それでは埼玉大会です。敗者復活戦があることが発表されます。敗者復活ラウンド第1関門は、「埼玉りそなオリジナル○×クイズ」。5チーム通過します。受付で渡された冊子から出題されるそうです。
 1問目、このアリーナの面積を使った比較問題です。昔の高校生クイズの第1問っぽい。正解したのは9チーム。2問目は完全にりそな銀行に関する知識です。どこかのパンフレットで見たことがあります。しかしこれに正解したのは2チームだけで、決定しました。早大本庄の男女混成チームは、あみだくじでメンバーを決めたそうです。
 3問目、二酸化炭素排出量の問題。この出題の仕方では答えがあちらだろうと予想がつくので、全チーム正解でした。4問目、「国民健康保険発祥の地は埼玉県である」。これが全チーム不正解。なかなか分かれません。
 5問目、ここでまたりそな銀行と埼玉りそな銀行に関する知識です。正解が2チーム。6問目、エコポイントについてで、ここで予想外のでっち上げ問題です。勝負をかけた1チームが正解で、これで全部決定しました。

 第2関門は早押しクイズ。残っているのは早大本庄が2チーム、川越東が2チームと、熊谷商です。2ポイント先取で2チームが決勝に進めます。しかし誤答は失格で、4チーム以上が失格すると敗者復活の枠が減ります。
 この後、決勝も意外なルール。

|

« 29回北陸大会(その4) | トップページ | 29回北陸大会(その5) »

コメント

エコノミクス甲子園のホームページを見ましたら下の方に問題の一部でもインターネット上に転載したら会場への入場を認めないらしいですよ。

投稿:  、 | 2009年11月15日 (日) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/46757818

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回エコ甲埼玉大会(その6):

» ソーラー発電 [ソーラー発電]
ソーラー発電(太陽光発電)は、地球温暖化対策の一つとして、温室効果ガスの削減効果が期待されています。ソーラー発電の特徴やコスト、問題点などを紹介したブログです。 [続きを読む]

受信: 2009年11月25日 (水) 11時53分

« 29回北陸大会(その4) | トップページ | 29回北陸大会(その5) »