« 29回関東大会(その2) | トップページ | 29回関東大会(その4) »

2009年10月22日 (木)

29回関東大会(その3)

 フジテレビで、「古畑任三郎」のクイズ王の回が再放送されました。改めて見ると、池田貴族が出ています。とっくに亡くなっています。池田貴族といえば、毎日新聞の中部本社版にコラムを連載していて、「シックハウス症候群で体調が悪くて困った」というようなことを書いていました。末期ガンで余命がほとんどないと言われているときに、シックハウスとかいう問題ではないと思ったことがあります。そういえば、テレビ朝日はここでもう一発、南田洋子ドキュメンタリーを作るのだろうか。

 それでは関東大会です。アメリカンフットボールの選手たちが球場の中へ入っていきます。でも何をやっているかわかりません。12時40分ごろに「正解はこれだーっ!」という声が聞こえて、何かの音がします。
 これ以上、球場の正面にいても、何をやっているかわからなさそうなので、周りへ移動して、音声が聞き取れる場所を探します。敗者復活の要求に時間がかかっているようです。山の中の斜面のようなところでようやく、音が聞こえる場所を見つけました。しかし会場の様子は見えません。敗者復活の条件として、アメフトに関係するゲームをやっているようです。後で番組を見ると、春日が守備を突破できれば復活を認めるというものでした。
 13時ごろに愛内里菜が出て、オードリーらといろいろしゃべっています。そして13時20分ごろに、勝者がグラウンドへ降り始めました。最も多くの参加者があった川越を表彰します。男子ばかり50人ぐらい出てきます。この地区は鈴木アナ自身が表彰状を読みます。

 2問目が高校生の作った問題です。選ばれたのは慶応ですが、敗者側にいます。敗者から高校生問題が選ばれたのは3回目です。鈴木アナが「なぜこの問題にした」と聞くと、「今日、この場所…」。鈴木アナがあわてて話をさえぎります。問題はライオンズの渡辺監督に関するもので、よくこの事実に気づく高校生がいたと思いました。しかし逆に、こんな問題が出たら絶対に正解はあちらです。
 3問目、賞味期限について。いい問題です。クイズマニア界からは、こんな問題文でこちらの答えが作れるかと驚かれるような新しい知識です。こういう問題を出しても、今年の高校生クイズは○×に正解するかどうかは最終的な勝敗に一切関係ないんですけど。4問目、警察に関する問題で、これはウルトラクイズの研究をしているとできそうですが、最近ニュースになっていました。むしろ時事問題です。
 この後、敗者復活についてそんな説明がされていたのか。

|

« 29回関東大会(その2) | トップページ | 29回関東大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/46551368

この記事へのトラックバック一覧です: 29回関東大会(その3):

« 29回関東大会(その2) | トップページ | 29回関東大会(その4) »