« NHKの実験番組 | トップページ | 教育の話 »

2009年10月12日 (月)

29回富士山大会(その2)

 「オレたち!クイズMAN」の事前スペシャルを、TBSでは結構前にやっていましたが、毎日放送でこの土曜日に放送されました。それを見ました。クイズそのものより教養を高めることを主眼としていて、意外にいい。「ビーバップ!ハイヒール」を東京でも通用するように作り替えたらこんな感じになるかなと思いました。あとはあの枠で見られるかどうかです。レギュラー放送の初回は2時間スペシャルで東国原知事が出るというのは、テレビ朝日の「ザ・クイズマン」とまったく同じパターンで、いやな予感がします。

 それでは富士山大会です。ハマカーンが「審査員の皆さん、得点をお願いします」と、まだ隠している絶叫タワーに注目させてしまいます。この地区で表彰されるのは甲府南です。9チーム応募したそうです。1校9チームで最多なのか。偏差値92の人がいるそうです。
 次は愛内里菜です。難波アナが重大発表があると言って、「明日は愛内さんの誕生日です」。ハマカーンが花束を渡します。
 ハマカーンは柔道をやっていたという話になって、「本当に強い方をお呼びしてるんです」。アントキの猪木が出てきます。「元気があれば、1、2、3人組ですかー!」。「今日はクイズ日和の天気ですかー!」「曇ってるよ」。1チームを舞台に上げて、闘魂を注入します。ハマカーンが「この人、本物じゃないよ」。最後に全員で「1、2、3、ダー」をやります。

 11時40分過ぎにようやく鈴木アナです。大声のデモンストレーションを両地元アナがやります。30秒ずつで、難波アナは自己PR、伊藤アナは妻への愛を叫びます。難波アナでは6までしかつきません。続けて伊藤アナが「まやちゃーん、本当に好きだー。10年前の初めてのデート、御前崎でプロポーズして5年」などと言って、「2」まで行きます。家ではまややと呼んでいるそうです。
 舞台に上がった男子チーム、「今一番欲しいもの」を叫びます。1人目は「彼女」、3人目は「友情、友だちが欲しい」。最後の1秒で一気に2つ上げて「2」にします。1人目は彼女が18年いなくて、手をつないだこともないそうです。そして2人目が叫んだのは「お金」でした。「今、12円しかありません」。

 この地区は1問目が高校生問題です。宇宙についての問題。よくこの事実を見つけてきたという感じです。その分、正解は簡単にわかってしまいますが。
 この後、ラルフが噛んでビンタされます。

|

« NHKの実験番組 | トップページ | 教育の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/46459993

この記事へのトラックバック一覧です: 29回富士山大会(その2):

« NHKの実験番組 | トップページ | 教育の話 »