« 29回近畿大会(その3) | トップページ | 29回近畿大会(その5) »

2009年9月17日 (木)

29回近畿大会(その4)

 ネットで調べ物をしていたら、たまたま、TBSの番組改編の記事に行き当たりました。10月から日曜20時に「オレたち!クイズMAN」という番組が始まるんですね。あの枠ですしタイトルが「ザ・クイズマン!」を思い出させて、視聴率が取れそうには思えないのですが、TBSのホームページでの番組紹介を読むと、ある分野のマニアである有名人が、その分野に関してちゃんとした問題を作って出すようで、なんかおもしろくなる余地があるような気がします。私はあの時間帯はビフォーアフターを見てるんですけど。

 それでは近畿大会です。○×クイズの2問目。橋下徹にちなんで、タレント議員に関する問題です。近畿にふさわしい内容になっています。人数が一気に減ったので、移動時間が異常に短くなっています。3問目、これは知識問題といえるでしょう。もう少し上の年代なら答えられます。間違えた高校生がどんどん帰っています。今年は○×クイズは事実上意味がなくて、これから本当の勝者が決まるというのに。
 4問目、これは常識と違う結果が出るいい問題です。こういう○×を出しても、最終的な代表決定には何の関係もないんですけどね。ここまでで勝ち残ったのは10チームぐらいしかいないのではないでしょうか。

 敗者全員をスタンドに座らせます。そして敗者復活戦が始まりますが、大阪のチームだけがグラウンドに呼ばれます。三択を大阪とそれ以外に分けて2回行うというのです。そこまでの手間をかけてまで、全チームに知識問題をやらせて、東大に入れるようなチームを残そうとしているのか。
 大阪の全チームが横に並ぶと、こんなにいたかという感じです。200チームぐらいでしょうか。すでに帰ったチームを加えると、意外に多く来ていたことになります。敗者復活戦の司会は川田アナとタレント6人です。1問目、日本史の問題でほとんどが正解。司会の7人が、ちゃんと動きを指示しろとスタッフに怒られています。2問目、世界史の問題。完全に学校の勉強が続いています。3問目、生物で習う問題。またほとんどが正解です。
 4問目、世界地理の問題です。川田アナが「ここで正解するとリーチがかかる」と言って、芸人が「王手」と言い直しています。わかっていない川田アナは何度も「リーチ」と言います。そこで芸人も3ポイントのチームに「イーシャンテン」と言います。
 5問目、科学の問題で楽勝です。これで全問正解は20チームぐらいでしょうか。「ここで皆さんにお知らせしないといけないことがあります」と言って、もう終了です。大阪には「東大、東大」と騒げる有力校がないので、とっとと終わらせて切り捨てたように見えます。

 この後、高校生にそんなのわかるわけないだろ。

|

« 29回近畿大会(その3) | トップページ | 29回近畿大会(その5) »

コメント

10月のTBS番組改編「クイズ番組」よりもっと目先のクイズ関係の話題を提供したいと思います。
9月20日に読売テレビで放送される「愛の修羅バラ!」にストーカーさんも絶対知っている「クイズ好き夫婦」が出演しています。
ちなみに、出演した夫婦の話によると「家庭での日常会話がコントみたいになってしまって(笑)…」これ以上の内容は9月20日の放送をご覧になって下さい。

投稿: 3度のメシよりクイズ好き | 2009年9月17日 (木) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/46232067

この記事へのトラックバック一覧です: 29回近畿大会(その4):

« 29回近畿大会(その3) | トップページ | 29回近畿大会(その5) »