« 29回近畿大会(その6) | トップページ | 修羅場夫婦 »

2009年9月20日 (日)

29回近畿大会(その7)

 昨年の全国放送について次のようなことを書きました。

----(ここから)----

 私の親が今年の全国放送について「高校生にくだらないことをさせるのではなくて、非常におもしろかった。来年もこれでやってほしい」。私の親ですから、第1回から高校生クイズをすべて見ています。それでも番組に特別な思い入れがない普通の視聴者の感想はこんなものです。確かに、全国大会に出た40チームが画面に一切映らなくても、鈴木アナが自分で問題を読まなくても、一般の視聴者には知ったことではありません。

----(ここまで)----

 今年の番組について親が、「2回まではいいけど、これ以上やられると、勝ち残るのが同じ学校ばかりになってさすがに飽きる」。これが一般視聴者の感想ということは、来年は全国大会を変えざるをえないということですね。

 それでは近畿大会です。ペーパークイズの兵庫の結果発表。残り枠は1つで4列目がファンファーレで、5列目は自動的に敗退です。1チーム目はブーで2チーム目の灘がピンポン。3位です。
 次は京都です。1列目はファンファーレ。1チーム目がブーで、2チーム目の同志社がピンポン。歴史王です。3チーム目の同志社もピンポン。2位です。4チーム目、5チーム目はブー。
 2列目、ファンファーレ。1チーム目の洛南がピンポンです。1位&漢字&地理&数学&科学&スポーツ。1チームで6つ取るのはタイ記録です。2チーム目の洛南が文学で、3チーム目と4チーム目がブーで、5チーム目の洛星が3位。これでもう終了しました。

 奈良です。1列目、5チームとも東大寺学園です。そしてブー。2列目も5チームとも東大寺学園。そしてブー。「東大寺クライシス。東大寺10チームが一気に消えた」。最初の5チームが東大寺学園だった時点で、最終的に決勝に進出するのが全部東大寺学園であることが予想がつきます。鹿児島と同じパターンで、東大寺学園のチーム数があまりに多いので、その中で上位に入るチーム以外を最初に全部集めて、「東大寺学園もこんなに落ちる」という演出をするだけです。
 3列目、ファンファーレと間違えてピンポンを鳴らしてしまいます。1チーム目の東大寺学園がピンポン。落ちた東大寺から大歓声が上がります。鈴木アナが「10チーム消えたのどう思った」と聞きます。「仕方ないかなと」「落ちた10チームに一言」「来年がんばれ」。このチームが1位&数学&科学&スポーツです。
 次の東大寺学園もピンポン。地理です。その後3チーム連続ブー。4列目、ファンファーレです。東大寺学園がブー。まだ東大寺から敗者を出す余裕があるか。次の東大寺学園はピンポンです。クイズ研会長のチームです。「残りの落ちてしまった東大寺に一言」「さようなら」。2位&漢字&文学。鈴木アナが「歴史は?」と言うと、「後は後ろに(東大寺学園が)いるんで残しておきます」。
 次がブーで、その次の東大寺学園がピンポン。3位です。次はブー。5列目がブーで6列目がファンファーレ。これで7列目は敗退です。1チーム目の東大寺学園がピンポンで終了しました。

 この後、今年そんな問題も出るのか。

|

« 29回近畿大会(その6) | トップページ | 修羅場夫婦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/46256650

この記事へのトラックバック一覧です: 29回近畿大会(その7):

« 29回近畿大会(その6) | トップページ | 修羅場夫婦 »