« いろいろ感想(前編) | トップページ | 勝ちすぎの話 »

2009年9月 7日 (月)

いろいろ感想(後編)

 今回の高校生クイズの結果によって、エコノミクス甲子園と高校生クイズが完全に連動していることが明らかになりました。第1回の優勝者が同じ年の高校生クイズで優勝、第2回の優勝チームが同じ年の高校生クイズで準優勝、第3回の優勝校が同じ年の高校生クイズで優勝。ちなみに第3回エコ甲の優勝チームは奈良県の決勝で敗れました。

 全国放送の感想の続きですが、決勝は「FNS1億2500万人のクイズ王決定戦」でしょうね。最終的に同時に10ポイントになって、あれだけ延長戦をやるという理想的な展開。どちらかに有利そうな問題を選んでもそううまくはいかないでしょうし、今年は全体に制作側が運に恵まれました。それにしても、21時と22時をまたぐところは30分ぐらいCMを入れないのに、決勝戦の途中はたびたびCMで切る。露骨な視聴率のためのテクニックです。
 書くのを忘れていましたが、「コンゴ共和国の首都」で宇治原がしらじらしく驚いていましたが、「今ちゃんの『実は…』」で自分がやった問題ではないか。前回はタレントを、クイズ有名人ばかりにして「全然わからない」と言わせていましたが、今回は磯野貴理と普通の問題もわからない辻希美を入れるというのは、一般人の目線にすることで、この番組がターゲットとする視聴者層(高校生の世代ではない)を狙ったものでしょうか。

 ここで当日の番宣について。全国ネットではない「おもいッきりDON!」の午前中のところに菊川怜がゲスト出演していました。夕方の関東ローカルの「シオドメディア」では、ジャンボリーの高校生クイズブースで杉上アナが「問題。おはようからおやすみまで暮らしに夢をひろげるライオンが、高校生の夢をひろげた夏の恒例番組は何?」するとダベアが出したフリップが「ごきげんよう」。こんなギャグが許されるのか! ここでは、全国大会1回戦でボツになった問題を茂木・菊川に解かせていました。1問目は「ホワイトハウスはアメリカですが、ピンクハウスという大統領官邸がある国は?」。2問目は「ロト6を全通り買うといくらになる?」。どちらもいい問題だと思うのですが。ロト6を高校生が買うのは問題があるので使えなかったのかな。一方で「スッキリ!」での宣伝は異常に短くて動画もありませんでした。これって加藤浩次が毎回、赤坂御用地墜落に言及するから?

 高視聴率については次回。

|

« いろいろ感想(前編) | トップページ | 勝ちすぎの話 »

コメント

エコノミクス甲子園の優勝校の記録もありますがネット予選代表校が敗れたのは初めてですか?

投稿: ゆくり | 2009年9月 7日 (月) 17時13分

今年は予選からすべて見ましたが、○×で落ちても全員に敗者復活のチャンスがあるというのは、賢い高校が落ちないようにする措置以外の何物でもないですよねえ。
大声で問題数を減らさせることで、高校生達にお得感を味わわすかのように見せてましたが、問題数が何問になろうが、次の前進三択というふるいにかければ、賢い高校ならまちがいなく上がってこれる仕組みになっていて、『我々の目的は全国の進学校を集めることで、偏差値の高くない高校は求めてない。』という意図のもと、高校生達をうまく盛り上げつつ実に計画的にことを運んでいく演出に、嫌らしさすら感じました。
高校野球の地区予選で強豪校から大金星をあげるような、進学校を差し置いて無名校が全国大会に行けるような対決、例えば体力勝負を入れるような配慮はひとつもありませんでしたよね。
昔は知力・体力・運の要素が絡み合って、驚き、笑い、大ドンデン返しがあったものですが、
今は知力・知力・知力で、3人一組の意味すら無くなってしまってるような感があります。
他のクイズ番組と一線を画す番組作りはかまいませんが、それを何も高校生クイズでやらなくても、と思うのです。高校生に限らず一般の頭のいい人達を集めてこういう番組をしたらどうでしょう。全国大会に行った人達の賢さなら他のどんなクイズ番組でも通用しますし、卒業したあとでもまだいくらでもチャンスがあると思います。
でも高校生クイズは3回しかチャンスがありません。インタビューで、『思い出づくりに来た』と答える高校生がけっこういました。一生でたった3回しか出られない番組なんですから、一部の賢い高校生のためだけの番組にせず、すべての高校生が『出てよかった』と思えるような番組にしてほしいです。
どんなに賢い高校でも○×で敗れたら夏は終わり、という潔さがこの番組の厳しい所でもあり、魅力だったはずです。
コスプレで来て、場を盛り上げてくれてる高校生が全国大会に行ったっていいじゃないですか。
ブーブーゲートに女子を一列並べて落とす光景を何回も見ましたが、一回くらいファンファーレが鳴るという遊び心すら無かったですよね。
そこにはもはや『高校生クイズ』ならぬ『高校生落とし』が色濃く浮き彫りにされていました。
今回視聴率が良かったのは、新たなファンの獲得というよりも、また以前のような形に戻ったかな、という期待のあらわれだったにすぎません。去年同様視聴者おいてけぼりの内容でした。

投稿: 高校生クイズは高校生落とし | 2009年9月 8日 (火) 16時07分

お久しぶりです。
しばらく書き込みできずにいましたが、今回の高Qについて意見をせずにいられなかったので、書き込ませていただきました。
私は今年の大会は「高Q」として認めたくありません。以前までのカラーが今回も失われていたのが本当に残念でならなかったからです。
昨年の大会放送後、日テレにかなりのクレームが殺到したという話を聞きましたが、それを踏まえて番組制作することを全くせず、ただ自分たちの株が上がるだけのことを考えて番組を作っていると思われても仕方ありません。

大前さんは一度東大寺学園として優勝したことがあるので、母校が優勝したことについては嬉しさもあるでしょう。しかし私は東大寺が優勝を果たしても嬉しさは感じられませんでした。もちろん2回目の優勝で(東大寺学園のファンとして)嬉しいのはあるんですが、全体的な構成がその感激度を潰してしまっているのが許せないのです。決勝戦は手に汗握りながらドキドキして見るのが当たり前だったのに、見るうちにだんだんダレてしまったのは今回が初めてです。

頭がいいだけが高Qに出るために必要なルールなのかと思うと、来年の全国大会がものすごく不安です。知りたい、見たいのは高校生たちの「赤本」的情報ではなく、彼らのいろんな表情なんです。ドキュメンタリー性を備えた高Qなんです。それが全く無く、ただそれを知ってて当然といった顔をして難問を答えていく高校生たちを見ても全く好感は持てません…。
出雲工業のチームが2pしか獲得できなかったのを目にしましたが、私にとって彼らは10位に値するくらいの結果であると思っています。本当はこういう子たちが、番組に必要なのではないでしょうか?

投稿: nuno | 2009年9月 8日 (火) 17時38分

私も地区予選見ましたが、制作サイドにひとこと言いたいのは、フツーの高校生を番組のための「数あわせ」に利用しないで下さいということです。
だってそうでしょう。まず超難問の全国大会という構想があって、その舞台でいい戦いを繰り広げてくれる各都道府県のいわば「兵長」を集めに来ている中で、手っ取り早くいきなり一Q入魂ペーパークイズをやってしまうと、「上等兵」は集うが「二等兵」が参加しなくなり番組にならなくなる。そこでお笑いタレントや愛内里菜やノベルティで釣って、1チームでも多く来てもらおうとする。大体こういうのに興味を示すのはフツーの高校生で、お勉強できる高校生たちのほとんどは興味がないし知らないし、第一こういう人たちが来ようが来まいが参加するし、一応手拍子しながらも「早くクイズ始めろー」と思っていたはずです。実際そっぽ向いたり中にはあくびしてる子もいましたから。同じ会場内でもだいぶ温度差を感じました。(地区大会と全国大会の温度差も相当なものですけど)
で、フツーの「二等兵の高校生」は、前進三択クイズや一Q入魂ペーパークイズで落ちるよう仕組まれてるんです。「高校生落とし」とはよく言ったもので、○×で勝ち残ったという価値など無く、敗者復活してきたエリートの高校生に敗れ去るような筋書きになっているのです。
そうとも知らずに、真剣なまなざしで正解を導き出そうとする表情、一喜一憂する姿があり、「君たちも主役になれたかもしれないのに、この番組の主旨はそうじゃないんだって」、と思って見ていると、ちょっとかわいそうで、純粋にクイズに夢中のフツーの高校生を裏切るような番組の作りになっているのではないか、と思いました。

あと自ら作詞し全国13ヶ所を廻った愛内里菜さんのテーマソングは、メッセージ性も強く、私たちにも伝わってきて、聴けば聴くほどいい歌でした。なのにあの扱いはなんでしょう。最後の提供バックに使われそれも一部とは。
たしか高校生クイズ全体のテーマソングでしたよねえ。
地区大会と全国大会の雰囲気があまりにもかけ離れていて、全国大会にはそぐわなくなってしまったテーマソングの存在意義って…。
予選の客寄せパンダに使われ終わったら用なし、歌も使い捨て同然の扱いで、愛内さんに失礼だと思いました。

最後に昔話で恐縮ですが、今でこそタレントやら歌手やら出て、景品もくれるみたいですが、昔は司会者しかいなかったんだぞー!タレントも誰も来ないし抽選会もなかった。だけどたくさんの高校生が集まりました。
今はタレントや景品で釣らないと来ないんでしょうか。
それでもだいぶ減ってますよねえ。
だから最多出場校を表彰したりして出場意欲を煽っているのでしょうか。
まあいくら喚いたところで今後もこのようなスタイルで行くのでしょう。高校生クイズを見た多くの小中高生が、私も全国に行きたい、と思ってくれれば、日本の学力の底上げにもつながっていいんじゃないですか。

投稿: 最多出場校を表彰することで、1チームでも多くの参加を促すな。 | 2009年9月 9日 (水) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/46146408

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ感想(後編):

« いろいろ感想(前編) | トップページ | 勝ちすぎの話 »