« 収益重視 | トップページ | いろいろ感想(後編) »

2009年9月 6日 (日)

いろいろ感想(前編)

 昨日のテレビ東京の「土曜スペシャル」は、路線バスを乗り継いで日光から松島へというものでした。このシリーズは毎回、高校生クイズ関係者が制作していることは書いてきましたが、このタイミングでできるのかと思ったら、さすがにスタッフロールに名前がないようでした。

 さて、それでは全国放送の内容について書きたいと思います。今回は地区大会が放送されました。3時間の枠の中で2分間。それでも、○×の問題が放送されて、近畿の決勝が放送されました。今の高校生クイズで予選を流させるためには、超有名進学校を地区大会の決勝で負けさせればいいんだな。
 全国大会1回戦も、昨年の反省を踏まえ、負けるチームも少し紹介するようになっていて、女子も取り上げていました。高松は「3年連続全国大会進出」とは言えないので、あいまいな表現になっていました。1回戦の問題をみると、簡単な事実をフリにして難解なことを聞くという形式が徹底していましたね。昨年と同様、一般人は知らないがクイズをやっている人には答えられる問題でした。「史上最強のクイズ王決定戦」の問題もありましたし、当ブログに載せた「史上最大の敗者復活戦」の問題もあります。「トリビアの泉」から流用していると思われるものもいくつかありました。すると来年はガルバニー電流あたりが出るのか。
 全体にいえるのは、雑学系の問題以外は「超難問」といっても、高校までに習うことから出していました。BTBが教科書の欄外に書いてあったと言っていましたが、単に細かすぎるから普通の人は覚えずにスルーするだけで。どの問題も「答えられないけど一度はその知識について聞いた経験がある」というものばかりでした。勝つためには学校の勉強をしっかりやるだけでかなり有効だと思います。そういう意味では、島根の参加が6チームで、たまたま勝ち残ってしまった出雲工業にはつらい戦いだったでしょう。習うことの方向性が違いますからね。
 そういえば、8位が2チームいて同点決勝があったらしいですね。昨年の決勝3ラウンドと同様、放送されないとなかったことになります。

 準々決勝の組み合わせは、抽選したとは思えません。それはそうと、ここで思ったのは、あそこでは押せないが、あそこまで聞いた段階で答えろと言われれば答えられるということです。エレクトロルミネッセンスしかり。「点差があるので勝負押しをしないでポイントがくるのを待った」というのがマニアックでよかった。でも問題によっては、かなり簡単なのに全然押さないのもありましたね。実際は、スルーの問題がたくさんあって、答えたのだけ放送しているのでしょうが。準々決勝がいちいちいい展開になったので、1時間以上かけて全部放送して、1回戦などを短くしたのでしょうか。地区大会代表になったのに何も放送されない四十数チームとの扱いの差が激しすぎます。いきなり「容姿端麗」という文字が出る開成のリーダーって何だ。

 準決勝は問題の設定が非常に難しい。ものすごい難問と感じさせた上で、出場者の半分ぐらいに正解してもらわないと困るわけですから。1問目、細かい条件設定を視聴者に読まれないように一瞬で消す。あそこまで決められていれば、あのレベルの高校生なら式を立てることが可能で、あとは間違えないように計算するだけです。2問目も文章をちゃんと読めば意外に簡単。私は一瞬で、正解が書いてある部分に目が行きました。普通に授業で習うことです。3問目は暗号を解くだけでなく別の知識が必要であるところがおもしろい。夏の大三角形を知らない限り永久に解けないわけですから。
 同点決勝の数学の難しい問題は、昨年に続いて確率統計からの出題でした。一般視聴者にとっつきやすいようにするには必然的にそうなるのでしょう。今回の問題、とくにすごいひらめきが必要なわけでもなく、しっかり場合分けすればすぐできます。開成の出した答えは、計算する以前に絶対に値の大きさがおかしいということに気づかなかったのだろうか。

 続きは次回。それにしても最もおもしろかったのは、「サプライズ!」のエンディングに鈴木アナが登場して、爆笑問題の前で高校生クイズの宣伝をしたことでした。

|

« 収益重視 | トップページ | いろいろ感想(後編) »

コメント

でもねぇ・・・
一昨年までは面白かったと思うのですが。
オールスタジオ形式自体が『高校生クイズ』として嫌いなんですよ、自分。

一昨年は京都、知床、東京に分かれた奴ですよね?
どんでん返しも、敗者復活も無かったでしょ?

・・・面白くないですよね。
それでも見てしまう自分はなんなんでしょうか。

投稿: ガク | 2009年9月 6日 (日) 19時19分

「サプライズ」生出演のとき、
爆笑問題に「お久しぶりです」とか言わないラルフが面白かったです。

投稿: wa | 2009年9月 6日 (日) 20時20分

視聴率が17%を超えました。裏番組の弱さを考慮しても相当高いようです。
しばらく知力路線が続きそう・・・

で、これ高校生は見てるんですかね?

投稿: | 2009年9月 7日 (月) 13時01分

昨年日テレの番組審議委員会で散々非難されて挙句に日テレに大クレーム。それを無視して第29回(今年)の暴挙

頭に来たのが昨年と今年が完全にやらせに近い演出をした事が発覚したこと。(クイズ研究会じゃないと2回戦に進出できない問題)それだけで許せないのに総合司会のラルフ鈴木やメインパーソナリティーの存在ゼロ。で極めつけがあの五味の視聴率をいかに取るかの戦略

しかし過去の歴史を見れば番組スタッフやスタンスが2年周期で変わるで来年は多分原点復帰の可能性があると思います。実際第23・24回で大クレーム⇒第25回~第27回に原点復帰と言うスタンス。同じ形式を3年連続すれば視聴者も飽きるしまず参加者が大幅に減るのは当然。別のコメントで書きましたが、ライオンも黙っていないと思いますよ(事実福沢時代に福沢がジャストミートを使えば、ライオンからNGが出たこともあるし・・・)

とにかく来年原点回帰をする為にも今年の問題点を膿として出して日テレの番組審議委員会やBPOで取り上げられて五味の追放しかないですよ・・・

投稿: 名古屋のある視聴者 | 2009年9月 8日 (火) 16時05分

視聴率が悪くて、打ち切り・・・の最悪の事態はとりあえず免れたのでしょうか。

投稿: てんて | 2009年9月 8日 (火) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/46135436

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ感想(前編):

» あえて、よくやったと言おう、高校生クイズの出雲工業高校! [「だんだん」島根 山陰・島根日記]
高校生クイズが終わったらしい。(らしいと書いたのは裏番組を見ていたからw) 我が母校(一応出てました)の話は置いておいて、島根県代表の出雲工業高校は全国大会1回戦で50問中2問正解のダントツ最下位となった。 今年も予想したとおり(クイズ)知力オンリーの大会となったようで、予選上位は有名進学校のクイズ研のメンバーが上位を占めた。 なんか話によるとダントツ最下位を快走していた出雲工業は途中でやる気をなくして漫画を書いていたらしいが、どうせ8校選出、しかも上位有名校以外取り上げられないとい...... [続きを読む]

受信: 2009年9月 7日 (月) 22時26分

« 収益重視 | トップページ | いろいろ感想(後編) »