« 29回中国大会(その7) | トップページ | 収益重視 »

2009年9月 4日 (金)

29回中国大会(その8)

 今夜は日本テレビを見ていたら、やたらと高校生クイズの宣伝が入りました。先週金曜日には一切宣伝がないことを書きましたが、順番があるから前日まで宣伝ができないのか。どうも新聞のテレビ欄は、またも学校名だけ並べて「こんな有名進学校が対戦する」というものになっているようですね。

 それでは中国大会です。山口の決勝の5問目。数学の問題を1位が早く押して不正解。最後まで聞けば簡単です。続いての数学で高水がわけのわからない誤答(どんな間違い方をしてもその数にはならないだろう)をします。次の数学はフロンティアが不正解。ずっと答えられないまま数学が続きます。
 8問目で1位がようやく正解して王手。科学を選びます。そして9問目も正解して決定。最初はいい勝負になるかと思いましたが、結局1位があっさり勝ちました。

 次は島根です。ここも1位、2位がともに出雲です。1位は男1人の混成チーム。同じ部活だそうです。鈴木アナが男子に「2人のどっちが好きなの」。男女混成で出ると1人の方は必ずこれを聞かれると思った方がいいでしょう。「それは秘密です」「君は企業なの」。女子のうちの一方が「私は知りません」。2位も同級生で、こちらは女子3人です。申込書をカラーペンですごく派手に書いています。リーダーは将来の夢を「日テレの看板アナウンサー」と書いてあるそうです。以前「4代目高校生クイズ総合司会」とか言っていた人がいましたが。
 文学王の出雲農林の服を、工事現場と表現します。リーダーは、昨年の「高校生クイズ青春白書」で最後に結婚する女子に似ています。ここまで勝ち残るとは思っていなくて「今日はアニメイト行って帰ろうと話していた」。鈴木アナはアニメイトがわかりません。そして東京のイメージは「アキバがある」。島根の女子でこんなオタクのチームがいるのか。

 1問目、出雲の2位が不正解。2問目、3位の出雲工業が押しますが答えられません。鈴木「多分ここまでほとんど放送になってないから」。スカパー!の3時間番組なら流れると思いますが。3問目で2位がようやく正解して地理を選びます。
 4問目は岡山市を答えさせる問題ですが、敢えてこの大会で「中国地方」と言って岡山の問題を出す。岡山はいないのに。スルーになります。5問目、ラルフが2回読み間違えます。またスルーになりますが、次の問題番号の「5番」と言って「さあ頑張ろう」。ここまでまだどこもポイントを取っていません。
 6問目、出雲農林が正解します。「まだ1ポイントなのに優勝したかのような(はしゃぎよう)」。歴史を選択。そして7問目も出雲農林が取ります。鈴木「あと1ポイントで東京だー。アキバだー」。

 この後、ラルフがボケて高校生がつっこみます。

|

« 29回中国大会(その7) | トップページ | 収益重視 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/46115643

この記事へのトラックバック一覧です: 29回中国大会(その8):

« 29回中国大会(その7) | トップページ | 収益重視 »