« 29回近畿大会(その10) | トップページ | 29回近畿大会(その12) »

2009年9月25日 (金)

29回近畿大会(その11)

 先日、大阪でクイズマジックアカデミーをやっていたら、圧倒的な成績でトップの人が、私と同じ店名になっています。よく見たら隣でプレーしていました。手元には問題を書き写した大量のメモ。そして画面の写真も撮っています。しかし見ていると、画面が何も変わっていないときも、ずっと高速で手を動かし続けてボタンを押す動作をしています。なんか、中毒症状のようにも見えます。

 それでは近畿大会です。奈良の決勝。鈴木アナが「東大寺学園の人、手を挙げて」。5チーム全員が手を挙げます。1位のチームはペーパークイズが128点でした。これは全国の中で同点トップだと言いますが、もう1チームがラ・サールであることは明かされません。東大寺学園の1位が「(単独トップでなくて)残念です」。決勝進出の最下位チームでも115ポイントです。鈴木アナが「別の大会で128点だったチームは早押しで1ポイントも取れませんでした」と言います。この時点では、128点同士で全国大会の決勝を争うことになるとはわかりません。
 地理王の長髪のメンバーをいじります。「クラブ:帰宅部。趣味・特技:パソコン」。

 1問目、正解した1位に問題の解説をさせます。スポーツを選択。2問目、「甲子園球場ができた年の干支は?」。1位が「きのえね」と答えます。よく考えたら、干支の干が「きのえ」などを表しているから余計な発言にはならないのか。またスポーツを選択。普通、スポーツは勉強に自信のないチームが選ぶものですが、全国トップの成績でスポーツにこだわるのは珍しい。
 3問目、「男子陸上の十種競技で」だけで2位が押して「1500メートル走」と答えて正解。このチームはクイズ研の会長で、先日、宇治原にも勝っていましたね。漢字を選択。しかし4問目は2位が早く押しすぎて不正解。5問目は地理王が早く押しすぎて不正解。6問目、また2位が早く押しすぎて不正解。このメンバーなので、早く押さないと解答権が取れないと、全然確定しない段階で押しています。
 7問目、地理王が早く押して不正解。今年の東大寺学園は活躍しそうにないか。8問目「四方の山」で1位が押して「よもやま」と答えて不正解。「よもやまばなし」まで答えないといけなかったのです。
 9問目、「凹凸を意味する漢字」で2位が押して「5画」と答えてブー。すると全チームが「えーっ」。全員がその問題だと思っていたのです。部首を答える問題でした。東大寺学園だけで9問もやって、1ポイントのチームが2ついるだけです。

 この後、おまえらは船場吉兆か。

|

« 29回近畿大会(その10) | トップページ | 29回近畿大会(その12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/46307978

この記事へのトラックバック一覧です: 29回近畿大会(その11):

« 29回近畿大会(その10) | トップページ | 29回近畿大会(その12) »