« 29回近畿大会(その2) | トップページ | 29回近畿大会(その4) »

2009年9月16日 (水)

29回近畿大会(その3)

 今夜の「開運!なんでも鑑定団」のオープニング。島田紳助が沖縄の別荘で起きたら、窓を高速で何かが通り過ぎた。幻かと思ったが、翌日も何かが通った。それがマングースでした。すると吉田真由子が「えっ、マンモス?」。紳助は「沖縄のマンションの窓を通りすぎるマンモスが見えたら、、マンモスやばいよ」。この、まさに保釈されるかという日に、そんなギャグを言うか。

 それでは近畿大会です。1問目を作った西大和学園を呼びますが、出てきません。史上初、○×問題を作ったチームが会場に来ていないのです。問題を送るぐらいのチームなら参加すると思うが。ここで無条件に勝ったところで、ペーパークイズは東大寺学園にやられるのがわかっているから来なかったか。
 その問題は、スタッフなら作らないだろうと思えるものです。円周率に関するものですが、勘でしか答えようがありません。今年の全国大会で勝てるようなチームなら、知識で答えられるかもしれませんが。しかし勘の問題という割には、圧倒的に一方の答えが多くなっています。確かにイメージではそうとしか思えません。正解発表は紙テープを打ち出します。なんと、少ない方が正解です。○×で勝ち残るチームがいるかという状況になってきました。

 タレント6人が出てきます。「こんなに一気に帰ると電車が混みますよ」。すると鈴木アナは「高校生クイズの収録をしていますので一般の方はご遠慮いただきたい」。「誰が一般や」と6人でつっこみます。鈴木「この番組は全国で放送されていますので、ローカルの方は」。また「誰がローカルや」と全員でつっこみます。
 敗者復活をやる条件、「本業のお笑いで笑かすことができれば」と言うと、高校生の中から「そりゃ無理」という声が上がります。鈴木アナが「もし失敗すればマヨブラジオ打ち切り」と言うと、「唯一のレギュラーやのに。それならやめます」と言って全員が舞台を降ります。
 赤い布をかけたテーブルが2台出てきます。6人が「NEWS ZEROで使ってるテーブルですか」。モノボケで正解側から90秒で6回笑いをとらなければなりません。すると敗者の高校生から「多い」という声。でも最終的にクリアできたのはいうまでもありません。

 この後、クイズ研残しのためにそこまでやるのか。

|

« 29回近畿大会(その2) | トップページ | 29回近畿大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/46224181

この記事へのトラックバック一覧です: 29回近畿大会(その3):

» 開運グッズ.com [開運グッズ.com]
開運グッズについての情報サイトです。よろしければご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2009年9月16日 (水) 09時32分

« 29回近畿大会(その2) | トップページ | 29回近畿大会(その4) »