« 29回近畿大会(その12) | トップページ | 29回中部大会(その1) »

2009年9月27日 (日)

29回近畿大会(その13)

 昨夜、テレビ朝日で「天才つくる!脳カツ研」という番組をやっていました。念のために見たら脳トレのゲームの番組で、一つ一つのクイズは意外によくできていました。これはそのうちレギュラー化できるのではないかと思ったのですが、よく考えたら、これが10月からレギュラー化されるんじゃないか。でも枠が悪い。脳を鍛えようと思う人は、「世界一受けたい授業」を見るのではないか。

 それでは近畿大会です。大阪の決勝の3問目、芸能から一転して、日本国憲法の問題です。三国丘が正解して地理を選びます。4問目は清風が正解して歴史を選択。5問、「徳川将軍で『家』がつかない」で三国丘が押します。これはさすがに無理があります。慶喜と答えて不正解。6問目、「ターヘルアナトミア」だけで富田林が「解体新書」と答えて不正解。7問目、「奈良時代、貧しい人の生活を」で清風が押して不正解。どのチームも焦りすぎです。
 8問目、「日本国憲法が公布」で、大教大附属が「昭和46年」と言ってしまいます。これは1946年であることがわかっているのに変換で間違えたわけです。9問目、ようやく清風が正解して、王手です。再び歴史。星光が正解して今度は数学です。
 11問目、「2の累乗で1000を超えるのはいくつから」。いわゆる勉強のできる人にはあまりに常識の問題です。星光が正解してこちらも王手。また数学です。12問目、「1メートル立方の箱に1リットル」。清風が押しますが不正解。「1リットルの水を入れたときの深さは」でした。これはクイズ屋を引っかけるうまい問題です。
 13問目は三国丘が正解して地理を選択。14問目、星光が正解して決定しました。

 18時前に終了です。当然、「隔靴掻痒」を読み直しています。鈴木アナが珍しくサイン会をしていました。

|

« 29回近畿大会(その12) | トップページ | 29回中部大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/46328159

この記事へのトラックバック一覧です: 29回近畿大会(その13):

« 29回近畿大会(その12) | トップページ | 29回中部大会(その1) »