« 29回北九州大会(その5) | トップページ | 29回北九州大会(その7) »

2009年8月 6日 (木)

29回北九州大会(その6)

 「ノブナガ」についてコメントがついていたので、新潟でロケーションフリーを操作して、実家のビデオをセットしました。今回電話に出ていたのは酒屋・タバコ屋をやっている人で、100年以上前から続いているがいかに経営が苦しいかという話をしていました。ところが後半で趣味の話になって、映ったのがクイズ本&ビデオの部屋です。この人は、ちょうど1年前に出演した「3度のメシよりクイズが好き」な人だったのです。出演者探しに困ったCBCが再びアプローチしてきたのでしょうか。前回に続いて、自作問題を出演者に出していました。前振りが語源の問題が非常に多かった。ところで、「ごはんリレー」のコーナーの予告でウルトラクイズのテーマ曲を使っていたのは、これと関係あるのだろうか。  それでは北九州大会です。この地区は「ガツンと、みかん」が大量に余ったらしく、いろいろな人に配りまくっています。私も2個もらいました。  抽選会ですが、一気に大量の番号を引いて発表します。少なくとも福岡以外はまだ誰も帰っていないはずです。当たったチームに拍手が起きると山本華世が「みんな心のこもってない拍手ありがとう」。最後にダブル山本のサイン入りTシャツが当たったところで、鈴木アナが出てきてそれにサインします。こういう乱入の仕方は初めてです。  さて、会場には「決勝会場行き」というバスが来ています。決勝会場がどこであるかはわかっているのですが、非常に行きにくい。海の中道海浜公園の最も南にあるエリアなのですが、歩くとものすごく時間がかかります。かといって、歩く以外の移動手段はありません。一方でスタッフらは特別に許可されていて自動車で移動できます。決勝の開始に間に合うかまったくわかりません。  15時過ぎから結果発表です。が、ここでまた異常事態です。佐賀が別のところに呼び集められています。実は佐賀は5チームしか参加していなくて、ペーパークイズの結果、決勝に進めないのは1チームでした。場合によっては全チーム決勝という可能性もあったわけです。高知6チーム事件をも下回る状況を見せるのは情けないので、カメラの前ではなく別のところでスタッフが口頭で発表していたのです。  この後、このルールで初の勝ち抜けパターンが出ます。

|

« 29回北九州大会(その5) | トップページ | 29回北九州大会(その7) »

コメント

TITLE:
SECRET: 0
PASS:
ノブナガに出演していた「町のタバコ屋でもあり3度のメシよりクイズ好き」本人です。
久しぶりにコメントの書き込みをさせて頂いたら、遠隔地なのにやりくりして番組をチェックされるのは、高校生クイズ全国制覇されているストーカーさんなので流石やなぁと思いました。まぁ「高校生クイズ」以外、何でも食い付かれるあたり「空腹のブラックバスストーカー」と言うのはどうでしょうか?
ちなみに、2度目のノブナガ出演に対してCBCからのアプローチは一切ありません。番組告知を見て普通に応募したものです。語源問題が多く感じたのは、収録ではもっと多くの問題が使われましたが、編集でたまたまそのようになっただけです。

投稿: 3度のメシよりクイズ好き | 2009年8月 6日 (木) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/52968330

この記事へのトラックバック一覧です: 29回北九州大会(その6):

« 29回北九州大会(その5) | トップページ | 29回北九州大会(その7) »