« 29回南九州大会(その6) | トップページ | 29回南九州大会(その8) »

2009年8月20日 (木)

29回南九州大会(その7)

 先週の「ナニコレ珍百景」のスペシャルは、朝日放送では阪神戦のために放送されず、そういう場合は土曜日の昼などに放送されるのですが、高校野球のために放送できず、このまま放送されない可能性があります。さて、「熱闘甲子園」の関係で、朝日放送は今週、4夜連続の30分の特別番組を放送しています。昨夜は未来のトレンドに関するクイズでした。その選択肢の中に、放送していないナニコレ珍百景で取り上げられているネタがありました。そのように使うか。  それでは南九州大会です。宮崎の決勝の6問目、宮崎日大が正解してスポーツを指定。そして7問目も連続正解で王手。またスポーツを指定します。そういえば1問目の正解でもスポーツを指定していたわけで、ここにもいました、スポーツチーム。  8問目、宮崎第一の1位が押しますが答えられません。9問目で宮崎第一の3位が正解して、こちらも王手。漢字を指定します。そして次を3位が正解して、逆転で決定しました。  ものすごく日が照ってきました。朝の日食のときにこの天気ならよかったのに。次は鹿児島の決勝です。鈴木アナが「地元」と言ってしまって収録をやり直します。この地区では鹿児島でどこが勝つかが気になっているからか。  ラ・サールの1位はペーパークイズが今のところ全国トップ。140点満点で128点だそうです。2位の鳳凰は男1人の混成です。リーダーの男子は2年前に決勝で、全国優勝したチームに負けました。この人の名前は「勝利」というそうです。  1問目「島がつく県」でラ・サールの3位が押します。「鹿児島」と答えて不正解。ここで正解を鹿児島にするのは簡単すぎます。「一番北にあるのは何県?」でした。2問目、「スペイン語で釜」でラ・サールの地理王が押してカルデラを正解。地理を選びます。3問目「汽水湖としては日本で最も」でラ・サールの1位が押して「サロマ湖」で正解。スポーツを選びます。  4問目「レマン湖」で鳳凰の2位が押します。ラ・サールに対抗するためにはこのくらい無理をして押さなければならないということですが、答えられません。ジャンルがスポーツでレマン湖とは何かと思ったら、ローザンヌでした。  5問目をラ・サールの地理王が正解。文学を指定します。6問目。「桜桃忌は太宰治」でラ・サールの1位が押して「正岡子規」でブー。問題は「では白桃忌は」でした。この対戦、ポイントを待ったら解答権が取れません。  7問目。「七夕の夜、織姫と」でラ・サールの地理王が押します。「かささぎ」を正解で王手。アタック25のパーフェクトと並ぶ全国大会進出か。地理を選択。8問目「アフリカ大陸の最高峰」で地理王が押して「キリマンジャロ」。  この後、そういう押しもするか。

|

« 29回南九州大会(その6) | トップページ | 29回南九州大会(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/52968355

この記事へのトラックバック一覧です: 29回南九州大会(その7):

« 29回南九州大会(その6) | トップページ | 29回南九州大会(その8) »