« 29回中国大会(その1) | トップページ | 29回中国大会(その3) »

2009年8月26日 (水)

29回中国大会(その2)

 汐留の高クイブースではタオルを配っていますよ。  数カ月間、「Qさま!!」の視聴率を観察していてわかるのは、解答者の成績の良さと視聴率の高さが連動していることです。全然クリアできないと明確に視聴率が低くなる。視聴者は、難しい問題を突破するというカタルシスを求めているのでしょう。そこまで番組内容で個別の回の視聴率は左右されるんですね。さて、「東大、東大」の高校生クイズはどうなるでしょうか。  それでは中国大会です。決勝の会場はマツダスタジアム。これは困った。入ることができるのか。26回で広島市民球場を使って、このときは観客席が開放されましたが、今年は第1会場が広島みなと公園だし、まさか新球場はないとたかをくくっていました。やはり中国大会が我々にとって最大の難関です。  この地区で表彰されるのは広島学院です。大量に出てきます。有吉が「猿岩石知ってるんですかね」と言うと西名アナが「大ヒットしたけど鳴かず飛ばず」。そして「その後復活して、深夜番組ならずゴールデンタイムにも」。有吉が「アンガールズを抜いてると思います」。ここで有吉のサバイバル3カ条というパネルが出てきます。「どんなヤツにでも頭を下げよう」「人より早く動け」「自分だけの武器を持て」。こういう小道具を用意するのは珍しい。  愛内里菜が出てきます。有吉が「すごい声ですね」と、これまで誰もつっこまなかったことを言います。愛内は高校生に「STORY5枚買うぞ」などと叫ばせます。  10時50分すぎに鈴木アナの登場です。ラルフが中国大会に来るのは3年ぶりです。端っこに座ってるとか雲ひとつあるとか、これまでの大会と同じネタをひとしきりしゃべって、絶叫タワーです。西名アナがデモをやります。お題は「今だから謝りたいこと」。彼女が話したのは、その日が休みだと思っていて記者会見に姿を現さずにマッサージ屋にいたことです。「10」で止まります。  呼ばれたのは鳥取西です。前日来てホテルに泊まっていたそうです。パンダをつけている人は、「これを持っていると、女の子がかわいいと言ってくる」。鍋をかぶっている人は「傘がなかったので」。お題は「今一番欲しいもの」。傘が欲しいとか全国大会の切符とか体育の単位とか叫んで、「3」で止まります。  鈴木アナが1問目の制限時間を90秒と言ってから「足りない人」と言って手を挙げさせて「では120秒」。これって自分が言い間違えたのをうまくごまかしたということか? 問題はかなり無理があります。高校生クイズが29回であることと中国地方に関する問題ですが、こんな問題をここで出す以上、あちらの答えでしょう。しかし半々に別れます。  正解発表はドラム缶から水柱が吹き上がるものですが、スタッフから鈴木アナに傘が渡されます。「かつて大失敗をおかしましてビショビショになったので」。そして「正解はこれだーっ」と言うとともにしゃがんで水に耐えます。  この後、敗者復活要求で爆笑。

|

« 29回中国大会(その1) | トップページ | 29回中国大会(その3) »

コメント

TITLE:
SECRET: 0
PASS:
TVスポットに関して質問をした者です
回答を頂きまして態々リンクまで、本当にありがとうございます

投稿: | 2009年8月26日 (水) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/52968361

この記事へのトラックバック一覧です: 29回中国大会(その2):

« 29回中国大会(その1) | トップページ | 29回中国大会(その3) »