« 29回南九州大会(その2) | トップページ | 29回南九州大会(その4) »

2009年8月16日 (日)

29回南九州大会(その3)

 「アタック25」の高校生大会で、ラ・サールの人がパーフェクトを達成していましたね。高校生大会でもパーフェクトには「奨学金」50万円が出るということが初めてわかりました。この人は当然、高校生クイズにも出ていますが、果たしてどうなったでしょうか。

 それではその結果がわかる南九州大会です。第1問は高校生が作っただけあって、百科事典の「日食」の項目を引くと出ていそうな問題です。正解発表は紙テープが打ち出される方式です。多い方が正解します。
 するとコンバット満が出てきて、いきなり土下座します。鈴木「今、高校生クイズの収録をやってますんで、一般の方は出て行っていただきたいんですが」「誰が一般の方よ。一応、九州ではテレビに出とる」。敗者復活をやる条件は、コンバット満がすべらない話をして、ウケたら認めるというものです。すべったら「芸人を卒業して自衛隊に戻っていただきます」。元自衛隊員だからコンバットなのか。正解側から女子チームを呼んで、ピコハンマーを渡します。ネタがすべったと思ったら、これで頭をたたくのです。
 コンバット満のネタ。「匍匐前進。第一匍匐。第二匍匐。貞子」。文章にすると何のことだか一切わかりませんね。貞子って「リング」ですよ。当然、ピコハンでたたきまくります。鈴木「最後のチャンス。30秒で31回腕立て伏せできれば敗者復活を認めます」「最初からそちらにして」「失敗したら、芸人だけでなく人間もやめてもらいます」。簡単に成功します。

 2問目、オリンピックの問題です。これは知識が必要です。しかしまた圧倒的に正解が多い。3問目、司法に関する問題です。なんかカウントダウンが異常に早い。またこちらの答えの方が圧倒的に多い。ところが今度は反対の答えが正解です。これは常識と異なる問題でした。これでまた、○×で勝ったのは数えるほどです。
 すると、宮崎のチームは約束の場所に集合してくださいと言っているのが聞こえます。ここも無条件に全チーム準決勝進出なのか。

 三択のときに、同じ学校同士が並ばないように指示があります。敗者復活戦の進行は上野アナとコンバット満です。1問目、日本史の問題。2問目、外国文学の問題。相変わらず勉強ばかりです。この時点で0ポイントが最も多いというのが珍しい。3問目、日本地理の問題。全問正解は9チームです。この後、敗者復活の演出が回を追って変わってきました。

|

« 29回南九州大会(その2) | トップページ | 29回南九州大会(その4) »

コメント

今日のアタック25はパネルの取り方がひどいと思いました。とにかく最初から最後まで。

投稿:   | 2009年8月16日 (日) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/45943382

この記事へのトラックバック一覧です: 29回南九州大会(その3):

« 29回南九州大会(その2) | トップページ | 29回南九州大会(その4) »