« 29回北九州大会(その13) | トップページ | 29回南九州大会(その2) »

2009年8月14日 (金)

29回南九州大会(その1)

 「キミハ・ブレイク」で立て続けにクイズ企画が放送されました。なんとかレギュラー番組を開発しようと必死になっているのでしょうか。個々のクイズのルールの中にはおもしろいものもありましたが、「クイズONE/エイト」は「ウィーケストリンク」? そして「CARS」はこのタイトルでナインティナインがクイズをやるときにいちいち「ボン・ボヤージュ」と言ったら「DOORS」ではないか。内容は完全に「ネプリーグ」を想定していましたが。クイズで新しいことをやるのは難しそうです。  それでは7月22日の南九州大会です。今年の高校生クイズはおそらく経費節減のため、南から北へ1日おきに予選が並ぶという態勢になりましたが、この南九州のところだけ順番が変です。これは明らかに、皆既日食の日に、それが見られる場所に最も近いところで予選をやるのが狙いです。熊本へ向かう列車の窓から空を見上げると、太陽が欠けているのが見えます。この日、全国的に豪雨で、一般的な地上で日食が見られたところはほとんどなかったようですが、全国で唯一といっていいほど、このあたりでだけ日食が見られました。しかも、天気が悪くて雲がかかることによって、逆に欠けた太陽の形がはっきりわかるのです。  会場は昨年に続き崇城大学です。10時半を前に上野アナの前説が始まります。この時点で太陽は半分ぐらいまで欠けています。夕方とは違う不自然な薄暗さになってきました。熊本県民テレビの常務があいさつして、ライオンの人が開会宣言です。九州全域の営業をやっていて気合が大事と、高校生に大声を出させます。  コンバット満が登場します。スタッフTシャツを圧縮したものを、会場に向けて撃ちます。「静岡生まれなのに九州をこよなく愛しています」。吉本の九州の事務所に所属しているようで、「同期に華丸大吉、カンニング、グッさん。唯一売れてないのはオレだけだー」。  上野アナが「コンバット満さんは電車ですが、こちらは飛行機でかけつけてくれました」と愛内里菜を紹介します。応援ソングの発売が今日だそうです。CDとサイン入りポスターの抽選会もここでやります。太陽は皆既日食に近いぐらい欠けているのに、そのことにまったく言及せずに進行していきます。  この地区で表彰されたのは鳳凰高校。数十チームいて、大型バス数台で来たそうです。いくらたくさんいてもペーパークイズでラ・サールに蹴散らされるのかどうか。  この後、そんなことを言って大丈夫か?

|

« 29回北九州大会(その13) | トップページ | 29回南九州大会(その2) »

コメント

TITLE:
SECRET: 0
PASS:
いよいよ明日からエコノミクス甲子園の本エントリーが始まりますね!!
もう今からワクワクします!!
今年はどんなドラマが繰り広げられるのでしょうか!?

投稿: 寄り道ファンタジー | 2009年8月14日 (金) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/52968340

この記事へのトラックバック一覧です: 29回南九州大会(その1):

« 29回北九州大会(その13) | トップページ | 29回南九州大会(その2) »