« 29回四国岡山大会(その2) | トップページ | 29回四国岡山大会(その4) »

2009年7月25日 (土)

29回四国岡山大会(その3)

 今夜は「未来創造堂」に福澤朗が出ていました。木梨憲武が「徳光さんにも出てもらって、羽鳥さん、福澤さんときて、あとは福留さんだけですね」と言うと福澤は「それはノーコメントにさせていただきます」。そういえば、今度の日曜日にはTBSラジオの「福澤朗のコトバの力」の第2弾があります。この1週間でこれだけ集中的に出演するというのは、そんなに本の宣伝をする必要があるのか。

 それでは四国です。第1問は、ノッチがオバマであることにちなんだ問題です。「アメリカ大統領夫人をファーストレディといいますが、副大統領夫人はセカンドレディという」。おいおい、沖縄では「アメリカ大統領専用機をエアフォースワンといいますが、副大統領専用機はエアフォースツーという」という問題が出たよな。○×クイズの新しい事実はこういう方向性でしか作れなくなっているのか。
 正解発表は、青か赤のどちらかの花火を打ち上げるというものです。どうして四国はいつもこれなのか。同じ地区で同じことをするというのが不思議です。地区を変えればいいのに。

 ここで安田が「ちょっと待った。敗者のみんなを助けるべく、あの方が到着したぞ」。そして今度はオバマになったノッチが出てきます。「敗者復活戦、Yes,we can」。すると鈴木アナが本気の英語でオバマに質問します。私も聞き取れなかった部分があるのですが、ignoreという単語が出てきたので、サミットでの日本への対応だと思います。ノッチが「今日は暑いね」。
 敗者復活戦をやるための条件をデンジャラスがクリアできなければ「明日からロシアの大統領をやっていただきます」。ノッチ「すいません。ロシアの大統領の名前言えません」。60秒で歴代アメリカ大統領を10人答えるというものです。ノッチは9人あっという間に答えて、盛り上げるためにわざと、最後の1人が出ないふりをします。
 ノッチが「君たち、敗者から勝者へChange」。鈴木アナは「全国大会クラスになると、大統領42人全員答える人もいるかもしれません」。

 2問目は高校生が作った問題です。選ばれた問題は、土佐高校が作りました。昨年に続いて高知県か。ただでさえ参加者が少なくてクイズが成立するかどうかわからない高知をわざわざ減らしてどうするんだ。そしてそのチームは、なんと第1問の敗者の中にいたのです。敗者からいきなり準決勝一番乗りです。これはおもしろい。このチームは生徒会長がいるそうです。
 2問目は、今までそういうデータを○×クイズにするのを誰も考えつかなかったというようなものです。高校生問題ならではといえます。そして、高校生問題はほとんどがあちらの答えですが、今回は反対の答えにできる問題文です。ここで問題文を「ロシア」にしたのは正しい。ここに他の国名が入ると、なぜその国なのかが説明できなくなって、質の悪い問題になります。
 しかし解答者はほとんどが正解。間違えたのは5チームだけです。これでもう○×は終わりです。どの県も一定のチーム数残っていて、いい感じです。これなら敗者復活の枠をあまり広げなくてもいいのではないか。
 この後、敗者復活のルールが決定的に変わった点があります。

|

« 29回四国岡山大会(その2) | トップページ | 29回四国岡山大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/45732478

この記事へのトラックバック一覧です: 29回四国岡山大会(その3):

» ドラゴンクエスト9 ドラクエ9 R4マジコン対策パッチ回避コード攻略 [ドラゴンクエスト9 ドラクエ9 R4マジコン対策パッチ回避コード攻略]
ドラゴンクエスト9 ドラクエ9 R4マジコン対策パッチ回避コード攻略 [続きを読む]

受信: 2009年7月25日 (土) 09時27分

« 29回四国岡山大会(その2) | トップページ | 29回四国岡山大会(その4) »