« 29回四国岡山大会(その6) | トップページ | 29回四国岡山大会(その8) »

2009年7月29日 (水)

29回四国岡山大会(その7)

 先週の「世界一受けたい授業」で、左手を使えば右脳を鍛えられるかという質問に茂木健一郎が「もちろんです」と断言。そして自分も右利きだがずっと左手で箸を持っていると言っていました。大丈夫か? 一般には必ずしもそういう説にはなっていないと思うが。なんか茂木が、だんだんトンデモの世界に行っているように見えるのですが。変なクイズ番組のメインパーソナリティもやるらしいし。

 それでは四国です。決勝は、ステージ上に解答席を置いてやるのでした。それで裏の方のテントに解答席が隠されていたのか。これならどんなに風景の悪い会場でも使えます。どの地区もこれでやって、移動がなければ楽なのに。

 徳島の決勝は6チームです。インタビューがありません。1問目、「アカウミガメの産卵地として有名な」で、脇町が押して「日和佐町」と答えますがブー。答えは私の聞いたことのない岬でした。普通は日和佐が答えになると思うが。でも日和佐町が合併したので、問題にしにくくなりました。
 2問目、川上憲伸を答える問題で徳島文理が正解。スポーツを指定します。3問目は世界陸上で、1位の城南が正解します。またスポーツを指定。4問目、宮崎大輔を答える問題で城南がまた正解。そういえば、この日の夜の「着信御礼!ケータイ大喜利」では、「宮崎あおい」の「崎」の正しい字がパソコンで表示できないので、画面にお断りがでていました。またもスポーツを指定。5問目、バレーボールのリベロで城南が正解して、これで終わりです。放送上はスポーツだけです。これはつまらない。今回のクイズ形式では、勉強に自信のないチームはスポーツにしか逃げられません。そういうチームばかりになったり、あるいは押すのが早いのがそういうチームだと、ずっとスポーツだけで終わりになる。「スポーツバカ対戦」とでも名付けましょうか。そして次の岡山も。

 岡山の決勝は5チームです。1人、出てきません。鼻血を出したそうで、箱ティッシュを持って舞台に上がってきます。岡山城東に、東京に行くことになったら夏祭りはどうすると聞くと、「8月1日からだから大丈夫です」。鼻血を出した西大寺の校名プレートが落ちます。これは縁起が悪い。
 1問目、岡山の県鳥を城東が答えてスポーツを指定。2問目。「アウトの反対。野球ならセーフ」。ここで西大寺が押しますが答えられません。これだけでも十分、インだとわかると思いますが。3問目、ボウリングの問題を城東が答えて、またスポーツ。4問目は岡山理科大附属が不正解。5問目、城東がカーリングを正解してスポーツを指定。先ほどとまったく同じパターンです。そして6問目、大リーグの問題を正解して岡山城東があっという間に決定です。ここもスポーツバカ対戦に。まだこの大会でスポーツ以外のジャンルが出ていません。鈴木アナが「夏祭りどころじゃなくなった今年の夏」と言うと、「もう彼女なんかいいです」。

 この後、スタッフの爆笑発言が。

|

« 29回四国岡山大会(その6) | トップページ | 29回四国岡山大会(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/45772757

この記事へのトラックバック一覧です: 29回四国岡山大会(その7):

« 29回四国岡山大会(その6) | トップページ | 29回四国岡山大会(その8) »