« 出演者の多い事前番組(その4) | トップページ | 29回南東北大会(その1) »

2009年7月11日 (土)

29回沖縄大会(その10)

 コンビニで500円で売っているこういうクイズ本を見つけました。

 簡単すぎる常識ではなく、いかにもクイズ番組に出そうな知識が出ていて、今年の高校生クイズにはかなり有効ではないでしょうか。雑学本でこれだけクイズ向きなのは珍しい。

 それでは沖縄大会です。決勝の最中に飛行機が飛んで収録が止まります。18問目、今年世界陸上が開かれる都市で、総合2位が前回の都市名を言って不正解。このチームは不正解が多すぎます。鈴木アナが「他局がずっとやってるよ、CMで」。昔は世界陸上を日本テレビでやっていて、高校生クイズでも露骨な世界陸上宣伝問題が出てたんですけどね。
 続けてスポーツの問題です。正解は清原和博で、やはりそれほどひねっていません。これで総合3位も王手。次の地理の問題で総合2位が正解して、これまた王手。
 また地理で、総合1位が押します。ついに決定か。しかし不正解。ティオティワカンがどこにあるかはウルトラクイズを見ていると知ってるんですけどね。これで1位の勝利はほぼ不可能か。しかし次の問題に正解したのは初めて答えた数学王。これで8チームとも得点を挙げて5チームが王手です。数学を指定します。
 「2の2乗は4、2の1乗は2。では2の0乗は?」。2の2乗と言ったあたりで押せそうな気がしますが、これでついに1位&地理王&科学王が決定です。終わってみれば最もつまらない結果でした。でも今回の全国大会のことを考えればこのチームが残るのがいいんでしょうね。優勝インタビューにはしゃもじも加わります。

 全体を見ての感想は、今年の全国大会は昨年以上に「東大に入るような頭のいい高校生」を強調する内容になるだろうということです。昨年あれだけ批判がありましたが、視聴率を取ったという事実を優先するということですね。ついに地区大会で地域性のあるクイズをやらずに、クイズ能力を試すだけになりましたし。今の高校生クイズのルールなら、私は2回に1回ぐらい全国大会に出られるのではないかという気がします。

|

« 出演者の多い事前番組(その4) | トップページ | 29回南東北大会(その1) »

コメント

 このHPを見ていると地方大会で、知力以外が試されるクイズ形式がなく、今年の高校生クイズも去年の視聴者批判を受け入れず、知力一本でいくのでしょうか?もうクイズ番組ではなく、単に頭の良し悪しを競っているみたいで、残念でなりません。昔の高校生クイズは、最初の○×を突破するにも一苦労だったのに最近は、参加者の減少で○×も成り立たなくなったんですね。昔は、どのチームにも優勝の可能性があったのに、今では進学校しかチャンスがなくなってしまい、しかも芸人で参加者を増やそうという日テレの考えには首をかしげたくなります。まるで、日テレが自分で自分の首をしめているような気がします。今私は32歳なんですが、昔の高校生クイズは特に福澤さんの時はよく見ていました。17回の香港で決勝をやった時のクイズ形式はよかったですね。(問題数限定YESNOクイズや、100問ペーパークイズの廃止など。)こんな高校生クイズなら、私はもう見たくもありません。どんなに視聴率がよくても、高校生の反応が悪ければ高校生クイズは間違いなく終わってしまうと思います。拙文で申しわけありません。

投稿: まーちゃん | 2009年7月12日 (日) 23時19分

放送時間が30分程度長くなったのは
去年の反省からでしょうね。

基本的には、去年と同じ流れじゃないかと。

投稿: | 2009年7月20日 (月) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/45600113

この記事へのトラックバック一覧です: 29回沖縄大会(その10):

« 出演者の多い事前番組(その4) | トップページ | 29回南東北大会(その1) »