« 19回東北のYES−NOクイズ | トップページ | 第1問制作 »

2009年6月 8日 (月)

19回東北大会(その1)

 出場する人からコメントがついて、今年も○×クイズの第1問を募集して、選ばれると無条件で○×通過らしいですね。昨年の傾向からわかったことは、クイズマニアが集中している関東・近畿以外は、問題の質がどうしようもないのが多かったようなので、頑張ってちゃんとした問題を作れば十分選ばれます。競争率はかなり低いと思います。それにしても今年もクイズ研系を残す演出なのかどうかはっきりしませんね。

 それでは今回は19回東北です。

----(ここから当時の引用)----

今年は10の予選のうち8つまでが日曜日に行われます。この東北大会が初めての、
平日に行われる予選です。とりもなおさず、これは福澤アナが「ズームイン!!朝!」
の司会になって初めて、ズームインと同じ日に行われる予選です(ちなみに
「ズームインサタデー」の司会の時代に土曜日の予選は一度もない)。福留時代は
しょっちゅうでしたが、今回はできる限り避けるような日程になっています。

第1会場が岩手県内ということしかわからず、どうしようかと思っていたのですが、
私の文章が嫌いと書いてあったホームページのおかげで知ることができました。
新幹線の新花巻駅から歩いて行けるくらいの場所にあります。となると、使うのは
「やまびこ朝トクきっぷ」です。JR東日本が首都圏で発売しているこの切符、行き
は朝一番のやまびこを必ず使うという条件で(帰りは一切制約がない)、往復の
新幹線代が、新花巻までなら半額ぐらいになります。飛行機の早朝便が空いている
から特定便割引の割引率が高いのと同じ発想です。

新幹線の車内で、福島から隣に座った若い女性が、紙を取り出しました。花巻市の
ホームページからプリントアウトした宮沢賢治の情報を必死で読んでいます。もしか
してクイズ参加者なのか? しかしチームメイトはいないし。するとしばらくたって
携帯電話をかけ始めました。今、新幹線に乗って会場に向かっているとかいう話を
しています。福島のチームが現地集合するとは、いい根性をしています。それに
しても、こんな普通の女子高生が、ホームページで宮沢賢治についてプリントアウト
できるような環境になっているんですね。そういえば、私の文章が嫌いというホーム
ページ(しつこい)は、他の予選会場でもよく見かけます。

----(ここまで)----

 やまびこ朝トクきっぷ、安すぎるのであっさり廃止されました。

 私の文章が嫌いと書いてあるホームページというのは、当時、高校生クイズ関連サイトで最も有名だったところで、そこに設けられた掲示板にあった書き込みです。下がその引用です。

----(ここから)----

お久しぶりです。ニフティで情報収集しようかと思ったのですが、どう
もO氏の文章が好きになれずに(まあ僕の好き嫌いにすぎないのです
が)、ここに来ました。

----(ここまで)----

|

« 19回東北のYES−NOクイズ | トップページ | 第1問制作 »

コメント

大阪の高校です。

去年は灘高校がみごとな(甲子園と高クイを結びつけた)問題を作りましたが、なにか選ばれそうな問題を作るのにコツというのはありますか?

ご当地問題や地区大会当日に関する問題というのはどうでしょう。選ばれやすいと思いますか。

投稿: XY | 2009年6月 8日 (月) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/45273817

この記事へのトラックバック一覧です: 19回東北大会(その1):

« 19回東北のYES−NOクイズ | トップページ | 第1問制作 »