« 第1問制作 | トップページ | 19回東北大会(その3) »

2009年6月10日 (水)

19回東北大会(その2)

 今夜の「クローズアップ現代」は常用漢字についてでした。常用漢字においては、しんにょうの点は1つですが、これまで常用漢字でなかった「謎」は、出版の世界では点が2つになっています。これを常用漢字に入れて点を1つにすると、文字コードでIT社会が大混乱になるという話をやっていたのですが、そのコーナーが「どっちの漢字ショー」となっています。クローズアップ現代が民放のパロディーをやるのか。

 それでは19回東北です。

----(ここから当時の引用)----

新花巻に着きました。10時直前になっても高校生はまだ駅でウロウロしています。
どうやら受付終了は11時のようです。10時にクイズを開始しようにも司会者が
来られないからか。ちょうど路線バスがやってきたので乗りました。本当にすぐ
着いて、これなら歩けばよかったと思いました。会場は宮沢賢治童話村というところ
です。この向かいの宮沢賢治記念館では、11回の準決勝が行われたことがあります
が、当時は童話村という施設はなかったと思います。どうも、まだ建設途上らしい。

私はもちろんズームインは見ていないわけですが、どうやら本日の中継は角館から
だったらしい。角館から花巻というと、とんでもなく遠いぞ。わざわざ秋田県からの
中継にしているというのは、テレビ岩手の規模だと、ズームインの中継をやって高校
生クイズもやってくれとは頼めないからでしょうか。

11時にクイズが開始されます。「みんな、今朝のズームイン!!朝!は見てくれた
かい? 少ないじゃないか! もう、やる気なくした」。ズームインを見てから家を
出たりしていたら、受付に間に合うわけがないだろ。この日の福澤アナはテンション
がやたら高い。眠気を必死でこらえているのがよくわかります。あまり物を考えず
に、過去にウケたことのあるギャグをひたすら繰り出しています。

第1問は宮沢賢治に関する問題です。この会場で宮沢賢治の問題を出さなければ、
高校生に失礼というものです。しかし、宮沢賢治については調べつくされていると
考えてのことでしょうか。第1問にしては珍しい、でっち上げ系の問題でした。
続いての問題は「日本で初めて…」そしてその次の問題も「日本で初めて…」。同じ
人物が同じ本からつくった問題ではないでしょうか。さらに6問目が「日本の鉄道が
始まったとき…」と、物の起源に関する問題が3つも出ます。ちなみに次の北海道
でも2問、その次の中部でも2問出ています。そういえば、民法の婚姻に関する問題
も全部の予選を通して2つ出ていますし、戸籍法に関する問題は3つ出ています。各
予選を通して見ると、やはり苦しいんだろうなというのがわかります。4問目、5問
目、7問目と、相当簡単な問題が出ていて、これでは合格ラインがかなり上がりそう
です。

----(ここまで)----

 今回の第1問募集でも、でっち上げで正解が×の問題を作ればスタッフの注目を集めるかもしれません。昨年は圧倒的に○だったし。そういえば前回の問題の答えは○です。

|

« 第1問制作 | トップページ | 19回東北大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/45292822

この記事へのトラックバック一覧です: 19回東北大会(その2):

« 第1問制作 | トップページ | 19回東北大会(その3) »