« 16回四国岡山大会(その5) | トップページ | 日本人の質問(その44) »

2009年6月25日 (木)

今度は東大寺

 今年の高校生クイズの全地区大会がスカパー!で放送されることが発表されましたね。一昨年の第2日本テレビもさることながら、ついにそんな時代が来たか。その線でいくなら、過去の大会も放送すればいいのに。

 さて、かなり前から気になっていることがありました。当ブログの検索フレーズで「今ちゃんの『実は…』」「宇治原」といったワードと並んで「東大寺」というのがくっついているのです。宇治原が行ったのは灘中だろ。何を間違えてるんだ。と思っていたら、今夜ついに謎が解けました。灘中の放送を見た東大寺学園クイズ研究部のメンバーが、自分と対戦させろというメールを番組に送ってきたのです。
 東大寺学園は偏差値が全国2位だと言っていましたが、それよりも強調されていたのが高校生クイズの実績です。なんと昨年の高校生クイズの映像を日本テレビから借りていました。
 宇治原らがクイズ研の教室に行きます。部員が数十人います。まずは20人早押しクイズというのをやります。これは中学生と高校生が一緒になって20人で早押しをやることで、中学生のレベルを上げるそうです。この中に田畑藤本が加わりますが、一切答えることができません。前回の放送で出てきた「勝負押し」が多用されます。
 いよいよ、メールを送ってきたメンバーと宇治原の対戦です。会場になっている建物は私がいたころにはなかったので、よく知りません。ちゃんとした解答席が用意されています。こんな深夜のローカル番組で、よく作ったな。10ポイント先取です。
 1問目、宇治原が取ります。そして終始、宇治原がリードします。クイズ研の会長が、宇治原をなめていたと言っていました。両者、勝負押しの連発です。勝負押ししやすい問題ばかり出ていました。五臓六腑の六腑といえば三焦だろうとか。そしてついに宇治原が勝ちます。
 クイズ研の会長が出てきて、自分とやらせてくれと頼みます。ここで宇治原が勝ち逃げしてもよかったのですが、やることになります。今度は5ポイント先取です。1問目を東大寺が不正解で宇治原が取ります。しかしその後、東大寺が5ポイント連取でした。
 今回、単にずっと早押しをやっているだけで、前回の放送より盛り上がりに欠けました。今後番組では、宇治原と対戦する中高生を募集するそうです。

|

« 16回四国岡山大会(その5) | トップページ | 日本人の質問(その44) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/45444867

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は東大寺:

« 16回四国岡山大会(その5) | トップページ | 日本人の質問(その44) »