« 20回全国大会(後編) | トップページ | 19回東北大会(その1) »

2009年6月 7日 (日)

19回東北のYES−NOクイズ

 NHKの「日めくりタイムトラベル」。今夜は昭和45年でした。当時、日本国民は全員が大阪万博に行ったわけですが、ゲストに万博に行っていない人はと聞くと、高橋源一郎が手を挙げました。高橋は万博会場が見える千里丘に住んでいたのに、学生運動で逮捕されて、ちょうど万博をやっている期間、拘置所に入れられていたそうです。似たような話があったな。平成19年に大阪府警に逮捕されて、目の前の万博公園でやっているイベントに行けなかった人を知っています。

 それでは今回は、19回東北のYES−NOクイズです。

−−−−(ここから)−−−−

NO.1 君たちの目指す東京。宮沢賢治が学生のとき初めて東京へ行ったのは、学校の
     先輩・石川啄木に会うためだった。
NO.2 日本で初めて賞味期間が表示されたのは牛乳だった。
NO.3 日本で初めてペットボトルで売り出されたものは、しょう油である。
NO.4 貧血とは、その名の通り、血液の量が少なくなったときの状態を指す。
NO.5 完璧とは、中国の万里の長城から生まれた言葉である。
NO.6 日本の鉄道が始まったときから、子ども料金は半額である。
NO.7 夜空に見える星の中に、太陽より大きいものはない。

解答
NO.1 NO
     盛岡中学校の先輩・石川啄木は、明治45年4月13日に死んでいる。宮沢賢治
     が初めて東京へ行ったのは大正5年3月20日。盛岡農林高校の修学旅行に行く
     ためだった。
NO.2 NO
     森永乳業が、保存期間が長くなった新しい技術のアピールを兼ねて、1979年
     4月にプリン・ゼリー・クリーム入り製品・果物入りヨーグルトといった
     デザート類に表示した。
NO.3 YES
     1974年にペプシコーラが使用したのが世界で最初。日本では、1979年に
     キッコーマンがしょう油に使用した。
NO.4 NO
     酸素の運搬に重要な働きをするヘモグロビンの濃度が低下した状態をいう。
NO.5 NO
     傷のないたま、転じて物事にまったく欠点のないことをいう。中国の戦国時代に
     趙の藺相如が璧を持って秦につかいに行き、それを無事に守って帰ったところ
     から。
NO.6 YES
     明治5年の開業当時、大人より座る幅が少ないところから半額とされていた。
NO.7 NO
     太陽の直径は140万キロメートル。さそり座のアンタレスはその300倍、
     オリオン座のベテルギウスは800倍ある。

−−−−(ここまで)−−−−

 なんか歴史雑学ばかりですね。難しいのは6問目でしょうか。一方で変に簡単な問題も交じっています。完璧の璧は壁ではありません。
 1問目をご当地問題にしようと頑張ってでっち上げを作っているのが感じられます。最近のように、前振りから地元と何の関係もない花火の問題になったりしません。

|

« 20回全国大会(後編) | トップページ | 19回東北大会(その1) »

コメント

いつも楽しく読んでます。
今日参加規定が届きました。
今年も参加者から○×クイズを募集してます。採用されると1回戦突破だそうです。

投稿: 関東大会参加者 | 2009年6月 7日 (日) 02時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/45258948

この記事へのトラックバック一覧です: 19回東北のYES−NOクイズ:

« 20回全国大会(後編) | トップページ | 19回東北大会(その1) »