« 日本人の質問(その42) | トップページ | 15回近畿大会(その2) »

2009年5月14日 (木)

15回近畿大会(その1)

 先日、非常に遠いところのショッピングセンターに行ったら、書店にこのような本があるのを発見しました。

 この時期に○×クイズだけの本が出るか。ただ、載っている問題はかなり簡単なので、特に薦めることはしません。

 それでは今回は、国政選挙の当日に行われた15回近畿です。

----(ここから当時の引用)----

大阪の局の選挙速報は、NHK・民放とも、全国放送の電波をカットして
ひたすら近畿2府4県の結果を繰り返すだけで実につまらない。
国政選挙のたびに、関西の多くの視聴者は本当にこんなものを期待しているのか
不思議でたまらないのですが。これはよそのフォーラムの話題でしたね。
ということで、私は不在者投票を済ませた上で、23日は近畿大会に行きました。
これまで、高校生クイズのために不在者投票をしたことは数知れません。
そこで思うのですが、高校生クイズのスタッフは、不在者投票をしているのか?

今回の会場は堺市の大泉緑地公園である。おそらく予選通知ハガキには、
地下鉄御堂筋線の新金岡駅から行くように書いてあるのだろうが、
私は近鉄南大阪線の布忍(ぬのせ)駅から歩く。奈良県側から南大阪線に
乗っているチームもいたが、みんなあべの橋(=天王寺)まで行って地下鉄で
わざわざ戻るようだ。
台風が来ているはずだが、空はすっかり晴れていて、実に暑い。
汗が出ると、先週の九州で焼けてむけかかっている皮膚がブツブツに盛り上がって
気持ち悪い。
会場を歩き回る。司会者・構成作家・問題担当者などが奥の車の中で打ち合わせを
しているようだ。今回の担当構成は、OLTJ100号記念座談会で名前が出ていた
シスオペか。

参加は1841チーム。昔とは比べるべくもないが、これだけ来れば十分だろう。
しかも近畿は府県ごとの参加チーム数のバランスがとれているので、
2問でどこかの県が決まってしまうようなことはない。
1問目は近畿ブロックに関係ある人物に関する問題だが、またしても
「すべて」パターンである。不正解が多かった。あの問題ならそうなるだろう。
ここで人数が減り過ぎたためか、2問目は不気味に簡単な語源問題。
漢字で書けばわかると思うのだが、改めて聞かれるとかえって不安になる。
そして3問目で早くも走りクイズになる。
3問目の総理大臣の問題で(私はこれが2問目の方がよいと思ったが)、
図らずも司会者から私の疑問に応える発言が。「投票に行きませんでした。
ごめんなさい」。

----(ここまで)----

 当時は法律上は「高校生クイズの予選を見るため」という理由では不在者投票はできませんでしたが、私は選挙権を得てからほとんどの選挙が、このための不在者投票でした。27回中部のように、予選当日が参院選だが私は国家権力により投票所に行くことを阻止されていたため別の場所で投票したこともありますが。
 @niftyのテレビフォーラムのシスオペは高校生クイズの構成作家でした。OLTJって当時のニフティが出していた紙メディアです。このころは、ホームページをリストにして紹介するムックも多数ありました。今の時代からはちょっと想像できません。

|

« 日本人の質問(その42) | トップページ | 15回近畿大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/45006378

この記事へのトラックバック一覧です: 15回近畿大会(その1):

« 日本人の質問(その42) | トップページ | 15回近畿大会(その2) »