« 第2回タビキング(その5) | トップページ | いろいろ考えたこと »

2009年4月 4日 (土)

第2回タビキング(その6)

 TBSラジオの「ストリーム」が終わると書きましたが、その後に「より多くのリスナーを獲得する」という名目で始まった番組が、ラジオ史に残るようなつまらなさです。あのストリームを終わらせて始めた番組がこれか? 経費を極限まで削減するためなら、誰も聞いてくれなくてもいいと開き直って番組をつくっているかのようです。私は小島慶子アナウンサーも学生時代にちょっと知っているのですが、ここまでひどいと業界的に何かすごいことが起きそうで、かえって聞いてしまいます。
 その番組のひどさについてはネットにいくらでも出ていると思うのでここでは書きませんが、本日のメールのテーマは「あなたが見つけた法則」でした。出演者の水道橋博士に話をふると、「業界的なことを言うとですね、福澤さんは行く先々で不祥事がジャストミートする」。

 それではタビキングです。ファーストラウンドはすでに京大生が4ポイントです。次の問題は別の人が答えますが、その次で「ガラパゴス島」を正解して、たった11問で勝ち抜けです。
 次の問題は正解が「前方後円墳」ですが、途中で押して仁徳天皇陵と答えて不正解。最近、仁徳天皇陵という言葉は使っていないと思いますが(問題文でも別の呼び名になっている)。
 次の問題。日本三景のうち松島は何県にあるかというものですが、他の2つ目をいいかけたところで、高校生クイズを回る人が押して答えます。またもクイズ研押し。しかし当人は「勘です」とごまかしていました。これで2ポイント。次は別の人が「カッパドキア」を答えて2ポイント。次は別の人が「日本で2番目に狭い都道府県」を間違えます。今は大阪府ですね。
 トップは2ポイントです。司会者が「去年は接戦だったらしいですけど、(京大生に)何なんだ、あいつはと反感を覚えますよね」。その後3問出て、5人が2ポイントで並びます。
 京都にある石庭のある寺という問題で、「りょうざんじ」と答えて不正解になります。判定員は正解にしているのですが司会者がちゃんと聞いていました。
 吉野ケ里遺跡を答える問題で、高校生クイズを回る人が正解します。司会者に「九州の方ですか」と言われます。その通りです。ちなみに調べたところ、司会者も九州出身のようです。
 この後、そんな有名な雑学を知らないのか。

|

« 第2回タビキング(その5) | トップページ | いろいろ考えたこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/44558331

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回タビキング(その6):

« 第2回タビキング(その5) | トップページ | いろいろ考えたこと »