« 日本人の質問(その40) | トップページ | 21回東北大会(その2) »

2009年4月10日 (金)

21回東北大会(その1)

 NHKの「BS熱中夜話」のホームページには、NHKオンデマンドで見られるようになったとわざわざ書いてあって、「これで見逃しても大丈夫」とうたっています。しかし実際は、オンデマンドが始まって以降、取り上げるテーマが音楽だとか映画だとか海外スポーツだとか、ネットで流せないものばかりで、この数カ月間、ほとんど配信されていません。次のテーマはスイーツらしいので、5カ月ぶりくらいに配信されるか。

 さて、過去の予選リポートですが、これまでに取り上げた回と地域を考えて、今度は21回東北にしました。こうやって次々と違う回と地区の話になると、龍騎の世界だとかブレイドの世界だとか毎回飛んでいってストーリーがまったく理解できない「仮面ライダーディケイド」のようです。

----(ここから当時の引用)----

先週の新潟は「あさひたび割7きっぷ」で行きました。本日の岩手県北上市も、
「やまびこたび割7きっぷ」です。朝一番の東北新幹線下りを使うと、往復で半額
近くになる。予選を見に行くのにはぴったりの切符です。また、当日午前4時ごろ
まで勤務して、そのまま東北に向かいます。

会場は7年前と同じ和賀川ふれあい広場です。当時の司会者はこのとき、「もう二度
と、北上という街に来ることはないでしょう」と言っていました。確かに本人はもう
来ませんでしたが、番組としては再びここに戻ってきました。新たな決勝会場を
見つけたのか。会場には大塚製薬や東洋水産のブースと並んで、専門学校が進学相談
をやっています。今までにもこういうところが会場を借りて宣伝をするような例は
あったと思いますが、進学相談まではやっていないと思います。この番組は、こう
いう場所貸しで生き延びる余地があったりして。

他の会場は10時開始ですが、ここは10時30分です。遠くから来る参加者の
新幹線のダイヤの都合かと思われますが、ただでさえ「スポーツうるぐす」に間に
合うか不安なのに、余計心配になります。

オープニングは、舞台上で太鼓と笛の演奏があって、前の方で北上の「鬼剣舞」が
披露されているようです。これって7年前の演出と同じです。ちょっと長すぎです。
終わると高校生から歓声が上がります。お面をとるとその中の1人が鈴木アナだった
という演出らしいですが、私のところからは見えません。鈴木アナとしては初めて
の、コスプレでの凝った演出での登場です。しかし第1問はあくまで高校生のところ
で読みます。

第1問は昨年に続きまた佐々木主浩です。このエピソードは聞いたことがあるのです
が、正確に覚えていません。会場は、圧倒的に一方の答えに偏りました。まあ、そう
なるのは事前に予測できます。

また、正解発表までダラダラと時間がかかります。高校生を敗者にするのを少しでも
遅らせようということか。そういえば、優勝賞品が当然発表されるわけですが、番組
では優勝賞品が何であるか、最近はまったくふれられないし、高校生も優勝賞品が
欲しくて出ているわけではないので、意味がないと思うのですが。

----(ここまで)----

 「あさひたび割7きっぷ」ってなつかしいですね。こういうお得なものはどんどん消えていく。全然関係ありませんが、国鉄民営化の直後に、JR東日本を批判する本を読んでいたら、読者から「しかし民営化されたからこそEEきっぷのような商品が登場したではないか」という反論があるかもしれないと書いてあります。EEきっぷというのは、1万円でJR東日本が新幹線を含めて週末の2日間乗り放題というものです。これについて「そんなものは開店セールと同じで、すぐに廃止される」となっています。実際、すぐに廃止されました。あれ以来普通運賃は実質変わっていないのに、同じ効力を持つ切符は、18000円で乗れる範囲が大幅に狭まったものか、3日で24000円で発売期間が大幅に限定されたものだけです。

|

« 日本人の質問(その40) | トップページ | 21回東北大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/44622235

この記事へのトラックバック一覧です: 21回東北大会(その1):

« 日本人の質問(その40) | トップページ | 21回東北大会(その2) »