« 19回関東のYES-NOクイズ | トップページ | 24回名古屋大会(その2) »

2009年4月28日 (火)

24回名古屋大会(その1)

 先ほど「ざっくりマンデー!!」で、○と×を使うのは日本だけというのをやっていました。正しいことを表すのには、日本以外ではチェックをつけます。日本で○を使うのに関係しているのは福沢諭吉だそうです。1850年ごろ、福沢が蘭学を学んだ塾で、正解者に○をつけていたのが始まりと言われていて、1890年ごろから「罰点」が由来の×が加わり、通信簿で使われるようになって、○と×の意味が定着したということです。○×の元祖は福沢だったわけです。高校生クイズでは福沢がいなくなってから○×になりましたが。

 それでは、今年の高校生クイズは予選ごとに芸能人が来そうな雰囲気なので、過去にそういうことをやっていた24回名古屋大会を載せます。

----(ここから当時の引用)----

それでは名古屋大会です。会場は昨年と同じ庄内緑地公園です。当然、地下鉄の庄内
緑地公園駅から行くのが普通ですが、私は名鉄の中小田井駅から住宅地を抜けて公園
の裏に出ました。前説の声が聞こえてきます。パワーとバランスの決勝のセットが
あるのを確認して、移動がないことが確定しました。

非常に暑いため、高校生が日陰にいるようにして、中央の会場には誰もいません。9
時55分ごろに呼び集めました。ここで大塚愛のVTRが流れます。出てきた
ディレクターがいきなり生徒手帳と携帯電話と財布の落とし物を見せます。これだけ
落とし物があるのは珍しい。さらに学生証も出てきました。さらにコースに分かれる
前に迷子まで発生します。暑いのでビキニの女子チームがたくさんいます。

「非常に予算のかかったクレーンがあります」と言って、先端についたカメラに手を
振らせます。大画面にその映像が映りますが、実際の人数よりかなり多いように見え
ます。

鈴木アナが体を反らせて登場。「名古屋だけにエビフリャー」。ここでも「ウルフに
なるのは午前0時を過ぎてから」と言うと大画面に「ウルフ鈴木」と出ます。ところ
が、鈴木アナが「違う」と言うと画面に「ドリフ鈴木」と出ます。これは初めての
演出です。

キューティーハニーの曲にのって青木さやかが現れます。「うるさい」とか「世界で
一番美しい私が」とか、最初から青木的な言葉遣いです。「庄内緑地公園によく
デートで来ていました。ここでふられた思い出があります」

青木が事前に調べてきた、寿がきやのCMソングを歌うと、高校生がものすごく反応
します。ここで上空にヘリコプターがやってきました。鈴木アナ「ヘリコプターに手
を振って。ただの通りすがりのヘリコプター。ちょっと予算がないんで」。ついこの
前まで鈴木アナがヘリコプターで登場したりしていたのに。北海道で人文字を作ら
なくなったのも空撮の予算がないからでしょうし。

----(ここまで)----

 寿がきやネタってケンミンSHOWっぽい。司会者のトークとしては、セイコーマートとかゆめタウンとか持ち出せば局地的に非常にうけると思います。

|

« 19回関東のYES-NOクイズ | トップページ | 24回名古屋大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/44818161

この記事へのトラックバック一覧です: 24回名古屋大会(その1):

« 19回関東のYES-NOクイズ | トップページ | 24回名古屋大会(その2) »