« 17回中国大会(その1) | トップページ | 一昨日と昨日と今日の番組 »

2009年3月 5日 (木)

17回中国大会(その2)

 ズームイン30周年で、本日は羽鳥アナが1日中、日本テレビの番組に出ていましたね。「笑ってコラえて!」では、スペシャルゲストクイズでどんどん答えて、正解も出していました。普通、遠慮しそうなものですが。そして「日本列島結婚式の旅」で、式の司会として羽鳥アナが登場しました。これで思い出したのは、1日中、司会のアナウンサーが日本テレビの番組ジャックをして、その結果、8%とかの視聴率しかとれなかったクイズ番組がありました。

 それでは17回中国です。

----(ここから当時の引用)----

準決勝は遊園地の中のプールで行われました。このプールは中央に巨大な半球
(しかもやわらかい)があって、さらにこの上についた屋根から滝のように水が
落ちてきます。準決勝は16チームを各県1チームずつの4組に分けての団体戦
です。ただし1組対1組でどちらかが決勝進出というのを2セットやるというだけ
です。半球の頂上に、2本の筒が置かれています。各組は、プールの中にある
ボールを1つ持って、半球を登っていって、筒の中にボールを入れます。しかし
屋根から水が流れ落ちてくるので、そう簡単には入れることができません。合計
10個入った方が、通過クイズに挑戦できます。通過クイズは4チームがそれぞれ
紙に解答を書いて出して、それが全員一致した上で正解ならその4チームが決勝
進出というものです。となると1問目はどんな展開が求められるか。4チームが
一致して不正解というパターンですね。つまり、みんながそう思い込んでいるけど
違うという問題を出さなければなりません。果たしてちゃんとやるかと思って
いたら、見事にそういう問題が出ました。問題は4つのジャンルから選ぶように
なっていましたが、4問ともこういう問題だったのでしょう。問題制作会社はさすが
です。だてに高校生クイズの問題を十何年も作っていません。ところが2問目は
異常に簡単な問題で、いきなり決まってしまいました。2セット目の最初の問題
は、4チームの書く答がバラバラになるというパターンの問題です。過去問でした
が。しかしこちらも、2問目はちょっと考えればわかる問題で、すぐに決まって
しまいました。両セットとも、一方の組はクイズに答えるチャンスがありません
でした。

----(ここまで)----

 このときの問題を記録していません。この時点では、高校生クイズの本の17巻が出ないとは思っていなかったからです。私が入手した情報では、17巻のゲラ刷りができ上がっているのを見たという証言があります。それで何らかの理由で発売中止になったのです。あと、17回にはいつもの問題制作会社は参加していなかったようです(個人的にかかわっていた社員はいるようだが)。だからYES-NOクイズが5問限定で準決勝はいかに問題数を減らすかというルールです。
 ただ、1問目は童謡のタイトルだったと記憶しています。「花」? 「一月一日」? でもそれだと全チームが同じ間違え方をするかどうかよくわからないけど。

|

« 17回中国大会(その1) | トップページ | 一昨日と昨日と今日の番組 »

コメント

>>ただ、1問目は童謡のタイトルだったと記憶しています

「ぽっぽっぽ はとぽっと」この曲のタイトルは?

全チーム「鳩ぽっぽ!」

ブーーー

答えは『鳩』

投稿: KYOSUKE | 2009年3月 5日 (木) 03時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/44247732

この記事へのトラックバック一覧です: 17回中国大会(その2):

» 田代まさし復活! [田代まさし復活!]
田代まさし復活!お祝いにネ申動画を公開 [続きを読む]

受信: 2009年3月 5日 (木) 14時35分

« 17回中国大会(その1) | トップページ | 一昨日と昨日と今日の番組 »