« 過去のテレビの映像 | トップページ | 17回中国大会(その2) »

2009年3月 4日 (水)

17回中国大会(その1)

 今週の「ズームイン!!SUPER」は、ズームイン30周年ウィークですね。過去の映像を流しています。今朝は福留功男がゲストでした。オープニングの最後で羽鳥アナに向かって「君、フリーにならなくてよかったね」。その言葉、重みがあり過ぎるだろ!

 それでは過去のリポートです。どれにしようかと思いましたが、私の原点である17回にしました。福山市の山奥にある「みろくの里」という遊園地で行われた中国大会です。

----(ここから当時の引用)----

どうでもいい話ですが、先週の金曜日に地下鉄の飯田橋駅で高校生クイズの元
プロデューサーを見かけました。

さて、日曜日は福山へ。駅からはピストン輸送のバスが出ていましたが、通る道の
細いこと。本当にこの先にそんな施設があるのか? 30分ほどかかってみろくの
里にたどり着きました。こういうやたら暑い日に山中のグラウンドでやるのが最も
高校生クイズらしい。それにしても参加者がめちゃめちゃ少ない。広島県が200
チーム台とは恐るべき数字です。先日の新潟に続くブロックの最も端で、試験中
に加えこの気候という条件がありますが、かつては中国大会には4000チーム
来たんですよ。ただし、受付が非常にわかりにくいところにあったので、受付を
通らなかったチームがかなりいたのではないかと思われますが。

YES-NOクイズの終了時に島根は0チーム、山口は2チーム、鳥取は4チーム、
広島は6チームという、極めて理想的な展開になりました(この文には相当重要な
情報が含まれていることに気づいていますね)。予選4つ目にして、ようやく
YES-NOクイズだけで準決勝に進出するチームが出ました。そして島根・山口
はクイズAです。しかし敗者の中から抽選しても、いないチームがかなり多い。
「最後まで残れば運大王がある」ということだけではなく、YES-NOクイズの
すぐ後に敗者復活をやる可能性があるということも最初に強調しておくべきだと
思いますが。ちなみにこの予選の参加者は、隣の遊園地に無料で入れます。関東
大会の参加者が西武園ゆうえんちに入れるのと同じです。一方、広島はクイズC
です。クイズCはこのくらいの数でやるのが理想です。多すぎると本当に運だけに
なってしまいます。今年の高校生クイズの本当に最も重大な変更点については、
もう少し後に書きます。

----(ここまで)----

 飯田橋駅で見かけた元プロデューサーというのは、昨年の北九州大会で「世間をちょっと騒がせて」と言った人です。

 「この文には相当重要な情報が含まれていることに気づいていますね」というのは、この時点ではYES-NOクイズが5問限定であることをはっきり書いていないからです(高校生クイズ史上最大のルール変更がネタバレにならないように)。「クイズA」「クイズC」というのも同様の理由で、この時点ではくわしいルールを書いていません。「ようやくYES-NOクイズだけで準決勝に進出するチームが出ました」というのは私にもよく意味がわかりません。鳥取はYES-NOクイズの結果4チームになったので2回戦がなかったという意味だと思いますが。
 
 それにしても「広島県が200チーム台とは恐るべき数字です。かつては中国大会には4000チーム来たんですよ」なんていうことに驚いているんですね。今、中国大会を広島市の中心部でやっていても全体で200チーム来ているかどうか。

|

« 過去のテレビの映像 | トップページ | 17回中国大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/44238038

この記事へのトラックバック一覧です: 17回中国大会(その1):

« 過去のテレビの映像 | トップページ | 17回中国大会(その2) »