« 25回北海道大会(その10) | トップページ | 日本人の質問(その39) »

2009年3月22日 (日)

テレビの、これから

 訂正です。北海道大会の話で高柳健二郎と書きましたが、昨夜「その時歴史が動いた」の再放送を見たら、高柳健次郎となっていました。高柳はNHKと組んで、日本テレビ開局を目指す正力松太郎とテレビ放送の先陣を争っていたそうです。そんな人をよく「知ってるつもり!?」で取り上げたな。

 この時期に「その時歴史が動いた」でそういうネタを取り上げるのは、最終回の1回前ということと放送記念日があるからですね。今夜、同じ理由で「日本の、これから」はテレビについてやっていました。番組を見ていて目を疑ったのは、「欽ちゃんのどこまでやるの!?」の映像で、わらべが3人そろっているのです。テレビ朝日自身が決して流さないものが、なんでNHKで出てくるんだ。テレビの歴史でのバラエティ番組のダイジェストで、最後に映ったのが「クイズヘキサゴン2」でおバカが3人残されてワイシャツのワイとは何かという問題に答える場面です。テレビの劣化を象徴させようとしているかのような編集でした。
 TBSと日本テレビで19時台に始まる帯の生番組について、三宅アナウンサーが両局に行って直接取材していました。両局内の高視聴率番組の張り紙を見て「競争にさらされていますね~」と感想を述べているのがNHKらしい。小林麻耶のニュースの訓練はTBSのスポットでよく流れていますが、NHKの方が長く取り上げています。
 「世界一受けたい授業」のプロデューサーがスタジオ出演していましたが、通常なら真裏の番組なのによく出たな。東京以外の局からは「水曜どうでしょう」と「探偵!ナイトスクープ」の制作者が呼ばれていました。キー局以外のローカル番組で日本を代表するのはこの2番組だとNHKも認めているわけね。各局の人にあまり発言の時間はありませんでしたが。
 肝心の議論の内容ですが、まあこんなものでしょうというところです。視聴率についてとか、インターネットとの関係についてとか。私がここに書くこともないでしょう。これが2ちゃんねるの実況スレッドだったりすると、発言内容に対する批判のための批判がずらっと並んでいます。

 第2部の内容との関連で言うと、1年近く前に録画して見ていなかった朝日放送の番組のビデオを見たら、「ビーバップ!ハイヒール」の宣伝が入っていました。この回は見たい。しかし今さらそんな番組の存在に気づいたところで、見られるわけがありません。ところが、念のために検索してみたら、ビーバップ!ハイヒールのその回の全編の動画をアップしているサイトがあるではないか。違法だかなんだか知りませんが、いい世の中になったなあ。こういうオンデマンドの世の中に対して、今夜の番組では放送局側の人は全員が否定的でした。

|

« 25回北海道大会(その10) | トップページ | 日本人の質問(その39) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/44424715

この記事へのトラックバック一覧です: テレビの、これから:

« 25回北海道大会(その10) | トップページ | 日本人の質問(その39) »